autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 ベーシック軽トールワゴン 徹底比較 3ページ目

3台比較 2008/12/3 16:16

ベーシック軽トールワゴン 徹底比較(3/4)

ベーシック軽トールワゴン 徹底比較

持ち前のユーティリティにクオリティをプラス

インパネフロントシート

従来はインパネの樹脂の質感や素っ気ないデザインなど、ややクオリティの面で物足りない印象もあった。新型では、まずそのあたりが全面的に見直されている。

大きな変更点を挙げると従来のコラムシフトを廃し、インパネシフトとした点も大きい。横方向のウォークスルーを妨げることなく操作性を高めたという点は、実際その通りになっている。

スティングレー系とは内装色だけでなく構成も異なり、助手席側はオープンボックス、そしてメーターは大きな速度計のみとなる。

また、キーレススタートシステムを採用し、カップホルダーが中央から両サイドに移設された。5段階のリクライニングが可能な後席のレバーは、左右席を同じ位置から操作できるよう、両サイドから中央寄りに移された。その他、細かく見ていくと、面積を大きくして収納スペースとしても使えるドア取っ手や、乗員側に微妙に斜めしたアームレスト、後席の自立式シートベルトキャッチの採用など、細部にわたり見直されている。乗降性についても、後席サイドシルをよりフラットな形状に改良を行なっている。

室内空間はさらに広くなり、収納スペースも豊富に設定されている。助手席アンダーボックスや、背もたれを前倒しすると同時に座面も沈み込むことで低い位置でフラットになるリアシートなど、従来より支持された要素はもちろん受け継いでいる。

装備面では、盗難防止装置のイモビライザーが全車に標準で付く点が特徴だ。

リアシートラゲッジメーターシフト助手席アンダーボックス

コンテならではのプレミアムソファーシート

インパネフロントシート

エクステリアと共通イメージの、スクエア形状を多用したインパネは、シンプルながら収納スペースを十分に確保。ドアトリムにかけてアクセントのラインを入れている点もユニークだ。

ボディ形状がスクエアであるため、頭上空間も広く、頭の前方や横方向のクリアランスも十分。タントと同等とまではいわないが、ムーヴよりも広々感は上である。

さらに、「プレミアムソファシート」と称する上質でクッション性に富んだシートもムーヴコンテの特徴だ。フランス人デザイナーを起用し、素材感にもこだわり、パイピングを配した同シートだが、こうした雰囲気を持つクルマはちょっと思い当たらない。

収納スペースは豊富で、ひとつひとつの容積が大きく設定されている。アームレストのサイズが大きく、収納スペースも備わる。運転席下のアンダートレイ、カードホルダー、コンビニフックなども設定される。

また、ダイハツ車らしく、左右ドアが約90度開くところも強みだ。

後席の居住性も抜群で、前席と同様に広さを感じる。両サイド肩部のレバーにより2段階のリクライニングが可能。ただし、シート自体のクッション性にこだわったためか、シートアレンジは、フラットモードのほか単純に前倒しするにとどまり、ラゲッジフロアには段差が残る。テールゲートは、ムーヴは横開きだが、コンテは縦開きとなる。

安全装備では、全車にデュアルSRSエアバッグが標準装備される。快適装備では、ついにリバース連動ドアミラーが設定されたほか、オートライト、ドアミラーターンランプ、瞬間燃費計などがグレードにより設定されている。

リアシートラゲッジメーターシフト運転席パワーエントリーシートスイッチ

圧倒的な頭上空間の広さ

インパネフロントシート

全高1680mm(FF車)と、eKワゴンに比べると130mmも高く、1,430mmの室内高を実現。ヒップポイントは低いままなので頭上空間が異様に広く、開放感と良好な視界をもたらしている。

インパネは、基本的にeKワゴンを踏襲し、センターメーターをもとに、センターパネルを強調した構成となっている。500mlのペットボトル2本を収納できる運転席前アッパーボックス、ティッシュボックス収納可能な助手席側グローブボックスほか、アンダートレイ、グラスケースなど、eKと同様に収納スペースは豊富に設定されている。

センターのドリンクホルダーを埋め込んだベンチタイプのフロントシートには、シートヒーターを設定。後席の頭上空間も相当に広い。

ラゲッジルームについては、まず、テールゲートが横開きとなるのが特徴。5:5分割の後席を前倒しすると、フロアとフラットになるようになっている。よってラゲッジフロアはやや高めだが、2段構成となっていて、深く容量も大きめのアンダーボックスが備わる。こうなっているほうが使いやすいと感じる人も少なくないだろう。

快適装備では、消臭天井、脱臭機能付きクリーンエアフィルターなど、安全装備では、離脱式衝撃吸収ステアリングコラム、ブレーキペダル後退抑制機構なども設定されている。

リアシートラゲッジスペースメーターシフトコンビニフック

内装・装備の総評

ワゴンRを除く2モデルには、リアクォーターウインドウがある。後席フロアはワゴンRとムーヴコンテのFF車はフラットとなる。シートアレンジでは、いずれもフラットモードが可能で、リアシートは左右分割可倒式。さらに、ワゴンRのみ座面がフォールドダウンして低い位置でラゲッジフロアとフラットになり、長尺モードも可能だ。

収納スペースはいずれも十分に確保。装備面では、これまでダイハツが上級装備をいち早く採用し、それに他社が続くというケースが多く見られたが、今回、ワゴンRもトッポも、それぞれに充実している。

全体として、ユーティリティを含めたインテリアの印象は、やはりワゴンRのオールラウンドぶりが光る。トッポは異様なほど大きな室内高が印象的。ムーヴコンテは、十分なユーティリティを確保しつつ、オシャレなソファ風のシートなどインテリアデザインの雰囲気が特徴だ。

スズキ ワゴンR 関連ページ

ダイハツ ムーヴコンテ 関連ページ

三菱 トッポ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ ワゴンR の関連記事

スズキ ワゴンRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ワゴンR の関連記事をもっと見る

スズキ ワゴンR の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/20~2017/10/20