autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 ベーシック軽トールワゴン 徹底比較 4ページ目

3台比較 2008/12/3 16:16

ベーシック軽トールワゴン 徹底比較(4/4)

ベーシック軽トールワゴン 徹底比較

軽カー界の王道を行くに相応しい内容

走行走行

これまでスズキは、軽自動車というものは、クオリティもさることながら、少しでも安くユーザーに提供することを正義としてきた。販売実績を見るにつけ、それは間違っていなかったと思う。その急先鋒がワゴンRであった。

しかし新型では、価格はやや上がったものの、全体のクオリティはそれ以上に上がった。軽カーの王道を行くモデルが、よりそのポジションを確固たるものとしたという印象だ。

車種体系では、RR系がなくなり、スティングレーとスタンダード系の2本立てとなったが、その割り切りも悪くないと思う。

また、スズキもCVTの導入を、従来よりも積極的に進めていることがうかがえる。FXリミテッドでは、同一グレードでATとCVTの両方を選ぶことが可能で、価格差は5万円となっているがCVTを選ぶべき。ATにもよい点はあるが、660ccの自然吸気エンジンに、800kgを超えるボディという組み合わせになると、CVTで得られる加速と燃費というメリットは捨てがたい。

他のクルマにはない雰囲気

走行走行

ベースのムーヴは、それはそれで軽トールワゴンの新機軸を打ち出したスタイルだと思うが、意外なほど、旧来の四角いフォルムを求める声が大きかったという。それにより生まれたのが、ムーヴコンテという商品企画であった。加えて、女性ユーザーをターゲットとして、インテリアのデザインにこだわった。それをあからさまにではなく、さりげなく表現しているところに好感を抱く。他の車種にはない雰囲気を持っている。

狙いどおり若い女性にもうけそうだが、プレーンなスタイルには奇をてらったところがなく、幅広い年齢層に受け入れられるだろうし、男性ユーザーにもこういうテイストが好きな人は少なくないはずだ。また、ほとんどのグレードで運転席が「パワーエントリーシート」になっているところも大きな特徴だ。

上級装備の付く「リミテッド」グレードもラインアップし、カスタムばりにフォグランプやアルミホイールが与えられるので、好みでそちらを選ぶのもいいだろう。

乗用タイプとミニバンタイプの良いとこ取り

走行走行

 実は、軽自動車のトールワゴンというパッケージのクルマをいち早く手がけたのは、三菱である。「ミニカトッポ」「トッポBJ」が消滅し、しばらくラインアップから軽トールワゴンが外れていたが、今回「トッポ」として復活した。

ベースのeKワゴンの走りやユーティリティを受け継ぎつつ、そのままルーフが高くなったというパッケージングなので、乗用タイプの走りに、タントクラスのミニバンタイプ軽カーのスペースユーティリティが合体したような、ちょっと不思議な感覚となる。つまり、それだけ室内が広く感じられるのだ。

エクステリアは、今回のスタンダード系のほかに、エアロパーツを装着してカスタマイズモデルのようなイメージを演出したローデスト系もラインアップし、どちらでも自然吸気エンジンと、強力なターボ仕様が選べる。CVTの設定がないので、高速道路や上り坂のある道を走る機会のそれなりに多い人は、ターボを選んでおいたほうが賢明だろう。

スズキ ワゴンR 関連ページ

ダイハツ ムーヴコンテ 関連ページ

三菱 トッポ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ ワゴンR の関連記事

スズキ ワゴンRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ワゴンR の関連記事をもっと見る

スズキ ワゴンR の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21