autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 パッソ/キャスト/デミオを徹底比較 ~コンパクトカーと軽自動車の新しい関係性~ 3ページ目

3台比較 2016/5/30 18:27

パッソ/キャスト/デミオを徹底比較 ~コンパクトカーと軽自動車の新しい関係性~(3/4)

関連: トヨタ パッソ , ダイハツ キャスト , マツダ デミオ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正・和田清志
パッソ/キャスト/デミオを徹底比較 ~コンパクトカーと軽自動車の新しい関係性~

ボディはコンパクトでも車内には余裕があって安全装備も充実

トヨタ パッソトヨタ パッソ

先代パッソの内装はコスト低減が激しく、グローブボックスも省いてトレイで済ませた。一方、新型は装備の違いを補正して約8万円の実質値下げをしながら、グローブボックスを復活させて装飾類も増やした。

パッソモーダでは助手席前側のトレイがボックスに変わり、オーディオなどが収まるパネルの質も高めた。エアコンのオート機能なども備わる。

とはいえ質感はコンパクトカーの平均水準。インパネの形状は外観と同じくキャストに似た印象だが、見栄えに不満はない。

インパネの造りは機能的で、比較的高い位置にエアコンのスイッチを配置した。ATレバーはこの右側に備わるインパネシフトで、キャストと同様の形状だ。

全高は1525mmだから、立体駐車場の利用を妨げない範囲で天井は高い。運転席に座ると着座位置が適度で、頭上にも相応のゆとりがある。

前席はサイズに余裕があり、肩まわりのサポート性もおおむね良い。背もたれは背骨から骨盤に沿った形状で、適度なフィット感が伴う。コンパクトカーとしては上手に造り込んだ。

後席はホイールベースを拡大して空間効率を高めたので、足元に相応の余裕がある。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る同乗者の膝先空間は握りコブシ2つ少々だ。頭上は握りコブシの半分程度だが、コンパクトカーでは足元が広くゆったりとしている。

ただし後席の座り心地には不満が伴う。座面の柔軟性が乏しく、角度も水平に近いから着座姿勢が安定しにくい。パッソには後席のスライド機能が付かず、座面が固定されているから、もう少し入念に造り込んで欲しい。

安全装備は、すべてのグレードにスマートアシストIIを装着できる。赤外線レーザーと単眼カメラを併用して、警報については歩行者も検知する。車両に対する警報の作動上限は時速100kmまで高めた。緊急自動ブレーキは、車両が対象で時速50kmを上限に作動する。

>>トヨタ パッソの画像ギャラリーはこちら(インテリア)

トヨタ パッソトヨタ パッソトヨタ パッソトヨタ パッソトヨタ パッソ

軽自動車でありながら内装はとても上質

ダイハツ キャストスタイルダイハツ キャストスタイル

軽自動車市場の競争を反映させて、キャストは内装を上質に仕上げた。

特にキャストスタイルのインパネ周辺には、メッキパーツを豊富に採用。グローブボックスの上部には、キャストアクティバではトレイが付くが、キャストスタイルはフタも備えて見栄えが良い。

新型パッソが軽自動車のノウハウを活用して開発された理由のひとつも、この上質感にある。キャストから分かるように、今日の軽自動車の造り込みはコンパクトカーを追い抜いた。

キャストのインパネレイアウトはパッソに似ていて、エアコンのスイッチやATレバーを比較的高い位置に装着する。操作性が優れ、メーターも大径だから視認性も良好だ。

前席はベンチタイプでサイズが大きく、軽自動車では座り心地が快適。パッソには少し見劣りするが不満はない。全高が1600mmに達するから、頭上にも余裕がある。

後席はシートアレンジが多彩なこともあって、座面の柔軟性が乏しい。着座位置も若干腰が下がる印象で、前席に比べると座り心地が良くない。

その代わり頭上と足元の空間は広い。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る同乗者の膝先には握りコブシ3つ弱の余裕がある。頭上にも握りコブシ1つ弱の空間があり、左右方向を除けば後席はパッソよりも広い。前後席のヒップポイント間隔も、パッソは940mm、キャストは1000mmに達する。

キャストの後席には左右独立して前後に240mm調節できるスライド機能も備わり、荷室の機能もパッソに勝る。

安全装備ではパッソと同じスマートアシストIIをすべてのグレードに設定して、安心感を高めた。

>>ダイハツ キャストの画像ギャラリーはこちら(インテリア)

ダイハツ キャストスタイルダイハツ キャストスタイルダイハツ キャストスタイルダイハツ キャストスタイルダイハツ キャストスタイル

ドライバーの運転姿勢を優先させた内装が特徴

マツダ デミオマツダ デミオ

デミオの内装は、パッソやキャストとは造りが異なる。ドライバーを最優先させ、後席と荷室はあまり重視していない。

なのでインパネ周辺の質は高く、上級グレードはCX-3とほぼ同じ造りになる。エアコンスイッチの上側から助手席まで伸びる細長いデコレーションパネルは、ツーリングや同Lパッケージではソフトパッドと合成皮革が使われる。

運転席に座った時の着座姿勢にも注目したい。デミオは前輪とドライバーの間隔を広げて、前輪駆動車としてはペダルの位置を右寄りに配置した。この効果で、右足を自然に伸ばした状態でペダルを操作できる。

一般に前輪駆動のコンパクトカーは、車内を広くするために前輪とドライバーの間隔が狭く、ホイールハウスを避けるべくペダルの位置が左側へ寄りやすい。この不都合をデミオは解消した。

前席の造りも上質だ。サイズに余裕を持たせ、体の沈み方も適度でボリューム感がある。背もたれも腰の部分をちょうど良い硬さに仕上げた。

そして体を側方から支えるサイドサポートの造りも巧みだ。大きめに張り出して着座姿勢を安定させ、腰の当たる部分は少し柔らかく仕上げたから過度に拘束された印象にはならない。

一方、後席はパッソやキャストよりも窮屈だ。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る同乗者の膝先空間は握りコブシ1つ分にとどまる。頭上は握りコブシ半分以下。天井が低めだから着座位置も下がり、腰が落ち込みやすい。それでも座面のボリュームは相応にあり、スペースは狭くてもシート自体の造りは悪くない。

また全高が1500mmに収まり、なおかつ天井を後ろに向けて下降させたから、荷室は上下方向の寸法が乏しい。

安全装備は、緊急自動ブレーキについては赤外線レーザー方式だから、作動速度は時速30km以下になる。ただし後方の並走車両を知らせるブラインドスポットモニタリングなどが用意され、安全装備の種類は多い。

>>マツダ デミオの画像ギャラリーはこちら(インテリア)

マツダ デミオマツダ デミオマツダ デミオマツダ デミオマツダ デミオ

内装・装備の総評

パッソとキャストを比べると、パッソが軽自動車のノウハウをベースに開発されたことが良く分かる。インパネの形状からシートの配置まで、かなり似ているからだ。

それでも後席の足元空間は軽自動車ながらもキャストが広く、パッソには後席のスライド機能も備わらない。パッソのプラットフォームが2世代前の初代モデルから使われていることもあり、効率の高さではキャストに劣る。

コンパクトカーが軽自動車を手本に開発され、それでも機能が届かないのは、従来の序列を考えると情けない。しかしそれが今の軽自動車とコンパクトカーの関係だ。

一方、デミオはクーペに近い発想で開発された。後席の居住性や荷室の機能は割り切り、前席に重点を置く。パッソとキャストなら大人4名が乗車しても窮屈ではないが、デミオは明らかに狭い。その代わり運転席と助手席の満足度を高めた。運転の楽しさを重視するマツダらしい考え方だ。

安全装備は、パッソとキャストがスマートアシストIIを採用する。緊急自動ブレーキの作動は車両のみが対象で時速50km以下だが、衝突警報は、歩行者が時速50km以下、車両は時速100kmまで対応する。緊急自動ブレーキも高速度まで作動する方が好ましいが、警報だけでも事故防止の効果は高い。

デミオのスマートシティブレーキサポートは、作動速度の上限が時速30kmで、車両だけが対象になるのが残念。デミオにはクリーンディーゼルターボも用意され、前席は快適だから、コンパクトカーでありながら高速道路を使って長距離を移動する機会も多いだろう。アクセラなどが採用するミリ波レーダーを使った高速対応のスマートブレーキサポートも選べるようにして欲しい。

トヨタ パッソ 関連ページ

ダイハツ キャスト 関連ページ

マツダ デミオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ パッソ の関連記事

トヨタ パッソの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ パッソ の関連記事をもっと見る

トヨタ パッソ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/23~2017/8/23