autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 ムーヴカスタム/ワゴンRスティングレー/N-WGNカスタムを徹底比較 ~人気絶頂!軽自動車ハイトワゴン~ 3ページ目

3台比較 2015/2/23 11:57

ムーヴカスタム/ワゴンRスティングレー/N-WGNカスタムを徹底比較 ~人気絶頂!軽自動車ハイトワゴン~(3/4)

ムーヴカスタム/ワゴンRスティングレー/N-WGNカスタムを徹底比較 ~人気絶頂!軽自動車ハイトワゴン~

内装は上質で衝突回避の支援機能は後退時にも作動する

ダイハツ ムーヴ カスタム RS ハイパー SA ボディカラー:ブラックマイカメタリックxファイアークォーツレッドメタリックダイハツ ムーヴ カスタム RS ハイパー SA ボディカラー:ブラックマイカメタリックxファイアークォーツレッドメタリック

ライバル同士の競争が激しい商品では、設計が新しいほど質が高くなる。競争相手を見ながら開発を行い、優位に立とうとするからだ。すべての軽自動車に当てはまる話だが、ダイハツ ムーヴも現行型で内装の質を高めた。

特にカスタムは光沢のあるパーツの使い方が巧みだ。メーターは自発光式で、見栄えと視認性が良い。

前席は座面を適度に沈ませて体を支える。背もたれは腰を包む形状で、着座姿勢の収まりも良い。サイズにも余裕があり、背もたれの高さは先代型に比べて50mm拡大した。

後席は頭上と足元が広い。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る同乗者の膝先空間は握りコブシ3つ分だ。ホンダ フィットの2つ半を上まわり、トヨタ センチュリーと同等だから、前後方向の余裕は申し分ない。

ただし後席の座り心地はいま一歩。座面の柔軟性が少し乏しく、床と座面の間隔も不足している。なので足を投げ出す座り方になりやすい。座面に柔軟性を持たせ、前方を少し持ち上げると大腿部のサポート性が向上する。

後席のアレンジは、現行型では前後スライドの機能が左右分割式になった。その代わり、背もたれの前倒しに連動して座面を下降させる機能は省かれた。そのため広げた荷室の床に段差ができる。

安全装備では、横滑り防止装置を全車に装着した。グレード名に「SA」の付くタイプは、衝突の回避を支援するスマートアシストも備える。前方は赤外線レーザーが担当し、時速30km以下で走行中に衝突の危険を検知すると、自動的に緊急ブレーキを作動させる。

後方には音波センサーを装着。停止、あるいは時速10km以下で後退している時、障害物に向けてアクセルペダルを深く踏み込んだりすると、駆動力を絞る。そしてSAの付くグレードでは、サイド&カーテンエアバッグを6万4,800円でオプション設定した。

■ダイハツ ムーヴカスタムの画像ギャラリーはこちら(インテリア)

ダイハツ ムーヴ カスタム RS ハイパー SA ボディカラー:ブラックマイカメタリックxファイアークォーツレッドメタリックダイハツ ムーヴ カスタム RS ハイパー SA ボディカラー:ブラックマイカメタリックxファイアークォーツレッドメタリックダイハツ ムーヴ カスタム RS ハイパー SA ボディカラー:ブラックマイカメタリックxファイアークォーツレッドメタリックダイハツ ムーヴ カスタム RS ハイパー SA ボディカラー:ブラックマイカメタリックxファイアークォーツレッドメタリックダイハツ ムーヴ カスタム RS ハイパー SA ボディカラー:ブラックマイカメタリックxファイアークォーツレッドメタリック

基本的には実用指向だが現行型になって質感も高めた

スズキ ワゴンR スティングレー X ボディカラー:フェニックスレッドパールスズキ ワゴンR スティングレー X ボディカラー:フェニックスレッドパール

スズキ ワゴンRは生活のツールとして開発されている。なので従来型は実用重視でデザインされることが多かったが、現行型はインパネなどの質感を高めた。

特にスティングレーはブラックで仕上げ、スポーティーな雰囲気を感じる。登場してから2年以上を経過して、新鮮味は薄れたが、見栄えに不満はない。

前席はほかの車種と同等、座面のサイズに余裕があり、座り心地もしなやかだ。

後席の広さはダイハツ ムーヴとほぼ同じ。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る同乗者の膝先には、握りコブシ3つ分の余裕がある。頭上も同様で、握りコブシ1つ少々の空間を持たせた。

座り心地はおおむね快適だ。前席ほどではないが座面に柔軟性があり、大腿部のサポート性も良い。大人4名の乗車にも適する。

シートアレンジも多彩。後席のスライド機能は左右独立式で、背もたれを前に倒すと連動して座面も下がり、フラットで広い荷室に変更できる。

フタの付いた収納設備も豊富だ。助手席の前には、上からアッパーボックス/トレイ/グローブボックスが並ぶ。助手席の座面の下にも大容量のボックスが備わり、ハンドルが付いているので車外にも持ち出せる。

安全装備は、時速30km以下で作動する赤外線レーザーを使った衝突回避の支援機能を、XとTの両グレードに標準装着した。ボディの傾き方を抑制するフロントスタビライザーも、スティングレーには装着されている。

今後は標準ボディにもスタビライザーを付けて欲しい。というのもスタビライザーを装着すると、走行安定性が底上げされ、足まわりをよりも柔らかくできるからだ。走りと乗り心地の両方に効果があるので、全車に装着すると良い。またサイド&カーテンエアバッグも用意して欲しい。

■スズキ ワゴンRスティングレーの画像ギャラリーはこちら(インテリア)

スズキ ワゴンR スティングレー X ボディカラー:フェニックスレッドパールスズキ ワゴンR スティングレー X ボディカラー:フェニックスレッドパールスズキ ワゴンR スティングレー X ボディカラー:フェニックスレッドパールスズキ ワゴンR スティングレー X ボディカラー:フェニックスレッドパールスズキ ワゴンR スティングレー X ボディカラー:フェニックスレッドパール

後席の下側に装着されたトレイなど個性的な装備が多い

ホンダ N-WGN カスタムG ターボパッケージ ボディカラー:プレミアムホワイト・パールホンダ N-WGN カスタムG ターボパッケージ ボディカラー:プレミアムホワイト・パール

インパネの周辺は比較的シンプル。フタの付いた収納ボックスは少なく、トレイが目立つ。カップホルダーも引き出し式ではなく、エアコン吹き出し口の手前に固定した。

特徴的なのは、エアコンのスイッチを高い位置に装着したこと。やや左側に寄っているが操作性は良い。

ATレバーとエアコンスイッチの下にはトレイが備わり小物入れになる上に、手前にも引き出せる。この状態では小さなテーブルのようになり、例えばハンバーガーとドリンクなどを置ける。

そしてN-WGNのセールスポイントが、後席の下に装着された横長のトレイだ。幅は990mm、奥行は最大で330mm、傘や靴を収納できる容量を確保した。N-WGNを含めたNシリーズは、ホンダ フィットと同じように燃料タンクを前席の下に搭載するため、後席の下に空間ができて大型トレイを設置することが可能になった。

その代わり、ホンダ N-BOXなどと違って、後席の座面を持ち上げて車内の中央に背の高い荷物を積む機能はない。後席を格納する時も、背もたれを単純に前へ倒すだけだ。スズキ ワゴンRなどと違って座面は下降しないため、広げた荷室の床に段差ができる。

居住性は、前席は快適。背もたれは肩まわりまでしっかりとサポートして、座面も適度に柔軟に仕上げた。シートの生地はプライムスムース&ジャージ。肌触りが良いだけでなく滑りにくいため、着座姿勢も安定させられる。

後席のサイズは十分だが、下側にトレイを装着したことも影響したのか、座面の柔軟性はいま一歩。それでも足元空間はライバル2車を上まわる。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る同乗者の膝先空間は握りコブシ3つ半となった。長いホイールベースによって、居住空間を広げている。

安全装備では、あんしんパッケージを装着した。時速30km以下で作動する衝突回避の支援機能と、サイド&カーテンエアバッグがセットになっている。

■ホンダ N-WGNカスタムの画像ギャラリーはこちら(インテリア)

ホンダ N-WGN カスタムG ターボパッケージ ボディカラー:プレミアムホワイト・パールホンダ N-WGN カスタムG ターボパッケージ ボディカラー:プレミアムホワイト・パールホンダ N-WGN カスタムG ターボパッケージ ボディカラー:プレミアムホワイト・パールホンダ N-WGN カスタムG ターボパッケージ ボディカラー:プレミアムホワイト・パールホンダ N-WGN カスタムG ターボパッケージ ボディカラー:プレミアムホワイト・パール

内装・装備の総評

今の軽自動車では、全高が1,700mmを上まわるスライドドアを備えた車種が注目される。しかしファミリーカーとして使うなら、今回取り上げた3車種で十分だ。全高は1,600~1,700mmに収まり、大人4名が快適に乗車できる。特に後席の足元空間は、Lサイズセダンと同等かそれ以上に広い。

なのでまずはムーヴ/ワゴンR/N-WGNを検討し、居住空間や荷室の広さに不満を感じたら、もっと背が高いタント/スペーシア/N-BOXをチェックすると良いだろう。

車種によって機能に差が付くのは、後席の座り心地とシートアレンジだ。ワゴンRの後席は、ムーヴとN-BOXに比べて座面に柔軟性がある。背もたれを倒すと座面も下がってフラットな荷室になり、スライド機能は左右独立式。基本的なレイアウトを押さえた。

ムーヴは後席のスライドを左右独立式にしたが、背もたれを倒して座面が下降する機能は備わっていない。

N-WGNは後席のスライドが左右一体型。座面が下降する機能もないが、後席の下に大容量のトレイを装着した。燃料タンクを前席の下に設置する特徴を生かし、ライバル2車とは違う装備を与えた。

なお、自動ブレーキを作動できる衝突回避の支援機能は、3車種とも装着可能だ。ただし赤外線レーザー方式だから、作動速度は時速30km以下に限られる。市街地向けだが、価格差は実質2~3万円プラス相当に抑えた。

今回取り上げた3車は横滑り防止装置も標準装着するが、サイド&カーテンエアバッグは設定が分かれ、ワゴンRは上級シリーズのスティングレーでも付けられない。

ダイハツ ムーヴ 関連ページ

スズキ ワゴンR 関連ページ

ホンダ N-WGN 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ ムーヴ の関連記事

ダイハツ ムーヴの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ ムーヴ の関連記事をもっと見る

ダイハツ ムーヴ の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/24~2017/10/24