autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 2シリーズアクティブツアラー/Bクラス/C4ピカソを徹底比較 ~欧州ブランドの最新スペースハッチバック~ 2ページ目

3台比較 2015/3/20 16:57

2シリーズアクティブツアラー/Bクラス/C4ピカソを徹底比較 ~欧州ブランドの最新スペースハッチバック~(2/4)

2シリーズアクティブツアラー/Bクラス/C4ピカソを徹底比較 ~欧州ブランドの最新スペースハッチバック~

空間効率を高めながら、BMWのブランドをフロントマスクで表現

BMW 2シリーズアクティブツアラー 218i ラグジュアリー ボディカラー:プラチナ・シルバーBMW 2シリーズアクティブツアラー 218i ラグジュアリー ボディカラー:プラチナ・シルバー

今のBMW 2シリーズはややこしい。2シリーズのクーペは、1シリーズのプラットフォームを使った2ドアクーペで、後輪駆動(FR)を採用する。

しかし今回取り上げるアクティブツアラーは、同じ2シリーズでもプラットフォームはBMWミニと共通となるため前輪駆動(FF)になる。”2シリーズ”だから、ボディが小さいことは共通だが、クルマの成り立ちはまったく違う。

ボディサイズは、全長が4,350mm、全幅は1,800mm。全長は日本車でいえば「トヨタ カローラフィールダー」と同程度だが、全幅はBMW 3シリーズと同じ数値になる。なので取りまわし性が良好とはいえない。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2,670mmで、最小回転半径は5.5mだから、全長が4,400mm以下の車種では少し大回りになる。

注目されるのは全高で、背が高いものの1,550mmに抑えた。日本では全高が1,550mmを超えると立体駐車場が利用しにくくなることもあり、ミニバンの「ホンダ ジェイド」、SUVの「マツダ CX-3」、「スバル XV」なども全高を1,550mm以下としている。

2シリーズアクティブツアラーは背の高いミドルサイズハッチバックという感じで、外観を後方、あるいは横方向から見ると、ボンネットが短いこともあり、BMWらしさは乏しい。L字型に切れ上がったテールランプなどは、メルセデス・ベンツにも似ている。その代わりフロントマスクでは、BMWであることを明確に表現した。

エンジンは直列3気筒の1.5リッターと直列4気筒の2リッターが用意され、どちらもターボを装着している。1.5リッターのターボは、ノーマルエンジンでいえば2.3リッター、2リッターのターボは3.5リッタークラスの動力性能を発揮する。

試乗車には、1.5リッターターボの「218iアクティブツアラー ラグジュアリー」(381万円)を選んだ。

BMW 2シリーズアクティブツアラーの画像ギャラリーはこちら(エクステリア)

BMW 2シリーズアクティブツアラー 218i ラグジュアリー ボディカラー:プラチナ・シルバーBMW 2シリーズアクティブツアラー 218i ラグジュアリー ボディカラー:プラチナ・シルバーBMW 2シリーズアクティブツアラー 218i ラグジュアリー ボディカラー:プラチナ・シルバーBMW 2シリーズアクティブツアラー 218i ラグジュアリー ボディカラー:プラチナ・シルバーBMW 2シリーズアクティブツアラー 218i ラグジュアリー ボディカラー:プラチナ・シルバー

Aクラスよりもひとまわり大きなボディで後席と荷室を拡大

メルセデス・ベンツ Bクラス B180 ボディカラー:マウンテングレーメルセデス・ベンツ Bクラス B180 ボディカラー:マウンテングレー

コンパクトなメルセデス・ベンツとしてはAクラスがポピュラーだが、Bクラスはそれよりボディがひとまわり大きい。ホイールベースは2,700mmでAクラスと共通だが、全長は110mm伸びて4,400mmになる。全幅は1,785mmだからわずか5mmの違いだが、全高は110mm高い1,545mmとなった。全長を伸ばし、天井を高くしたことで、後席の足元空間と荷室の容量を拡大させている。

全高は1,545mmで、BMW 2シリーズのアクティブツアラーと同様に、背を高めながらも立体駐車場を使いやすい。

外観の印象はメルセデス・ベンツ Aクラスに似ているが、天井を持ち上げてリアゲートを直立させたことにより、スペース重視の印象が強くなった。ボンネットを前方に向けて下降させた形状は、ミニバンなどに見られるワンモーションフォルムに近い。そのために従来のメルセデス・ベンツとは、イメージが違って感じられる。

一方、フロントマスクでは、メルセデス・ベンツらしさを分かりやすく表現した。フロントグリルの中央には、メルセデス・ベンツの大きなエンブレムが装着されて存在感が強い。

メルセデス・ベンツの伝統に当てはめれば、グリルの本流は、ボンネットの先端に小さなエンブレムを立てるタイプだ。グリルの中に大きなエンブレムを収めるのは、以前はスポーティークーペに限られた。それが今では、小さなエンブレムを立てるのはSクラスくらい。大半がグリルに内蔵したアバンギャルドマスクで、Bクラスも全グレードがこの形状になる。

用意されるエンジンは直列4気筒の1.6リッターと2リッターで、両方ともにターボを装着した。試乗車にはベーシックな1.6リッターの「B180」(307万円)を選んだ。動力性能はノーマルエンジンでいえば2リッタークラスになる。

メルセデス・ベンツ Bクラスの画像ギャラリーはこちら(エクステリア)

メルセデス・ベンツ Bクラス B180 ボディカラー:マウンテングレーメルセデス・ベンツ Bクラス B180 ボディカラー:マウンテングレーメルセデス・ベンツ Bクラス B180 ボディカラー:マウンテングレーメルセデス・ベンツ Bクラス B180 ボディカラー:マウンテングレーメルセデス・ベンツ Bクラス B180 ボディカラー:マウンテングレー

シトロエンらしい独特のフロントマスクとボディスタイル

シトロエン C4ピカソ エクスクルーシブ ボディカラー:ルージュ ルビシトロエン C4ピカソ エクスクルーシブ ボディカラー:ルージュ ルビ

シトロエンのミドルサイズハッチバックの「C4」をベースに、室内をさらに広げたのがC4ピカソと考えれば良い。

C4ピカソの全長は4,430mmで、C4よりも100mm長いが、日本車ならば「マツダ アクセラスポーツ」や「スバル インプレッサスポーツ」と同程度になる。しかし全幅は1,825mmとワイドで、全高も1,630mmに達した。なので外観にはボリューム感があり、かなり大柄に見える。ホイールベースも2,780mmで、全長の割に長い。4輪がボディの四隅に踏ん張り、視覚的な安定感が高まった。

フロントマスクは独特のデザインで、薄型のLEDランプとディスチャージヘッドランプが上下に装着される。シトロエンにはもともと個性的なデザインが多いが、C4ピカソも目を引くスタイルとなった。

ちなみにC4ピカソは2列シート5人乗りだが、荷室にコンパクトな3列目のシートを備える7人乗りの「グランドC4ピカソ」も用意される。このタイプは全長が4,600mm、ホイールベースは2,840mmと長く、「マツダ プレマシー」、「日産 ラフェスタハイウェイスター」などと同等となる。

話をC4ピカソに戻すと、最小回転半径は5.4m。全幅は1,800mmを上まわり、ボンネットの見えない外観デザインと相まって、取りまわし性はあまり良くない。購入するなら、狭い道を通ったり縦列駐車などを試したい。

用意されるエンジンは、C4ピカソ、C4グランドピカソともに1種類。直列4気筒1.6リッターのターボで、動力性能は2.5リッターのノーマルエンジン並みだ。C4ピカソが用意するグレードは、エクスクルーシブ(364万1,000円)だけになる。

シトロエン C4ピカソの画像ギャラリーはこちら(エクステリア)

シトロエン C4ピカソ エクスクルーシブ ボディカラー:ルージュ ルビシトロエン C4ピカソ エクスクルーシブ ボディカラー:ルージュ ルビシトロエン C4ピカソ エクスクルーシブ ボディカラー:ルージュ ルビシトロエン C4ピカソ エクスクルーシブ ボディカラー:ルージュ ルビシトロエン C4ピカソ エクスクルーシブ ボディカラー:ルージュ ルビ

デザイン・スペックの総評

3車種に共通するのは、空間効率を重視したことだ。ホイールベースは全長の割に長く、全高も高めに設定して室内空間を広げた。

一方、フロントマスクには各ブランドの持ち味が表現され、遠方から見ただけでメーカーが分かる。

全高の数値は、シトロエン C4ピカソは1,630mmに達するから立体駐車場を利用しにくいが、BMW 2シリーズアクティブツアラーとメルセデス・ベンツ Bクラスは1,550mm以下に抑えた。

そのためにこの2車は立体駐車場を使いやすいが、最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)には注意したい。メルセデス・ベンツ Bクラスは105mmにとどまる。全高を下げたために最低地上高も下がり、路上のデコボコや駐車場の段差を乗り越えにくい。BMW 2シリーズアクティブツアラーの最低地上高は165mm、シトロエン C4ピカソは135mmだから一般的な数値になる。

エンジンは、試乗したすべての車種が1.5~1.6リッターのガソリンターボを搭載する。JC08モード燃費はBMW 218iアクティブツアラーが16.8km/L、メルセデス・ベンツ B180が16.7km/L、シトロエン C4ピカソは15.1km/Lだ。

つまり小排気量ターボの採用で、動力性能はノーマルエンジンでいえば2~2.5リッタークラス、燃費は1.8~2リッター並みになる。

BMW 2シリーズアクティブツアラー 関連ページ

メルセデス・ベンツ Bクラス 関連ページ

シトロエン C4ピカソ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW 2シリーズアクティブツアラー の関連記事

BMW 2シリーズアクティブツアラーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 2シリーズアクティブツアラー の関連記事をもっと見る

BMW 2シリーズアクティブツアラー の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25

  • BMW
    X3

    新車価格

    639万円710万円

  • BMW

    新車価格

    317万円618万円

  • BMW
    X1

    新車価格

    406万円614万円