autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 ムーヴカスタム/ワゴンRスティングレー/N-WGNカスタムを徹底比較 ~人気絶頂!軽自動車ハイトワゴン~ 4ページ目

3台比較 2015/2/23 11:57

ムーヴカスタム/ワゴンRスティングレー/N-WGNカスタムを徹底比較 ~人気絶頂!軽自動車ハイトワゴン~(4/4)

ムーヴカスタム/ワゴンRスティングレー/N-WGNカスタムを徹底比較 ~人気絶頂!軽自動車ハイトワゴン~

実用性と併せて走りと内装の質を重視したセダン感覚の軽自動車

ダイハツ ムーヴ カスタム RS ハイパー SA ボディカラー:ブラックマイカメタリックxファイアークォーツレッドメタリックダイハツ ムーヴ カスタム RS ハイパー SA ボディカラー:ブラックマイカメタリックxファイアークォーツレッドメタリック

ダイハツ ムーヴについては、ノーマルエンジンの動力性能にも触れておこう。先の項目で触れたように高回転指向。登坂路などでは加速力が緩慢に感じるが、ターボを搭載したカスタムRSハイパーSAなら、力不足を感じる場面はほとんどない。

そしてムーヴで最も注目されるのが走行安定性だ。前後の足まわりにボディの傾き方を制御するスタビライザーを備え、各部の剛性も高めたから、直進時、コーナリング時ともに安定している。後輪をしっかりと接地させた上で、自然に曲がる操舵感に仕上げた。

特に従来型との違いを感じるのは、コーナリング時に路面の段差を乗り越えた時だ。足まわりの負担が大きくなるが、ムーヴは突き上げ感を抑え、乗り越えた瞬間に進路を乱すこともない。

乗り心地は、15インチタイヤを履いたカスタムRSハイパーSAの場合、少し硬く感じる。走行安定性を高めた結果でもあるが、重厚感が伴うので粗い印象はない。

このようにムーヴは、走行安定性と乗り心地のバランス、内装の質に重点を置く。表現を変えれば、従来の軽自動車が持っていた欠点をかなり払拭させている。

ダイハツの場合、実用的な軽自動車としてはタントの人気が高い。今ではウェイクも加わり、実用性を重視するユーザーはこの2車を選ぶ。となればムーヴの位置付けが難しく、実用性と併せて質感を高めた経緯がある。

なのでタントとウェイクがミニバン的な軽自動車とすれば、ムーヴはセダンに相当する。この特徴を明確に表現したのが、カスタムRSハイパーSAだ。

■ダイハツ ムーヴカスタムの画像ギャラリーはこちら(走行シーン)

ボディが軽くノーマルエンジン車でも余裕がある

スズキ ワゴンR スティングレー X ボディカラー:フェニックスレッドパールスズキ ワゴンR スティングレー X ボディカラー:フェニックスレッドパール

スズキ ワゴンRの特徴は、ライバル2車に比べてボディが軽いこと。加えてノーマルエンジンも実用回転域の駆動力に余裕があるから、力不足を感じにくい。

今回乗したのはターボを装着しないスティングレーXだから、Sエネチャージを装着しており、アイドリングストップ後の再始動をISGが行う。ベルトを介してエンジンを回すため、ギアが噛み合うセルモーターに比べてノイズが小さい。アイドリングストップの静粛性は抜群で、エンジンの停止と再始動を繰り返しても煩わしさを感じない。

ターボのスティングレーTにはISGが備わらないが、動力性能は高い。登坂路を含めて、アクセルペダルを深く踏み込む機会はほとんどないだろう。

走行安定性は、スタビライザーの装着と相まって良好だ。コーナリングの最中に段差を乗り越えたりすると、若干ではあるが進路を乱されやすい。操舵感も段差を乗り越えた瞬間にわずかに曖昧になるが、軽自動車の平均水準には収まる。

乗り心地は快適な部類に入る。標準ボディに比べると、スタビライザーの装着で走行安定性が高まり、足まわりを乗り心地を重視した仕様に変更したからだ。要は乗り心地と走行安定性がバランス良く向上した。

今のスズキ ワゴンRは内外装の質感を高めたが、基本的には実用指向が強い。後席のアレンジや荷室の使い勝手は多彩で、設計の新しいライバル車をもリードしている。軽自動車の定番モデルだから、スズキ スペーシアに顧客を奪われることもない。それだけにサイド&カーテンエアバッグの採用など、安全面を含めてさらに進化させて欲しい。

■スズキ ワゴンRスティングレーの画像ギャラリーはこちら(走行シーン)

馴染みやすい運転感覚と室内空間が特徴だ

ホンダ N-WGN カスタムG ターボパッケージ ボディカラー:プレミアムホワイト・パールホンダ N-WGN カスタムG ターボパッケージ ボディカラー:プレミアムホワイト・パール

ホンダ N-WGNのターボで注目されるのは、エンジンの扱いやすさだ。10.6kg-mの最大トルクを2,600回転で発生するため、軽自動車のローギヤードなATであれば、走行中は常にターボが効果を発揮する。巡航状態では2,000回転前後に下がることもあるが、アクセルを少しでも踏み増せば、CVT(無段変速AT)の働きで回転が上昇。ターボが効果を発揮する回転域に入る。

少し気になったのはハンドルに伝わる振動だ。エンジン回転が高まると違和感は薄れるが、低回転域では細かく震えている印象を受けた。

走行安定性は、コーナーでボディが大きめに傾く。挙動の変化が穏やかに進んで不安はないが、もう少し傾く角度を小さく抑えると良い。その代わり乗り心地はおおむね快適だ。若干上下に揺すられるが、足まわりをゆったりと動かしている。

N-WGNの特徴は後席の下に装着された大型トレイくらいだが、エンジン特性から内装まで、馴染みやすいカジュアルな雰囲気に仕上げた。その意味では、N-WGNの魅力はカスタムよりも標準ボディの方が分かりやすい。

ライバル車のダイハツ ムーヴは、絶大な人気を誇るタントとの違いを明確にする必要もあり、質感と走行性能に力を入れた。特にカスタムRSハイパーSAは、内外装のイルミネーションが豊富で雰囲気が艶っぽい。とりわけ夜間は目を引く。運転感覚では操舵に対する反応が正確で、走りの質は軽自動車のナンバーワンといって良いだろう。

スズキ ワゴンRは伝統の人気車ということで、売れ行きを保つために従来路線を踏襲せねばならない。変化を求められたダイハツ ムーヴとは対称的だ。だから今でも後席の広さ、荷室の機能、収納設備の数や使い勝手が重要になる。それでもSエネチャージで燃費を向上させ、アイドリングストップ後の再始動も静かになった。着実に進化している。

ボディサイズやエンジンの排気量は3車種とも同じだが、それぞれ明確な個性を持つ。互いに競い合って、商品力を向上させた。冒頭で述べた届け出台数の水増しをしなくても、この3車の評価は十分に高い。

■ホンダ N-WGNカスタムの画像ギャラリーはこちら(走行シーン)

ダイハツ ムーヴ 関連ページ

スズキ ワゴンR 関連ページ

ホンダ N-WGN 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ ムーヴ の関連記事

ダイハツ ムーヴの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ ムーヴ の関連記事をもっと見る

ダイハツ ムーヴ の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/5/29~2017/6/29