autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 イグニス/アクア/フィットを徹底比較 ~ハイブリッドで低燃費なコンパクトカー~ 4ページ目

3台比較 2016/3/30 11:39

イグニス/アクア/フィットを徹底比較 ~ハイブリッドで低燃費なコンパクトカー~(4/4)

関連: スズキ イグニス , トヨタ アクア , ホンダ フィット Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 和田清志・小林岳夫
イグニス/アクア/フィットを徹底比較 ~ハイブリッドで低燃費なコンパクトカー~

880kgの軽いボディが走りに良い効果を与えている

スズキ イグニススズキ イグニス

イグニスが搭載する1.2リッターエンジンの動力性能は平凡だ。実用的なコンパクトカーに搭載するには少し高回転指向で、巡航時に2000回転を下まわると加速力が低下しやすい。逆に4200回転付近から回転上昇が活発になる面があり、もう少し実用指向にするのが良いと思う。

それでも力不足を感じさせず、ボディの軽さが良い効果をもたらした。車両重量は880kgだから、1.3リッターのノーマルエンジンを積んだフィットと比べても100kg以上軽い。

走行安定性も同様だ。ボディの剛性感が高いといった特徴はないが、軽いから挙動の乱れが拡大しにくい。最低地上高が180mmとあって少し腰高に感じるが、常に安心感が伴う。操舵に対する反応も自然だから、峠道を走らせても相応に楽しい。

少し気になったのは旋回中の制動で、4輪ABSが過度に介入してブレーキの減圧が大きすぎる印象を受けた。

乗り心地は最近のコンパクトカーにありがちな硬さを感じる。装着していたタイヤは16インチ(175/60R16)で、銘柄はブリヂストン・エコピアEP150。エコ指向のタイヤで、転がり抵抗を抑えるために指定空気圧は前輪が250kPa、後輪は220kPaと少し高い。これに最低地上高を考慮した足まわりの設定、ボディの軽さなどが影響したのだろう。不快な突き上げ感や粗さはないが、タイヤが路上を転がる時のノイズも含めて、もう少し快適になると良い。

それでも空間効率が高く、安全装備も充実して、魅力的なコンパクトカーに仕上げた。

特にシンプルな外観には好感が持てる。最近のクルマはボディの随所にさまざまなラインが入り、デザイナーの説明を聞いて「ああ、そういう意味があるのですね」と分かることが多い。

しかしクルマは移動の手段だから、外観をジックリと眺めながらデザイナーの説明を聞くものではないだろう。走っている姿を見て「イイ感じだね」と思わせるのが本当だ。イグニスはそこを巧みに突いている。

スズキ イグニスの画像ギャラリーはこちら(走行シーン)

外観も運転感覚もスポーティーで絶妙な魅力が伴う

トヨタ アクアトヨタ アクア

アクアはモーターの駆動力が高い。駆動用電池が十分に充電されていれば、発進して時速40km前後まではモーター駆動のみで加速する。アクセルの踏み方を控えれば、時速50kmくらいまでエンジンが始動しない。

発売当初は、速度が高まってエンジンが始動するとノイズが急激に増したが、その後に数回の改善を受けて気にならなくなった。

巡航中にアクセルペダルを緩く踏み増した時も、反応の素早いモーターがエンジンを効果的に支援する。そのために動力性能に余裕が感じられ、フル加速では1.6リッタークラスだが、モーターの効果が発揮される緩い加速では1.8リッター並みの底力を感じることもある。

操舵感はダイレクトに反応して意外にスポーティーだ。背の低いボディと相まって機敏に向きが変わる。4輪の接地性も高く、機敏でも走行安定性が妨げられにくい。

乗り心地は少し硬いが、発売当初の粗さは抑えた。ボディの溶接箇所を増やすなどの改善を施した結果だが、これは基本設計の分野だろう。発売後にショックアブソーバーの減衰力を見直すといった変更なら納得できるが、溶接は最初から問題が生じない水準で行うべきだ。今でも特に快適とはいえないが、不満はかなり払拭された。

アクアは販売絶好調のコンパクトハイブリッドだが、実際に使うと、外観や内装、運転感覚が5ドアクーペ風だ。後席や荷室は狭めで実用性はいま一歩だが、外観はスマートで運転感覚も適度に楽しい。

この雰囲気は一時代前のハッチバックに似ている。後席は狭めだが、みんなで寄り添いながらドライブするのが楽しかった。そしてボディが軽く、慣れると手足のような感覚で操れた。

ハイブリッドのアクアは時代の最先端を走るクルマだが、ちょっと懐かしい気分も漂う。「プリウスにしなくても、アクアで十分でしょう。運転しても、そこそこ面白いしね」。アクアが人気なのは、絶妙なバランスに支えられているように思う。

トヨタ アクアの画像ギャラリーはこちら(走行シーン)

必要にして十分な走行性能と優れた実用性が持ち味

ホンダ フィットハイブリッドホンダ フィットハイブリッド

フィットハイブリッドのモーター性能はアクアほど高くないが、力不足は感じない。エンジン回転の上昇が4000回転を超えて活発化する面はあるが、モーター駆動の支援もあり、幅広い回転域で十分な加速力が発揮される。

7速のDCTは、発売直後は低速時の低回転域に不満があった。速度が下がった状態で緩くアクセルペダルを踏み増すと、踏み込み速度が素早い時などにスムーズさを欠いた。速度が小刻みに増減して乗員が前後に揺すられたが、直近はかなり改善されている。

ただしクラッチ式のATだから、メリハリがある半面、トルクコンバーター式ほど滑らかではない。このあたりは好みによって判断が変わるだろう。

操舵感は機敏で良く曲がる。スポーティーともいえるが、今日の走行安定性を考えると、もう少し後輪の接地性を高めたい。峠道などを走る時は相応に楽しいが、危険回避時に不安を感じることがある。

乗り心地は底がやや浅いというか、路面のデコボコを伝えやすい。揺すられ感も抑えてもう少し重厚にしたい。基本的にフィットの足まわりは1.3リッターモデルを標準としていて、ハイブリッドは約100kgの重量増加が負担になっているように感じる。

この点が気になったら、価格が高くなった上にJC08モード燃費が31.4km/Lに下がるものの、16インチタイヤを装着したハイブリッドSパッケージも試すと良いだろう。足まわりの容量が少し拡大したようになる。

フィットハイブリッドは走りの面で少し古さを感じるが、前述のとおり居住性や積載性が優れ、ファミリー層も含めて幅広いユーザーに適する。割安な1.3リッターの13G Fパッケージと比較した上で判断したい。

そしてフィットハイブリッドの対極に位置するのがアクアだ。後席や荷室が狭い代わりに走行性能を高めた。運転の楽しさなど、趣味性を求めるユーザーにも適する。モーター駆動を意識させるハイブリッドらしさが濃厚な加速感も特徴だ。

イグニスは必要にして十分な実用性と優れた安全装備、軽快な運転感覚が魅力。上質感はあまり表現されていないが、軽いことに魅力の根源があり、コンパクトカーの原点にも立ち返った。イグニスはライバルメーカーのコンパクトカー開発にも、良い効果をもたらすと思う。

ホンダ フィットの画像ギャラリーはこちら(走行シーン)

スズキ イグニス 関連ページ

トヨタ アクア 関連ページ

ホンダ フィット 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ イグニス の関連記事

スズキ イグニスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ イグニス の関連記事をもっと見る

スズキ イグニス の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/19~2017/8/19