autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 “駆けぬける歓び”オンリーBMW 徹底比較 4ページ目

3台比較 2008/9/19 20:34

“駆けぬける歓び”オンリーBMW 徹底比較(4/4)

“駆けぬける歓び”オンリーBMW 徹底比較

スポーツセダンであり高級サルーンでもある

走行走行

今回の中でデビュー時期はもっとも古いが、もっとも前衛的なスタイリング。当初は物議をかもしたデザインは、実に時代を先取りしたものだったといえる。

このクルマの本質はスポーツセダンでありつつ、高級サルーンとしても遜色ない居住性、快適性、高級感を身に着けている。

3シリーズとの価格差も思ったよりも小さく、それでいて、3シリーズの上を行く前記の上級感が味わえるクルマであり、その意味では買い得感の高いモデルといえるだろう。

最大のライバルといえるメルセデスEクラスに対しては、より明快にスポーティテイストを打ち出している点が持ち味。3シリーズに対しては、ほぼあらゆる面で上回ったといっていいだろう。

BMW主力モデルにしてカテゴリー世界代表格

走行走行

このクラスで初めて全幅1,800mmを超えたことが話題となった3シリーズは、従来の5シリーズ・ユーザーまでも取り込もうとしたといえる。実際、従来よりも大幅に拡大された、十分な居住性と、高級感も身に着けている。また、多くのユーザーがBMW車に期待するドライビングプレジャーもある。

メルセデスのCやアウディA4が直接的なライバルであり、日本市場では国産アッパーミドルサルーン以上の車種もライバルになりうるが、それらに対して、こちらを積極的に選ぶ価値をいくつも持っている。

セダンだけでなくツーリングも、3シリーズの中で比率を増やしつつあり、もはや特殊な選択肢というイメージはなくなった。

より使い勝手に優れ、カジュアルなイメージもあり、セダンのヒエラルキーから離れたところで、小洒落た雰囲気を味わいながら乗れるのもツーリングの魅力だろう。

プレミアムコンパクト界で光る個性

走行走行

BMWというブランドの強さと、クルマづくりの巧みさを象徴する1台だと思う。

ダウンサイジングを望みながらも、高級感や、走りの楽しさを捨てたくないユーザーにとって、実に有力な選択肢となることだろう。

キビキビとした一体感のある走りは、コンパクトサイズ車らしい軽快感もあり、ドイツ車らしい骨太な印象もある。

エンジンは、上に直6もあるが、4気筒で十分であって、直4がこのクルマには似合うと思う。

ハッチバックボディならではのカジュアルなルックスもあり、若いユーザーにも似合う。

クーペやカブリオレも追加されて、それぞれ新しい魅力をアピールしているが、1シリーズのベーシックモデルたるこのハッチバックが本命であるには違いない。

プレミアムコンパクトセグメントで、「このクルマならでは」という要素をたくさん持ったユニークなモデルであり、それを味わうがために選ぶ価値があるといえるだろう。

BMW 5シリーズ 関連ページ

BMW 3シリーズツーリング 関連ページ

BMW 1シリーズ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW 5シリーズ の関連記事

BMW 5シリーズの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 5シリーズ の関連記事をもっと見る

BMW 5シリーズ の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23