autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 キャスト/ハスラー/N-ONEを徹底比較 ~お出かけが楽しくなる!ユニークな軽自動車~ 3ページ目

3台比較 2015/10/27 18:32

キャスト/ハスラー/N-ONEを徹底比較 ~お出かけが楽しくなる!ユニークな軽自動車~(3/4)

関連: ダイハツ キャスト , スズキ ハスラー , ホンダ N-ONE Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正・和田清志
キャスト/ハスラー/N-ONEを徹底比較 ~お出かけが楽しくなる!ユニークな軽自動車~

前席は座り心地が快適で安全装備も充実させた

ダイハツ キャスト アクティバダイハツ キャスト アクティバ

昨今の軽自動車では当たり前の話だが、キャストの内装の造りは上質だ。

インパネの表面などを綺麗に仕上げ、シルバーのパネルも違和感なく調和されている。コスト低減の影響が散見される一部のコンパクトカーに比べると、軽自動車であるキャストの室内のほうがはるかに上質に見える。もっとも、その分だけ価格も安くはないのだが。

キャスト アクティバで注意したいのはメーターの視認性だ。文字盤がシルバー、目盛りがホワイトだから、光を受けるとすべてが反射して速度やエンジン回転数が分かりにくい。この点は改善を要する。

前席の座り心地は、快適になった今の軽自動車の中でも上質な部類に入る。背もたれは腰を包む形状で、座面を含めて適度に柔軟だからリラックスできる。

一方、後席には不満が伴う。シートの骨格はムーヴと共通だが、ボディ形状の違いによってキャストアクティバは室内高が35mm下まわる。

そこで床と座面の間隔も30mm狭めたため、足を前に投げ出す座り方になった。しかも座面の柔軟性が乏しく、体が沈みにくい。座面の角度はほぼ水平だから、体の収まりが良くないので、前席に比べて快適性が削がれている。

室内の広さは十分だ。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る同乗者の膝先空間は握りコブシ3つ弱。前後方向の余裕はLサイズセダンの平均水準を上まわるから、足を前に投げ出す姿勢でも窮屈には感じない。頭上にも握りコブシ1つ分の余裕があり、座り心地はいま一歩ながら後席も相応に満足できる。

荷室の容量は背の高い軽自動車とあって不足はない。後席のスライドは左右独立式だが、背もたれを前に倒した時に座面が下降する機能はない。なので広げた荷室の床に傾斜が生じる。

安全装備では、緊急自動ブレーキを備えた「スマートアシストII」に注目したい。赤外線レーザーとカメラを併用して、時速50km以下では歩行者も検知して警報を発する。車両の検知は上限速度が時速100kmと高く、軽自動車では優れた安全装備となっている。

ダイハツ キャストの画像ギャラリーはこちら(インテリア)

ダイハツ キャスト アクティバダイハツ キャスト アクティバダイハツ キャスト アクティバダイハツ キャスト アクティバダイハツ キャスト アクティバ

使い勝手の良い荷室と豊富な収納設備を採用

スズキ ハスラースズキ ハスラー

ハスラーの内装の特徴は、SUVテイストの軽自動車らしく汚れを落としやすいことだ。荷室の床などには拭き取りが簡単な素材が使われている。インパネも表面が滑らかで汚れを落としやすく、デカールなども貼れる。遊び心を重視した造りだが、質感に不満を感じることはないだろう。

前席は他のライバル車と同様、サイズは十分に確保されている。シート表皮はファブリックだが、少し光沢のある素材で滑りやすい。もう少し摩擦を増やすと着座姿勢が安定する。

後席は着座位置が適度で、足を投げ出す姿勢にはならない。多彩なシートアレンジが設定されているから座面のボリューム感が十分とはいえないが、座り心地は悪くない。

車内は広く、身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る同乗者の膝先空間は握りコブシ3つ少々になる。頭上には握りコブシ1つ分の余裕を持たせた。

注目は「荷室の使い勝手」だ。後席のスライドは左右独立式で、背もたれを前に倒すと座面も連動して下降。フラットで広いボックス状の空間になる。

収納設備も豊富で、助手席の前側には上からフタ付きのボックス、トレイ、グローブボックスが3段に並ぶ。助手席の下にはバケツ状の大きなトレイが装着され、ハンドルが付いているから車外に持ち出すことも可能だ。

以上のような居住性や荷室の機能、収納設備などは基本的にワゴンRと同じ。つまりハスラーはワゴンRの実用性にSUVの趣味性を加えたことでヒット作になった。

緊急自動ブレーキを作動できる安全装備は赤外線レーザー方式。時速30kmを上限に作動して、歩行者を検知する機能はない。

スズキ ハスラーの画像ギャラリーはこちら(インテリア)

スズキ ハスラースズキ ハスラースズキ ハスラースズキ ハスラースズキ ハスラー

前席を優先した造りが特徴で内装は落ち着いた雰囲気

ホンダ N-ONEホンダ N-ONE

N-ONEのインパネのデザインは、ライバルと違って落ち着いた雰囲気だ。シルバーなど光る素材をあまり使わずに同系色で仕上げた。形状は立体的。インパネの下側が手前に少し張り出し、ATレバーとエアコンスイッチが並ぶ。まるでセダンをイメージさせるような内装だ。

前席は座面の前側が少し硬い印象だが、サイズに余裕を持たせ、しっかりと造り込んでいる。背もたれは上側が少し肩から離れる感覚もあるが、高さは十分に確保されており座り心地が良い。

後席は乗員のツマ先が少し持ち上がるが、これは燃料タンクを前席の下に搭載したためだ。ライバルに比べると、やや違和感が伴う。座面はもっと柔軟に仕上げると快適になるだろう。

リアゲートを寝かせたこともあり、車内はライバルの2台に比べて若干狭めだ。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る同乗者の膝先空間は握りコブシ2つ少々。頭上空間は握りコブシの半分程度だから、長身の同乗者が座る場合は頭上の空間を確認したい。

シートアレンジは独特で、後席にはスライド機能が装着されない。従って後席にチャイルドシートを装着した時、前方へスライドさせて運転席に座る親との間隔を縮めたり、後席を使った状態で荷室面積を広げることはできない。

その半面、燃料タンクが前席の下に搭載されるから、後席を床面へ落とし込むように畳むと大容量の空間になる。後席の座面を持ち上げて、車内の中央に背の高いスペースを作ることも可能だ。N-BOXに準じたシートアレンジになる。

緊急自動ブレーキを作動できる安全装備には赤外線レーザーを採用。時速30kmを上限に作動して、歩行者を見分ける機能はない。

ホンダ N-ONEの画像ギャラリーはこちら(インテリア)

ホンダ N-ONEホンダ N-ONEホンダ N-ONEホンダ N-ONEホンダ N-ONE

内装・装備の総評

インパネなどの質感は3台とも満足できるが、機能には違いがある。

キャスト アクティバは、前席の座り心地は3台の中でナンバーワン。ハスラーも悪くないが、シートの生地が滑りやすい。後席はハスラーが快適で、キャスト アクティバは座り心地が良くない。N-ONEは空間効率が少し下がり、頭上と足元がライバル2車よりも窮屈だ。それでも4名乗車の実用性は確保している。

荷室はハスラーがナンバーワンで、後席のスライドは左右独立式で背もたれを前に倒すと座面も連動して下がり、フラットな空間に変更できる。汚れを落としやすいことも特徴だ。N-ONEは後席をスライドできないからユーザーによっては不便だが、前席の下に燃料タンクを搭載することで、後席を畳むとボックス状の空間になる。

安全装備はキャスト アクティバが先進的。赤外線レーザーとカメラを併用したタイプが6万4,800円で備わり歩行者も検知する。車両に対しては時速100kmを上限に警報を発する。サイド&カーテンエアバッグも6万4,800円(X・SAIIは7万7,760円)で用意した。

ハスラーとN-ONEは赤外線レーザー方式だから、緊急自動ブレーキを作動できる上限は時速30kmで歩行者は検知しない。サイド&カーテンエアバッグは、N-ONEではあんしんパッケージに含まれるが、ハスラーでは装着できない。

ダイハツ キャスト 関連ページ

スズキ ハスラー 関連ページ

ホンダ N-ONE 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ キャスト の関連記事

ダイハツ キャストの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ キャスト の関連記事をもっと見る

ダイハツ キャスト の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/24~2017/10/24