autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 デミオ/アクア/フィットを徹底比較 ~ディーゼル vs ハイブリッドの3大コンパクトを検証~ 4ページ目

3台比較 2014/10/22 19:32

デミオ/アクア/フィットを徹底比較 ~ディーゼル vs ハイブリッドの3大コンパクトを検証~(4/4)

デミオ/アクア/フィットを徹底比較 ~ディーゼル vs ハイブリッドの3大コンパクトを検証~

ディーゼルは実用回転域の駆動力が高く、乗り心地と安定性のバランスも上質だ

マツダ デミオ 1.5 XD ツーリング Lパッケージ ディーゼルターボ ボディカラー:スノーフレイクホワイトパールマイカマツダ デミオ 1.5 XD ツーリング Lパッケージ ディーゼルターボ ボディカラー:スノーフレイクホワイトパールマイカ

デミオが搭載する1.5リッターのクリーンディーゼルターボは、2.5リッターのガソリンエンジンに匹敵する25.5kg-mの最大トルクを1500~2500回転で発揮する(6速AT仕様)。1400回転未満では駆動力が低下するが、6速AT仕様では、発進直後の一瞬を除くとこの回転域は使われない。なので常に余裕のある駆動力が得られる。

ディーゼルエンジンのクルマを運転した経験があれば、「静かで吹き上がりも良い」と感じるだろう。しかしガソリンエンジンしか知らないと、評価が変わるかも知れない。ガソリンに比べればノイズが大きく、高回転域の吹き上がりも鈍いからだ。それでも動力性能と燃料代のバランスを考えると効率は高い。

走行安定性は高い水準に達している。ディーゼルのXDは、ガソリンに比べてボディの前側が100kg以上重いために軽快感は乏しいが、後輪の接地性は高い。そして後輪を踏ん張らせた上で、少し前傾姿勢を取りながら、自然に回り込む操舵感に仕上げた。このあたりはアクセラに似た造り込みで、欧州車風でもある。小さな舵角から車両が正確に反応することも特徴だ。

そしてデミオは乗り心地が快適。XDツーリング Lパッケージの16インチタイヤは、XDの15インチよりは硬めだが、グリップ性能が高く重厚感も伴う。コンパクトカーとしては路上の細かなデコボコを伝えにくい。

走りの質も高く、他車との違いは旋回中に段差を乗り越えた時に分かる。ほかのコンパクトカーでは、旋回によって沈んだ足まわりが段差によるショックを吸収し切れず、突き上げ感が生じて進行方向も乱されやすい。デミオはこの不快な挙動をかなり抑え込んだ。

デミオは後席が狭く、乗降性も良くないからファミリー向けではないが、ドライバーの満足度は高い。価格も割安で、1.3リッターのガソリンエンジンとの差額は、装備の違いを補正すると実質25万円くらいだ。XDツーリング Lパッケージの価格は約200万円だが、衝突回避の支援機能やマツダコネクトのモニター画面、アルミホイールなど、各種の装備を充実させている。

ダイレクト感のある走りは低燃費でありながらスポーティー

トヨタ アクア 1.5 G ブラックソフトレザーセレクション ボディカラー:ディープアメジストマイカメタリックトヨタ アクア 1.5 G ブラックソフトレザーセレクション ボディカラー:ディープアメジストマイカメタリック

1.5リッターのハイブリッドを搭載し、エンジンとモーターの駆動力を合計したトヨタ アクアのシステム最高出力は100馬力になる。数値は平凡だが、モーターは瞬発力が高いため、巡航中にアクセルペダルを踏み増した時の感覚は1.6~1.8リッター並みだ。車両重量は1080kgと軽く、動力性能に余裕を感じる。高回転域になるとノイズが耳障りだが、実用回転域の駆動力が高いので、実用面で不満はない。

走行安定性は、全高が1445mmと低いこともあって良好だ。後輪の安定性を重視したからスポーティーに走れば少し曲がりにくく、デミオとの考え方の違いを感じるが、危険回避の能力などは十分。操舵感は適度に機敏でダイレクトだから、街中を走る時も相応に楽しめる。

乗り心地は硬めだが、コンパクトカーとしては重厚感が伴う。以前の粗っぽさは改善され、エンジンの再始動が騒々しく感じることもない。マイナーチェンジでの改良だから抜本的に快適になったわけではないが、違和感はかなり払拭された。

ハイブリッド専用車のアクアには「抜群の低燃費車」というイメージがある。そのために余裕のある動力性能と軽快な操舵感が意外に感じられて評価を高めた面もあるが、この魅力もそろそろ薄れてきた。2011年にアクアが登場した後、フィットハイブリッド、さらにデミオとライバル車のフルモデルチェンジが続き、ハードルが大幅に高まったからだ。今後、内装の造りと乗り心地をさらに向上させると、ライバル2車に対するメリットにもなるだろう。

人気のジャンルは好調な販売を見込める代わりに競争も激しい。機能の優れた割安なクルマも、有力なライバル車の一新が続くと評価が変わってしまう。

動力性能から燃費、居住性までバランス良く高めたコンパクトカーの優等生

ホンダ フィット 1.5 ハイブリッド Lパッケージ ボディカラー:ビビッドスカイブルー・パールホンダ フィット 1.5 ハイブリッド Lパッケージ ボディカラー:ビビッドスカイブルー・パール

フィットハイブリッドの動力性能は、エンジンとモーターの駆動力を合計したシステム最高出力が137馬力。ATが2組のクラッチを使った7速の有段式になることもあり、加速力に余裕を感じる。

時速30~40kmで走行中に速度を細かく増減させると、車両の前後方向の動きが不規則になる面も見受けられるが、以前に比べると改善された。

操舵感は、デミオXDやアクアに比べると機敏な印象で、車両の向きが活発に変わる。良く曲がるタイプで、後輪の安定性が相対的に少し下がるが、不安を感じるほどではない。キビキビと走りたいユーザーには受けるだろう。

乗り心地はやや粗く、底が浅い印象を受けた。現在のアクアに近い水準で、デミオと比べれば重厚感で見劣りする。足まわりの動きが、もう少しどっしりした感覚になると良い。

なので乗り心地と走行安定性は平均水準だが、先に触れたように後席の居住性と荷室の機能はライバル2車を大幅に上まわる。コンパクトカーでは実用性が高く、ハイブリッドになると動力性能と燃費性能も向上する。

となればフィットは、4名で乗車したり、荷物を積む機会の多いファミリーユーザーにピッタリ。ハイブリッドの動力性能と低燃費は、長距離を移動する機会の多い使い方に適する。

そしてデミオXDは、後席や荷室を使う機会の少ないパーソナル指向のユーザーに推奨したい。運転感覚が上質なので、クルマ好きのユーザーにも受ける。

アクアは質感や乗り心地に設計の古さを感じるが、ハイブリッド専用車であることが魅力。モーターの駆動力にも余裕があるため「本格的なハイブリッド車を求めやすい価格で手に入れたい」と考えるユーザーにもピッタリだ。

コンパクトカーのハイブリッドやクリーンディーゼルは、「エコカー」とひとくくりに表現されることが多いが、新型デミオの登場もあって、いろいろなタイプを選べるようになった。

マツダ デミオ 関連ページ

トヨタ アクア 関連ページ

ホンダ フィット 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ デミオ の関連記事

マツダ デミオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ デミオ の関連記事をもっと見る

マツダ デミオ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/17~2017/10/17