autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 売れ筋エアロ系ミニバン 徹底比較 2ページ目

3台比較 2009/4/10 09:10

売れ筋エアロ系ミニバン 徹底比較(2/4)

売れ筋エアロ系ミニバン 徹底比較

アエラス主体の精悍なルックスに

フロントスタイルリアスタイル

マイナーチェンジでフロントとリアまわりのデザインが変更された。従来の柔らかい印象のフォルムが、販売比率の高いアエラスを主体にデザインされたかのような、エアロパーツと相性のよい精悍な雰囲気のものとなった。

エスティマはハイルーフミニバンの範疇に入るクルマだと思うが、その中で唯一、スペシャリティな雰囲気がある。ミニバンらしさを打ち消すのではなく、あくまでミニバンとして、いかにスタイリッシュに見せるかを追求したように思える。

ドライブフィールにおいては、ミニバンの悪い部分を払拭しようと努力したことがうかがえる。ハイルーフミニバンとしては、あまり車高の高い印象もなく、適度に固められた足まわりが優れた操縦安定性をもたらす。後席の乗り心地もやや固めだが、心なしか従来よりも快適性が増したように感じられる。静粛性もまずまずだ。 動力性能については、3.5Lエンジンと6速ATの組み合わせがもたらす加速時のフィーリングは圧巻。踏み始めからグッと力強く加速し、上質なV6サウンドを奏でるなど、V6でしか出しえない味がある。

販売シェアでは圧倒的に上回る2.4L+CVTの組み合わせも、動力性能に大きな不満はない。CVTの制御もこなれており、わずかに踏んでも大きく加速する印象はあるものの、慣れればあまり違和感はない。

タイヤサイズは、アエラスのレザーパッケージでは18インチ、その他は一部を除き17インチとなるが、乗り味の印象はけっこう違う。やはり18インチのほうが引き締まった感覚となり、17インチのほうがだいぶマイルドな乗り心地となる。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

スポーツカーに匹敵する走り

フロントスタイルリアスタイル

オデッセイ自体が、3代目から低床プラットフォームを採用した極端に背の低いミニバンとなっているが、その個性をより高めたのがアブソルートだ。

現行の4代目のシルエットは、旧型とさほど変わっていないように見えるものの、エッジの立て方やボディパネルの抑揚、大胆なメッキの使い方など、見た目の印象は明らかにこちらが新しく、華やかに、かつ洗練されているように感じられる。

アブソルートでは、大きなエアインテークやフォグランプを備えたフロントバンパーや、ディフューザーダイプのリアバンパー、18インチタイヤが与えられる。 走りの印象は、先代アブソルートもそうだったが、ミニバンとしてどうかというよりも、1台のクルマとして非常にレベルの高いスポーティカーに仕上げられている。そこにミニバン云々という価値観を持ち込むのは相応しくないほどで、あらためて低床、低重心のメリットを思い知らされる。

エンジンは痛快な吹け上がりを示し、高回転型ながらも、低~中速域のトルクが増しており、ドライバビリティが向上している。フットワークはさておき、まずこれが標準モデルとの大きな違いである。

ステアリングにはドッシリとした据わり感があり、切り込んだ際の俊敏性も高い。乗り心地は、やはり固めであることには違いないが、従来よりも足まわりを適度に動かすことで、スポーティさを損なうことなく、乗り心地の向上を図っている。その巧みなチューニングには感心させられる。誰でも運転して「楽しい」「しっかりとした」「スポーティ」と感じるであろう仕上がりである。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

古さを感じさせないルックスと走り

フロントスタイルリアスタイル

セレナもハイウェイスターの人気が高く、販売の半数近くを占めている。

ハイルーフミニバンとしての基本に忠実なスタイリングは、モダンで都会的に洗練されている。2005年の登場ながら古さを感じさせない。スクエアな背高フォルムや、ほぼ垂直に切り立った広いガラスウインドウなどが、いかにも室内が広そうであることを想起させる。

この車高と車重、高い重心ゆえ、操縦安定性を確保するには足まわりを固めるしかなく、実際に初期のセレナはイメージとは裏腹に、固くつっぱった印象のある乗り心地であった。

やはりこの車高と5ナンバー枠のトレッドの中で十分なスタビリティを確保するには、いくぶん固くせざるをえないようではある。ところが2007年末の一部改良時に足まわりのチューニングが見直され、乗り心地がいくぶん改善された。

その甲斐もあって、フットワークはいたって軽快で、高速巡航も不得手ではない。標準モデルよりも振動を早めに抑え、コーナリングでも内輪がジャッキアップするような不安定なロールをしない。そのあたりのよさを維持したまま、乗り心地が微妙によくなった印象だ。静粛性もまずまずのレベルといえる。

2008年末に、ハイウェイスターに追加されたVセレクションは、外観上の識別点はなく、両側リモコンオートスライドドア、バックドアオートクロージャーが特別装備になっている。

エンジンは2L直4が1本のみで、的確な制御のCVTによりリニアに加速する。走りに古さがあまり感じられないのは、それだけ当初の仕上がりが高かったことの証明といえよう。

フロントビューリアビューサイドビューエンジンタイヤ

デザイン・スペックの総評

ミニバンの購入を検討するユーザーの多くが、走りよりも室内の広さやユーティリティを優先すると思うが、やはり重心が低く、軽いほうが、走りにとっていいことには違いない。こうして形状の異なる3台を一度に乗り比べると、基本的なパッケージングがいかに走りを左右するのかを思い知らされる。しかもミニバンとなれば、その差はさらに顕著に出る。

また、こうしたエアロ系モデルは、扁平率の低いタイヤを履いたり、足まわりが強化されていたりするケースが多く、それらはハンドリング面ではメリットがあるが、反面、乗り心地には悪い影響もあることは知っておくべき。できればドライバーも、試乗時に2列目や3列目に乗って、乗り心地を確認しておくことをおすすめしたい。

トヨタ エスティマ 関連ページ

ホンダ オデッセイ 関連ページ

日産 セレナ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ エスティマ の関連記事

トヨタ エスティマの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ エスティマ の関連記事をもっと見る

トヨタ エスティマ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/24~2017/10/24