autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 女性に人気の軽カー最新モデル 徹底比較 3ページ目

3台比較 2009/2/27 20:16

女性に人気の軽カー最新モデル 徹底比較(3/4)

女性に人気の軽カー最新モデル 徹底比較

性能向上したスマートパーキングアシスト

インパネメーター

トールワゴン系の仲間入りをしたことで、頭まわりに余裕が生まれ、後席のスペースが広くなるなど、居住空間が向上した。

パステルでは、ホワイトのメーターが付くほか、ステアリングホイールやシフトノブがベージュ、シートカラーはショコラ・ブラウンという女性向けのコーディネートとなる。

シートに座ると、視界が良好で、開放感が高いことに感心する。ダッシュが低く、フロントピラーが細く、死角を減らすためかドアミラーも小ぶりのサイズとなっている。さらにはサイドのウエストラインも低めで、前記のように6ライトのグラステリアを採用し、リアウインドウ下端も低くしているため、全方向とも見晴らしがよい。

また、バックモニター付きオーディオを採用したほか、オプションでスマートパーキングアシストシステムを用意しているのもライフの特徴で、従来に比べ後退を自動操舵とするなど、さらに便利になった。

インパネは、視認系と操作系が適切にレイアウトされており、使いやすい。助手席前のえぐったような形状のトレーがデザイン面でも特徴的で、収納スペースも充実している。

フロアでは、センタートンネルが、前後ともほんの少し張り出した程度となっているのが特徴。リアシートは多段階にリクライニング可能で、着座フィールは3車中もっともしっくりくる。ホンダの他の車種と同様、ボディ剛性向上への考え方からか、テールゲート開口部まわりに段差を設けているが、このほうが使いやすいという人もいるだろう。

一部グレードを除いてABSが標準装備、サイドSRSエアバッグがオプション設定され、パステル系では、i-サイドエアバッグやスマートパーキングアシストシステムがオプション設定される。

シフトフロントシートリアシートラゲッジスマートパーキングアシストシステム

モダンに洗練されたデザインと走行性能

インパネメーター

モダンな家具やソファなどをモチーフに、シンプルかつスタイリッシュに仕上げ、リラックスできる居心地のいい空間を目指したというインテリアデザイン。3種類のインテリアカラーとコーディネートしたシートを持つ。

大胆に配したカラードインパネの質感も高く、それと統一感を持たせた専用オーディオを設定。目の前には、大型単眼メーターが配される。

またメーター部にラパンキャラクターが登場してメッセージを伝えたり、インナードアハンドル部分に写真等を飾ることのできるフォトフレームを設けるなど、かつてない試みが見られるのも特徴的だ。ホイールベースの延長された新規プラットフォームにより、先代よりも大きな室内空間を確保。フロントはベンチシートで、適度な座面高により乗り降りもしやすい。センタートンネルの張り出しも小さく抑えられている。

収納スペースは、数や容量を追求していないようだが、これだけあれば必要十分なはず。むしろインテリアのデザインやカラーコーディネートのセンスに目を向けるべきだろう。

ラゲッジルームは、後席を立てた状態では、それほど大きく確保されるわけではないし、フロアが少し高め。ただし、後席を前倒しするとフロアと背面がフラットにつながるので、このほうが、ほかの2台よりも使いやすいという人も多いのではと思う。

シフトフロントシートリアシートラゲッジインナードアハンドル

ブラック×シルバーが精悍なカスタム

インパネメーター

スクエアで背高なフォルムにより、乗り込んで広さを直感させる室内は、タントに近い雰囲気もある。

ほかのカスタム同様、インテリアはブラック主体のカラーリングとなる。水平基調のブラック×シルバーのセンターパネルが備わるインパネなど、およそ軽カーの質感を超えている。さらに、シルバーのパーツを各所に配するほか、カスタム専用のプレミアムソファーシートにもシルバーのパイピングが施される。

収納スペースは、大きなグローブボックスの上にもボックスを設定するほか、センターの空きスペースやインナードアパネルなどにも、くまなく設定されている。

一連のダイハツ車と同じく、ほぼ直角まで開く前後ドアを持つ上、コンテでは、自動復帰機能の付く運転席パワーエントリーシートを設定した点も特徴的で、小柄な女性にとって重宝することだろう。

シートポジションはアップライトで、スクエアなフォルムにより車両感覚がつかみやすい。

それほど気になるわけではないが、フロントのセンタートンネルはわりと高く、逆にリアがフラットとなっている。後席の広さ感は、後席は頭まわりの広さとか考えると、3車中でも圧勝で、タントに通じるほどの感覚。やはり形状がスクエアであることの恩恵は大きい。

後席は2段階のリクライニング可能だが、前倒し機能については、そのまま前に倒すだけなので段差が残る。また、ムーヴには備わる前後スライド機構が、コンテにないのは少々残念ではある。標準のコンテに比べるとカスタムは装備が充実しており、オートエアコンやキーフリーシステム、オーディオなどが標準装備される。

シフトフロントシートリアシートラゲッジ運転席パワーエントリーシート

内装・装備の総評

広さでは、コンテ、ライフ、ラパンの順となり、デザインの面白さや所有することの満足感はでは、好みの問題はあるだろうが、ラパンがダントツのトップだろう。ラパンの居住性も先代に比べ大幅に向上しており、実用上は不満がないと思われる。

車内フロア形状について、フロントが出ているコンテに、リアが出ているラパン、前後とも低く抑えたライフと異なるし、リアシートやラゲッジの使い勝手についても、それぞれ得意とする部分が異なるので、たんに広さだけでなく、自分にとってどれが適するかを検討して選ぶべき。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ ライフ の関連記事

ホンダ ライフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • ホンダ 新型ライフ/ライフDIVA 試乗レポート

    試乗レポート

    ホンダ 新型ライフ/ライフDIVA 試乗レポート

    見た目が大きく変わった新型ライフとライフDIVAを試乗チェック!先日、マイナーチェンジされたライフの新色「アクアトパーズ・メタリック」のGス....

  • ホンダ ライフがビックマイナーチェンジ!

    特別企画

    ホンダ ライフがビックマイナーチェンジ!

    ライフがビックマイナー!新デザイン採用に上質さもUP!!日常の足としての根強いニーズはもちろん、このところのエコ意識の高まりから、ダウンサイ....

  • 注目の最新軽自動車 徹底比較

    3台比較

    注目の最新軽自動車 徹底比較

    今回は、昨年12月に登場したスズキ アルト、ダイハツ タントエグゼ(カスタム)と、昨年秋に一部改良を実施したホンダ ライフという、最近新たな....

ホンダ ライフ の関連記事をもっと見る

ホンダ ライフ の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/13~2017/12/13

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円