autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 独プレミアム・コンパクト・クロスオーバーSUV 徹底比較 3ページ目

3台比較 2009/6/26 12:00

独プレミアム・コンパクト・クロスオーバーSUV 徹底比較(3/4)

独プレミアム・コンパクト・クロスオーバーSUV 徹底比較

本質にこだわったつくりのよさ

インパネメーター

比較的オーソドックスなレイアウトの中で、レザーやウッドなどの素材をふんだんに用いてクオリティ感を演出するとともに、ところどころエッジを効かせたり、パネルの合わせ目をあえて直線とせず変化をつけるなどして躍動感を演出している。

SUVというよりも乗用車的な空間のつくりで、BMWらしい精悍な印象もある。

シートのサイズが前席だけでなく後席もけっこう大きめで、前後席とも座ったときのポジションがもっとも自然に収まる印象。オンロードでの長距離ドライブを意識してか、着座感は比較的硬めとなっている。後席は前席よりも高めのヒップポイントとなっているため、開放感も損なわれていない。走りだけでなく、こうした本質な部分にこだわったつくりもまたBMWならではである。

また、インナースライドするパノラマ・ガラスサンルーフの開口面積も広さも、後席乗員にとってありがたい点だろう。

ラゲッジルームは、タイヤハウス後方の横幅が広くなっているので、ゴルフバッグも楽に置けそうだ。また、荷物を固定するためのネットを装着したり、薄いものなどを挟むためのバンドや、隅にえぐり掘った形状の小物入れを設定するなど、便利に使えそうなアイデアが多数盛り込まれている。

シフトレバーフロントシートリアシートラゲッジラゲッジ

後発モデルらしい心配り

インパネメーター

3台の中で、もっともボディサイズが大きいQ5だが、それは室内にいても感じられる。ただし、実際に幅が広いのはボディサイドの膨らんだ部分であり、キャビンスペースは上にいくほど絞り込んでいるので、スペックの数値ほど極端に大きいわけではない。

前席のサイドシルとフロアの段差が小さく、乗り込みやすい。リラックスして乗れるよう設計したというインテリアは、質感が高く、見晴らしもよい。アウディらしくインパネはドライバー側に向けられている。

これまでやや不評だったMMIも、新しいロジックが採用されており、大幅に使いやすくなっている点も歓迎したい。

サンルーフの開口部も非常に広く、開閉スイッチがあらかじめ開口面積の段階を区切ってあるところもよい。

取材車両である上級の3.2FSIクワトロでは、レザーシートが標準装備となる。

S-lineでは、ブラックで統一された室内は、スポーツシートとなり、マットアルミのデコラティブパネルなども備わる。

後席は前後スライドが可能である点や、4:2:4の横3分割の可倒式となっている点もQ5のみである。

ラゲッジルームは、タイヤハウスにより横幅が制約されているところは、A4アバントなどと共通だが、視覚的な質感の高さには感心させられるものがある。トノカバーもかなり丈夫なものが付き、小物を挟むためのネットが付くなど工夫されている。また、リモートバックレスト機構が備わることで、ラゲッジルーム側からリアシートを前倒しさせることができるのもQ5ならでは。こうした細かなユーティリティ機構を積極的に採り入れた、後発モデルらしい心配りが随所に見受けられる。

シフトレバーフロントシートリアシートラゲッジラゲッジ

低いポジションと切り立ったウインドウ

インパネメーター

唯一の左ハンドル仕様だが、左ハンドルを好むユーザーも少なくないだろうから、そこにはあえて言及しないでおこう。

乗り込むと、切り立ったウインドウと、スクエアなボディによる開放感が印象的。X3やQ5に比べると、ドライビングポジションが低い位置にあり、乗用車的である。

直線基調の端正な構成のインパネは、ともすると手抜き感につながりがちだが、そのような印象はまったくない。スタイリッシュなアルミニウムトリムが目を引く。

COMANDシステムのコントローラーは、ロジックが洗練されている、ディスプレイ画面も非常に精細で見やすい。

スポーツインテリアパッケージでは、レザーツインシートや、ステアリングホイールにパドルが備わるなどする。

後席の居住性についても、切り立ったウインドウにより開放感が高く、前席の下の構造まで工夫するなどして、空間の確保だけでなく、居心地のよさにも配慮したことがうかがえる。

パノラミックスライディングルーフは、前側がスライドし、シェードは両側から中央のバーに巻き取られるため開閉に要する時間が短い。

ラゲッジスペースは、横幅は広いものの、後席乗員の居住性を優先してか、奥行きがもう少し欲しい印象を与える。しかし、そのぶんリアシートを倒すと非常に大きなスペースが得られる。

シフトノブフロントシートリアシートラゲッジラゲッジ

内装・装備の総評

インテリアのデザインや質感、ラゲッジルームの形状や使い勝手など、ユーティリティにもそれぞれの考え方が出ているが、コンパクトといえどプレミアム、しかもこの価格帯のクルマだけに、いずれもそれなりに充実している。安全装備についても、このクラスゆえ申し分ない。

X3を基準に考えると、GLKはポジションの低さと切り立ったウインドウが印象的。Q5は、室内の広さと日本車的なユーティリティが特徴といえる。

BMW X3 関連ページ

アウディ Q5 関連ページ

メルセデス・ベンツ GLKクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW X3 の関連記事

BMW X3の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW X3 の関連記事をもっと見る

BMW X3 の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/24~2017/10/24