autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 シエンタ/フリード/ソリオを徹底比較 ~ハイブリッドで低燃費なコンパクトミニバン~

3台比較 2015/9/28 18:56

シエンタ/フリード/ソリオを徹底比較 ~ハイブリッドで低燃費なコンパクトミニバン~(1/4)

関連: トヨタ シエンタ , ホンダ フリード , スズキ ソリオ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正・島村栄二
シエンタ/フリード/ソリオを徹底比較 ~ハイブリッドで低燃費なコンパクトミニバン~

小さくても車内は広くスライドドアを備えた注目車を徹底比較

スズキ ソリオ バンディット ハイブリッド MV ボディカラー:ファーベントレッド ブラック2トーンルーフ

クルマを実用的に使いたい場合、必要な機能を満たしていれば、ボディはなるべく小さい方が好ましい。当たり前の話だが、運転がしやすく、燃費性能が優れ、価格も安くなるからだ。

以前はボディが小さいと広い室内を確保できず、長距離を移動する時は疲れやすかった。今ではこういった不満が解消され、空間効率の優れたプラットフォームに、背の高いボディを組み合わせて広い車内を確保している。走行安定性も向上し、背の高い小さなクルマで高速道路を走っても、危険を感じる場面はほとんどない。

上質な乗り心地や運転感覚、優れた危険回避性能などを求めると、今でも低重心のセダンやクーペを選ぶ価値は十分にある。それでも日常的な移動を中心に考えれば、コンパクトな車種で十分と思わせる時代になった。小さなクルマの技術力が進歩して、「満足度のハードル」を超えるようになったといえるだろう。

その代表が2015年7月にフルモデルチェンジを受けた「トヨタ シエンタ」、8月に一新された「スズキ ソリオ」などだ。

「シエンタ」は3列シートのミニバン、「ソリオ」は2列のコンパクトカーだが、いずれも全高は1,700mm前後に達して車内が広い。両車とも後部のドアはスライド式で、狭い場所での乗降性も優れている。実用性は抜群に高い。

そこで今回は、新型になった「シエンタ」と「ソリオ」に、「シエンタ」のライバル車となるコンパクトミニバンの「ホンダ フリード」も加えて、空間効率の優れた3車種を比べてみたい。2列と3列シートが混在するが、背の高い5ナンバーサイズのボディにスライドドアを備えることは共通だ。

また3車種とも、モーターを駆動するハイブリッドを設定して燃費の向上を図っている。

画像ギャラリーはこちら(画像103枚)

トヨタ シエンタ 関連ページ

ホンダ フリード 関連ページ

スズキ ソリオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ シエンタ の関連記事

トヨタ シエンタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ シエンタ の関連記事をもっと見る

トヨタ シエンタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26