autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 ホンダ エコカー 徹底比較 3ページ目

3台比較 2009/4/30 15:00

ホンダ エコカー 徹底比較(3/4)

ホンダ エコカー 徹底比較

エコ走行を楽しみながら走れる仕掛け

インパネフロントシート

インパネのデザインは、一連のホンダのコンパクトカーの雰囲気を持ちつつ、新世代のマルチフレックスメーターを採用するなど、ハイブリッドカーらしい先進性を表現している。

エコドライブへのアドバイスをし、運転後にはECOスコアを表示するなど、楽しみながらエコ走行できるような仕掛けはインサイトならでは。さらに、走行後にインターネットで低燃費運転に対する評価や採点履歴、燃費の全国でのランキングを閲覧できるなど、数々のユニークな試みは興味深い。これらはプリウスに対してもアドバンテージとなりうる。ただし、エコ運転の度合いを示すアンビエントメーターのランプ色について、良好な状態が緑なのはよしとして、よろしくない状態が青というのは、どうにも違和感が残る・・・。

前席はコンパクトな乗用車として標準的な広さだが、後席はあまり広くない。座面が短く、背もたれはだいぶ斜めになっているものの、成人男性が座ると頭上にあまり余裕がなくなる。足元はセンタートンネルの張り出しもあまりなく、フラットになっている点はよい。

フィットとプラットフォームを共有しながらも、フィットではセンターに配された燃料タンクを後席の下に移動し、さらにIPU(インテリジェントパワーユニット)を後輪左右の間に配置しているのが特徴。結果、ラゲッジフロアは高くなったが、全体の容量は十分で、後席を前倒しするとかなり広いスペースが得られる。フロア下には小さいながらもサブトランクも付く。

空力向上のためテールを持ち上げたフォルムとなっているが、テールゲート後端にエクストラウインドウを採用したことで、良好な後方視界を確保している。

上から「LS」「L」「G」の3グレードあり、最上級の「LS」は、VSAが唯一、標準装備される。「G」と「L」では、ディスチャージヘッドライトをはじめ快適装備にだいぶ差がある。189万円の価格を強調するGグレードは、装備面ではだいぶLグレードよりも見劣りするのは否めない。

前席用i-サイドエアバッグ&カーテンエアバッグが全車にオプション設定となる。

リアシートラゲッジECONモードパドルシフトマルチプレックスメーター

「これで十分」と思わせる広さと使い勝手

インパネフロントシート

シートに腰を下ろすと、このサイズからイメージする以上にAピラーがはるか前方にある。まるでミニバンのような頭まわりの広さが印象的で、その感覚はフリードすらもしのぐ。また、Aピラーが細く、アイポイントに対してダッシュが低く、3台の中で唯一サイズの大きな三角窓を設定するなどし、開けた視界を持っているのも特徴だ。さらに、現行モデルでは、開口面積の大きなスカイルーフも設定されている。センタートンネル上にコンソールを持つのはインサイトと共通だが、前記の開放感は、同じく乗用車的な前席空間としたインサイトに比べてもアドバンテージである。

インサイトと比べて特に違うのは、後席の居住空間だ。座面は広くないが、ヒップポイントを高く設定しており、居心地は悪くない。

後席フロアは、センターにやや段差があるが、気になることもない。後席ドアは、約80度という大きな開度を確保。やはり後席を頻繁に使う人にとっては、フィットのほうが何かと重宝することだろう。

初代フィットは、サイズのわりに室内も以外と広いという印象だったが、全面的なサイズアップにより、現行フィットの室内空間は、ファーストカーとして使うには「これで十分」遜色ないと思わせる広さを得た。収納スペースも豊富に設定されている。

スペアタイヤレスとして床下も活用したラゲッジスペースの容量も大きく、用途に合わせて3つのモードを使い分けることができる点も特徴。もちろん、ワンアクションでダイブダウン&リバースさせることができる後席の機構も非常に便利である。これら後席の広さや使い勝手は、同クラスのコンパクトカー全体においてもフィットの大きなアドバンテージといえる。

安全装備については、サイド&カーテンエアバッグが全車にオプション設定され、VSAが一部グレードに標準またはオプション設定される。

リアシートラゲッジラゲッジスカイルーフメーター

あくまでミニバン的な室内空間が好みの人へ

インパネフロントシート

見た目のとおり、室内のつくりはまさにコンパクトなハイルーフミニバンである。コンパクトサイズで抑揚のついたボディ形状ながら、室内空間をめいっぱい確保している。

内装のデザインがユニークで、段差のついた独特の形状のインパネは、ハンドルよりも上にメーターが見えるという特異な設定でなかなか面白い。今回の3台の中では唯一インパネシフトとなり、ドライビングポジションはアップライトである。ただし、ドア内張りがすべて樹脂というのは、質感的にはいただけない。

後席の両側にスライドドアを採用しており、5人乗り、7人乗り、8人乗りが選べるのはすでにご存知のとおり。中でも2列目が左右独立した7人乗りが選べるところが魅力だろう。またこのクラス全体においてもアドバンテージである。

2列目の頭上空間の広さの感覚は、ほかの2台を圧倒する。390mmというフロア高は、3台の中では高めだが、ミニバンとしては低く、独立したステップがなくても乗降性は悪くない。もちろんセンタートンネルの張り出しもない。後席に人を乗せる機会の多い人には好まれそうな設定である。

3列目のシートは、サイズも意外なほど大きく、2列目の下に足の入るスペースも確保されている。上げ下げの操作に要する力がちょっと重いのは難点だが、クラス上の背高ミニバンのように跳ね上げて収納することができる。3列目を使うとラゲッジスペースがほとんど残らないため、フリードでは、この状態をスタンダードと考えてもいいだろう。

全体的に小さいながらも、コンパクトミニバンとして十分に使えるユーティリティを身に着けた「エコカー」 ミニバン的な室内空間を求める人の期待に応えている。

装備について、車両価格がだいぶ高いが、最上級のGiエアロには、両側電動スライドドア、スマートキー、サイドエアバッグ、VSAなどの上級装備が標準で付く。

2列目シート3列目シートラゲッジステアリングメーター

内装・装備の総評

インサイトに興味を持っている人にとって、前席はさておき、後席の居住性を重視する場合にどうであるかというのが気になるところだろう。インサイト自体は、後席の居住性はけっして優れているとはいえず、たまに使うとか、あまり重視しないのであれば大丈夫だろうが、頻繁に成人男性を乗せるような場合は、フィットかフリードのほうが好ましいのは前記のとおり。

使い勝手については、インサイトはスペースもそれほど大きいわけではないものの、ハッチバック車として一般的な使い方には十分に対応できるだろう。対してフィットは、初代から評判の高いセンタータンクレイアウトによる後席のシートアレンジのバリエーションが、またフリードは小さいながらもミニバン的な使い方ができるところが強み。室内空間も、この3台の中では圧倒的に広い。

燃費の面でエコカーなインサイトやフィットに対し、フリードは、ボディサイズや室内空間などの部分でもエコカーなクルマである。

ホンダ インサイト 関連ページ

ホンダ フィット 関連ページ

ホンダ フリード 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ インサイト の関連記事

ホンダ インサイトの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ インサイト の関連記事をもっと見る

ホンダ インサイト の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円