autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 75%減税対象 人気コンパクトカー 徹底比較 3ページ目

3台比較 2009/6/19 12:17

75%減税対象 人気コンパクトカー 徹底比較(3/4)

75%減税対象 人気コンパクトカー 徹底比較

ウルトラシートによるアレンジ性

インパネラゲッジ

初代よりもひとまわり大きくなったボディを得たことと、使い勝手の不満点の改善を図ったことから、居住性やユーティリティに関しては全面的に向上している。

前進した細めのAピラーとクォーターピラーウインドウにより、シートに座るとミニバンに乗るかのような感覚となる。

シートが初代よりも格段によくなっているのもポイント。それは後席についても同様で、後席がリクライニングできるのは今回の中ではフィットのみ。座るとカカトまわりに空間の余裕がある、コンパクトカーではなかなかない感覚でもありよけいに広さを感じる。

独自のセンタータンクレイアウトとウルトラシートにより、後席のチップアップが可能で、ワンアクションでフルフラットになるところもポイントだ。

ラゲッジルームは、標準状態でも十分に広いが、スペアタイヤの廃止により床下も広い。さらにシートアレンジにより自在に使えるところは、フィットならではである。Lグレードでは、最廉価のGグレードには付かない、フルオートエアコンや電動格納式ドアミラーなどが標準で備わる。

安全装備は、前席SRSエアバッグとABSは全車標準装備で、前席サイドエアバッグおよびカーテンエアバッグはオプションとなっている。VSAは1.5L車のみ設定がある。

メーターシフトノブフロントシートリアシートラゲッジ

重宝しそうな2段マルチトランク

インパネラゲッジ

4mを切る全長の中で、2,600mmのロングホイールベースを確保している。車内は外観からイメージするよりも乗用車的な室内空間となっている。たっぷりとしたシートは、乗車姿勢もそれほどアップライトになっておらず、見た目以上にホールド感がある。

機能的なインテリアは、デザイン的にはオーソドックス。センターにシルバーのパネルを配するなどして上級イメージを演出していて、明るいベージュ内装も選べる。

アッパーボックスや、大きなグローブボックス、仕切りを好みに応じて設定できるマルチセンターコンソールなど、収納スペースも豊富に設定されている。

後席の広さも十分で、リアシートのサイズはフィットを上回る。居心地や座り心地は、3台の中でもっとも上で、長時間の乗車にも対応する。

シートアレンジは、前倒しするだけのシンプルな機構で、ラゲッジフロアとフラットになる。アレンジのバリエーションではなく、シートのつくりを優先した印象で、見栄えより実を取ったというところだろう。

ラゲッジルームでは、特徴的な2段マルチトランクが目を引く。シンプルで使いやすく、ボードを縦にさしてパーテーションとするなど、いろいろな使い方ができて重宝しそうだ。

装備面では、前席エアバッグやABSは全車標準装備で、カーテンエアバッグは「15RX」のみ標準装備。その他グレードではオプションとなり、横滑り防止装置の設定はない。

メーターシフトノブフロントシートリアシートラゲッジ

パーソナルな室内空間

インパネラゲッジ

エクステリアと共通イメージで全体的にラウンドさせたようなデザインのインテリアもまた、視覚的な楽しさのある空間となっている。とくに運転席まわりは、あえてタイトな居心地とされているが、それはそれでデミオのコンセプトであろう。

カームホワイトのオシャレなシートが選べるのもデミオの特徴。特殊処理を施されているため汚れにも強いという。

2008年11月の改良で、黒色センターパネルや、シート中央と同素材の生地をドアトリムに配したり、シフトノブやインナードアハンドル等にシルバー塗装のパーツを用いるなど、全体的にインテリアの質感向上が図られた。

ドア内張りの取っ手部分の底に、ツメを傷つけないよう緩衝材を施したり、テールゲート内側にもわずかではあるが緩衝材を貼っているあたりなど、マツダらしい細やかな心遣いを感じる。

後席のスペースは、上記2モデルと比べるともちろん広いとはいえないが、成人男性が乗り込めるスペースはちゃんと確保されている。

シートは前倒しするだけのシンプルな機構で、段差も残るが、この割り切りは悪くないと思う。ラゲッジ容量や開口形状もご覧のとおりで、積載性を重視する向きには、デミオはあまり適さないかもしれない。

反面、上記2モデルよりもパーソナルな雰囲気に満ちている。そのあたりを楽しみながら乗りたい人に最適なモデルである。

安全装備は前席SRSエアバッグやABSなどが標準装備されるが、横滑り防止装置の設定はない。

メーターシフトノブフロントシートリアシートラゲッジ

内装・装備の総評

室内空間の広さはフィットの圧勝となる。センタータンクレイアウトによるシートアレンジの多彩さもポイントだ。ただし、シート自体のつくりは、とくに後席はノートが上回る。コンパクトなサイズで乗用車並みの居心地を求めるのであればノートが適する。対するデミオは、パーソナルな雰囲気がポイント。女性向けをアピールしているとおり、デザインの面白さも光る。

装備面では、前席エアバッグ、ABSの全車標準装備化など、3モデルともほぼ同等であるが、横滑り防止装置の設定が不十分であるのは否めない。

ホンダ フィット 関連ページ

日産 ノート 関連ページ

マツダ デミオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ フィット の関連記事

ホンダ フィットの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ フィット の関連記事をもっと見る

ホンダ フィット の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/18~2017/8/18

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円