autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 ウェイク/ハスラー/N-BOXカスタムを徹底比較 ~遊び心あふれる軽ハイトワゴン~ 4ページ目

3台比較 2014/12/19 11:35

ウェイク/ハスラー/N-BOXカスタムを徹底比較 ~遊び心あふれる軽ハイトワゴン~(4/4)

ウェイク/ハスラー/N-BOXカスタムを徹底比較 ~遊び心あふれる軽ハイトワゴン~

ボディは重いがターボなら力不足を感じない

ダイハツ ウェイク G SA ボディカラー:フェスタイエローダイハツ ウェイク G SA ボディカラー:フェスタイエロー

ウェイクの車両重量は、ノーマルエンジンを積んだ「L SA」が1000kg。1.3リッタークラスのコンパクトカーと同等の重さだが、排気量は約半分と小さい。そのためノーマルエンジン車では、登坂路やバイパスなどで動力性能が不足しやすく、ターボが有効に働く。

試乗した「G SA」は、ターボの装着によって最大トルクが9.4kg-m。ノーマルエンジンの155%に達する。しかも実用域の3200回転で発揮されるため、1リッタークラスのエンジンを積んでいる感覚で運転できた。パワフルではないが、力不足を感じない。

気になるのは走行安定性だろう。軽乗用車では最も背が高く、全高は1800mmを超えるから、ウェイクを正面から見ると不安定な感じを受ける。

しかし運転すると、違和感はさほど強くない。走行安定性を確保するために、操舵に対する反応は鈍めだが、タントに比べると車両の向きが自然に変わる印象だ。

そして旋回中に、ハンドルをさらに切り増しながらアクセルペダルを戻すような操作をしても、ボディが過度に傾くことはない。高重心だがバランス良く仕上げた。

乗り心地は、走行安定性を考えて少し硬い。14インチタイヤは、「G SA」が装着する15インチに比べて柔らかいが、やや粗っぽさを伴う。15インチは、14インチよりも硬めだが重厚だ。乗り心地は好みでも良し悪しが変わるだろう。

ウェイクは軽乗用車では最大級の室内空間を備え、撥水加工された荷室などによって遊びのツールとしても使いやすい。価格や燃費はタント、あるいはハスラーの方が安いので、ウェイクは天井の高い車内をフルに活用できるユーザーに向く。タント、ハスラー、ムーヴなども検討した上で購入の判断をしたい。

基本的な機能は実用指向のワゴンRだがSUVの楽しさも味わえる

スズキ ハスラー Xターボ 4WD ボディカラー:サマーブルーメタリック ホワイト2トーンルーフスズキ ハスラー Xターボ 4WD ボディカラー:サマーブルーメタリック ホワイト2トーンルーフ

ハスラーは先に述べたようにワゴンRの着せ替え的なモデルだ。スライドドアは装着されず、全高も1665mmとライバル2車より低いから、4WDのXターボでも車両重量は870kg。2WDのノーマルエンジン仕様なら800kg以下に収まる。

比較的ボディが軽いので、動力性能にも余裕があり、特にターボは軽自動車としてはパワフルだ。2500回転付近から十分な駆動力が発揮される。ターボのクセは感じるが、扱いにくいということはない。

操舵に対する反応は、背の高い軽自動車では機敏な部類。これはハスラーというより、スズキの軽乗用車全般に当てはまる傾向だ。ハスラーでは、以前のスズキ車に比べると操舵感が穏やかな方向にアレンジされたが、ダイハツ車やホンダ車に比べると依然として切れが良い。

そのために相対的に後輪の接地性が低めに感じる場面はあるが、不安が生じることはない。

注意したいのは乗り心地だ。タイヤは転がり抵抗を抑えたダンロップエナセーブEC300で、指定空気圧は250kPaと高めになる。路面の突起を乗り越えた時など、振動をドタバタと直接的に伝えやすい。

その代わりXターボのJC08モード燃費は、前輪駆動の2WDが26.8km/L、4WDでも25km/Lだ。ウェイク「G SA(ターボ)」は2WDが23.8km/L、4WDが23.2km/L。N-BOXカスタムGターボAパッケージは2WDが21.6km/L、4WDが20.6km/Lだから、ハスラーは軽いボディを生かしてターボの燃費にも力を入れたことが分かる。

この考え方はベースのワゴンRに近い。居住性、積載性、走行性能、燃費、さらに価格の割安感までバランスの良さを重視して開発され、デザイン面と悪路の使い勝手にSUVの機能を盛り込んだ。機能面で目新しさはないが、ワゴンRとジムニーの「イイトコ取り」的なモデル。だから幅広いユーザーに適するが、操舵感と乗り心地は、少しクセが強いために試乗して確認したい。

実用回転域の駆動力が高いターボと広い荷室が魅力

ホンダ N-BOX カスタムG ターボAパッケージ ボディカラー:2トーンカラースタイル(レッド&ブラック)ホンダ N-BOX カスタムG ターボAパッケージ ボディカラー:2トーンカラースタイル(レッド&ブラック)

N-BOXカスタムが搭載するターボは、最大トルクが10.6kg-mで、3車の中では最も強力だ(最高出力は全車が64馬力に自主規制される)。しかも2600回転で発生するため、走行中は常にターボが作動している。

この特徴を端的に表すように、N-BOXカスタムのターボは、発進時から唐突に動力性能が高まるタイプ。アクセル操作に気を使うが、運転感覚は力強い。

走行安定性は、後輪の接地性を高めることに重点を置いたため、カーブでは旋回軌跡を拡大させる傾向が強い。それでもN-BOXカスタムGターボAパッケージは、15インチタイヤを装着していることで、14インチを履いたほかのグレードよりは自然な印象だ。後輪が安定して直進性が良いため、背の高い軽自動車の中では、ペースの速い郊外路などの走行に適する。

乗り心地は硬めだが、タイヤの指定空気圧は前輪が200kPa、後輪が180kPaと低めに抑えた。乗員に直接的なショックが伝わりにくく、背の高い軽自動車では快適な部類に入る。

実用面では後席にスライド機能を装着しない点はネックだが、前席の下に燃料タンクを設置したことで荷室の床が低く、大きな荷物を積みやすい。後席の足元も広いから、「大勢乗せてたくさん積む」使い方にピッタリだ。

ウェイクは広い荷室に撥水処理なども施し、車内を遊びのベースとして使いたいユーザーに適する。

そしてハスラーは、車内の広さと積載量はライバル2車に劣り、スライドドアも付かないが、価格と燃料代が安い。なおかつSUV色も強いから、「背の高い実用的な軽自動車をもっと楽しみたい」と考えるユーザーに向いている。

背の高い軽自動車は車種が増えて個性化も進み、標準タイプ、エアロの上級タイプ、ハスラーのようなSUVタイプと、指向性が分かれてきた。今後もいろいろな車種が登場して、軽自動車はますます楽しくなるだろう。

ダイハツ ウェイク 関連ページ

スズキ ハスラー 関連ページ

ホンダ N-BOX 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ ウェイク の関連記事

ダイハツ ウェイクの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ ウェイク の関連記事をもっと見る

ダイハツ ウェイク の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/5/29~2017/6/29