autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 ワゴンR/ムーヴ/デイズを徹底比較 ~日常使いにもってこいの軽ハイトワゴン~ 2ページ目

3台比較 2017/4/26 11:28

ワゴンR/ムーヴ/デイズを徹底比較 ~日常使いにもってこいの軽ハイトワゴン~(2/4)

関連: スズキ ワゴンR , ダイハツ ムーヴ , 日産 デイズ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 和田清志・小林岳夫
ワゴンR/ムーヴ/デイズを徹底比較 ~日常使いにもってこいの軽ハイトワゴン~

【スズキ ワゴンR】外観は個性的で簡易型のハイブリッドも搭載

スズキ ワゴンRスズキ ワゴンR

スズキ 新型ワゴンRのグレード構成は、標準ボディと上級のスティングレーに大別される。

それぞれフロントマスクのデザインが異なるが、新型モデルは標準ボディも2種類に分けた。価格が最も安いFAとハイブリッドFXは、ヘッドランプが四角形だが、売れ筋グレードのハイブリッドFZはボディ同色のパネルでランプを上下に二分割した存在感の強い顔立ちが特徴だ。

またスティングレーはLEDのポジションランプやヘッドランプを縦長に配置して、中央のグリルを強調している。従来のスティングレーを含めて、軽自動車の上級シリーズはヘッドランプを横長にデザインして外観をワイドに見せることが多いが、スティングレーは背の高さをアピールする。

ボディサイドにも特徴があり、後席側のサイドウインドウを少し狭めて、中央のピラー(天井を支える柱)を太く見せる造形にした。ヴェルファイア&アルファードなどのミニバンに多く見られる手法だ。側方視界の悪化が心配されるが、ドライバーが斜め後方を振り返った時の見え方はあまり影響を受けていない。助手席のヘッドレストに隠れるところでドアパネルを太くしているためだ。

エンジンは軽自動車だからすべての車種が直列3気筒の660ccを搭載し、ガソリン、ハイブリッド、ハイブリッドターボの3種類を用意した。

ハイブリッドといっても簡易型で、先代モデルにも採用されていたSエネチャージを発展させたもの。ISG(モーター機能付き発電機)が減速時を中心とした発電、アイドリングストップ後の再始動、エンジン駆動の支援を行う。

この機能はSエネチャージと同じだが、新型ワゴンRのハイブリッドでは、発進時や時速13km以下まで速度が下がった時など、最長で10秒間のモーターによるクリープ走行(Dレンジに入れてブレーキペダルから足を離すと、アクセルペダルを踏まなくても徐行する状態)が行える。従来はエンジンが始動してクリープ走行を開始したが、新型モデルはモーター駆動のみで徐行できるからハイブリッドを名乗った。

ハイブリッドのJC08モード燃費は2WDが33.4km/L。ベーシックなFAが搭載するガソリンエンジンは、アイドリングストップは装着されず26.8km/L。従ってハイブリッドになることで、燃費数値が25%向上する計算となる。なお、ハイブリッドターボは28.4km/Lである。

>>スズキ ワゴンRのエクステリアの写真を見る

【ダイハツ ムーヴ】外観は機能的で安定性を重視した足まわりが特徴

ダイハツ ムーヴダイハツ ムーヴ

ワゴンRのライバル車として、筆頭に挙げられるのがダイハツ ムーヴだ。

初代ムーヴの発売は1995年、初代ワゴンRの2年後に登場している。従って今では伝統のある軽自動車だが、初代ワゴンRのインパクトが強かったこともあり、ムーヴの人気はあまり盛り上がらない。直近でムーヴの売れ行きが伸びたのは、2016年9月に発売された派生モデルのムーヴキャンバスの台数が上乗せされたためだ。

現行ムーヴはワゴンRとは違った特徴を持たせる目的もあり、今までの軽自動車では優先順位が低かった走行安定性と乗り心地に力を入れた。プラットフォームは従来モデルと同じだが、ボディ底面の基本骨格に補強を加え、剛性を高めた。以前から2WDでは前後のサスペンションにスタビライザー(ボディの傾き方を制御する棒状のパーツ)を組み込んでいたが、現行モデルは足まわりのチューニングを大幅に見直している。

外観は水平基調の機能的なデザインだ。ボディ後端のピラーは太くデザインされ、外観を力強く見せているが、斜め後方の視界も少し損なわれた。

フロントマスクも水平基調で、比較的シンプルな仕上がりだ。それでも上級のカスタムでは、LEDクリアランスランプがヘッドランプを囲むように装着される。エアロパーツの装着と併せて外観を鮮やかに仕上げた。

エンジンはほかの軽自動車と同様、ノーマルタイプとターボを用意する。点火タイミングを各シリンダーごとに最適制御したり、CVT(無段変速AT)の温度をエンジン冷却水によって高めるなどの低燃費技術を採用した。

JC08モード燃費は2WDのノーマルエンジン搭載車が31km/L、ターボは27.4km/Lとなる。

>>ダイハツ ムーヴのエクステリアの写真を見る

【日産 デイズ】背の高い軽自動車ながら外観はスポーティな雰囲気

日産 デイズ日産 デイズ

デイズは三菱と日産が共同で開発した軽自動車。タッチパネル式のオートエアコンを装着した内装など、上質感を特徴としている。

外観はサイドウインドウの下端を後ろに向けて持ち上げた形状が特徴だ。躍動感を持たせられる反面、斜め後ろの視界はあまり良くない。

フロントマスクは横長のヘッドランプを装着したワイドな形状で、エアロパーツを備えたハイウェイスターは、グリル周辺の存在感を強めた。

エンジンはもともと三菱 i(アイ)への搭載を目的に開発されたタイプを搭載する。

iはエンジンを荷室の下に搭載するために高さを抑える必要があり、シリンダーの内径と行程の寸法が両方とも65.4mmで等しい。行程寸法の長いロングストローク型にできなかった。これはエンジンの負荷が大きい軽自動車では不利な構造になる。

しかも今では設計が古くなり、ワゴンRやムーヴに比べると、ノーマルエンジンは動力性能と燃費の両面で見劣りする。

ノーマルエンジンのJC08モード燃費は、アイドリングストップ装着車が25.8km/L。ターボは23.2km/Lだ。

>>日産 デイズのエクステリアの写真を見る

デザイン・スペックの総評

3車ともに軽自動車だから、ボディサイズは基本的には共通だ。全長は3395mm、全幅は1475mmとなる。全高は微妙に異なり、ワゴンRが1650mm、ムーヴが1630mm、デイズが1620mmだ。

後席の足元空間などに影響するホイールベース(前輪と後輪の間隔)は、ワゴンRが2460mmで最も長く、ムーヴが2455mm、デイズは2430mmとなる。

JC08モード燃費は自然吸気のノーマルエンジンとターボで比べると、ワゴンRのハイブリッドが33.4km/L、ハイブリッドターボが28.4km/Lだ。ムーヴはそれぞれ31km/L、27.4km/L。デイズは25.8km/L、23.2km/Lとなる。

このようにターボの燃費数値は、自然吸気と比べて10~15%しか悪化しない。その一方で動力性能を左右するターボの最大トルクは、自然吸気の150~175%に達して効率が高い。

軽自動車は小型/普通車に比べると税金が安い反面、車両重量の割に排気量が極端に小さいからエンジンに負荷がかかりやすい。ターボの装着は排気量の拡大と同等の効果を得られるため、燃費をあまり悪化させずに動力性能を向上できる。

特にデイズのノーマルエンジンは最大トルクが5.7kg-m、ターボは10kg-mだから、後者は175%に増強される。その割に燃費数値は10%しか悪化しない。しかもデイズのターボは、ノーマルエンジンと比べて価格がわずか1万800円しか上乗せされない。

ターボには車間距離制御のないクルーズコントロールも装着されるので、ターボが実質的に無料で装着される計算が成り立つ。デイズのノーマルエンジンは、動力性能と燃費に不満を抱えるので、ターボの価格を割安に抑えた。

スズキ ワゴンR 関連ページ

ダイハツ ムーヴ 関連ページ

日産 デイズ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ ワゴンR の関連記事

スズキ ワゴンRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ワゴンR の関連記事をもっと見る

スズキ ワゴンR の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24