autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 デミオ/アクア/フィットを徹底比較 ~ディーゼル vs ハイブリッドの3大コンパクトを検証~ 2ページ目

3台比較 2014/10/22 19:32

デミオ/アクア/フィットを徹底比較 ~ディーゼル vs ハイブリッドの3大コンパクトを検証~(2/4)

デミオ/アクア/フィットを徹底比較 ~ディーゼル vs ハイブリッドの3大コンパクトを検証~

全長の拡大によってスポーティ感覚を強めクリーンディーゼルターボは高効率

マツダ デミオ 1.5 XD ツーリング Lパッケージ ディーゼルターボ ボディカラー:スノーフレイクホワイトパールマイカマツダ デミオ 1.5 XD ツーリング Lパッケージ ディーゼルターボ ボディカラー:スノーフレイクホワイトパールマイカ

デミオの外観は、マツダ車の特徴を明確に打ち出している。最も分かりやすいのはフロントマスクで、五角形のグリルと切れ長のヘッドランプは、アクセラやアテンザと共通性がある。フェンダーの部分にもボリューム感があり、スポーティな印象を強めた。

注目されるのは、外観に十分なボリュームを持たせながら、全幅を5ナンバーサイズの1695mmに抑えたこと。マツダの海外の販売拠点からは「全幅が1700mmを超えても良いではないか」という意見も多く聞かれたが、国内の売れ行きを重視して従来型と同じ5ナンバーサイズに収めた。

ちなみにスカイアクティブシャシー(プラットフォーム)も、現時点ではデミオ専用だ。アクセラ/アテンザ/CX-5もスカイアクティブシャシーを使うが、このタイプでは全幅の狭い5ナンバー車は造れない。そこで共通の考え方を持つコンパクトカー向けのプラットフォームを新開発した。

全長は4060mmで4mを超えている。先代型に比べるとホイールベース(前輪と後輪の間隔)が80mm拡大されて2570mmになり、ボンネットも伸ばされた。

ホイールベースと全長を拡大した理由は複数あるが、まずは運転姿勢の最適化だ。ホイールベースは前側に向けて伸ばされたので、ドライバーと前輪の間隔が拡大している。そのためにアクセルとブレーキペダルを右側へ20mm寄せるなど、適切な運転姿勢を取れるようになった。

試乗車のエンジンは前述のように1.5リッターのクリーンディーゼルターボ。動力性能はガソリンエンジンでいえば2.5リッターに匹敵する。XDツーリング LパッケージのJC08モード燃費は26.4km/Lで、燃料代は軽油の安さも手伝って軽自動車並みだ。効率はきわめて高い。

■マツダ デミオの画像ギャラリーはこちら(エクステリア)

マツダ デミオ 1.5 XD ツーリング Lパッケージ ディーゼルターボ ボディカラー:スノーフレイクホワイトパールマイカマツダ デミオ 1.5 XD ツーリング Lパッケージ ディーゼルターボ ボディカラー:スノーフレイクホワイトパールマイカマツダ デミオ 1.5 XD ツーリング Lパッケージ ディーゼルターボ ボディカラー:スノーフレイクホワイトパールマイカマツダ デミオ 1.5 XD ツーリング Lパッケージ ディーゼルターボ ボディカラー:スノーフレイクホワイトパールマイカマツダ デミオ 1.5 XD ツーリング Lパッケージ ディーゼルターボ

日本車で最高の燃費数値を達成した人気の高いハイブリッド専用車

トヨタ アクア 1.5 G ブラックソフトレザーセレクション ボディカラー:ディープアメジストマイカメタリックトヨタ アクア 1.5 G ブラックソフトレザーセレクション ボディカラー:ディープアメジストマイカメタリック

トヨタ アクアは5ナンバーサイズのハイブリッド専用車で、高い人気を得ている。価格は180~190万円に抑えたが、プリウスと違ってスマートエントリーやアルミホイールはオプション設定だ。装備の違いに値引きの差額まで加味すると、プリウスとの実質差額は15万円程度に縮まってしまう。それでも運転のしやすさもあってアクアは好調に売れている。プリウスが3ナンバー車になるために、5ナンバー車のアクアが人気を得たこともあるだろう。

JC08モード燃費が37km/Lに達することも魅力だ。フィットハイブリッドも、標準仕様は機能を簡素化して燃料タンク容量を32リッターに減らしたから36.4km/Lになる。軽自動車ではダイハツ ミライースやスズキ アルトエコがハイブリッド技術を使わずに35km/Lに達しており、もはやアクアが抜群の低燃費とはいえないが、「燃費ナンバーワン」の説得力は強い。動力性能も、モーターの駆動力が高いこともあって1.8リッタークラスと感じられる。

外観では背の低いボディが特徴だ。全高は1445mmだから、デミオの1500mm、フィットハイブリッドの1525mmに比べると低く抑えた。低い天井を後ろに向けてさらに下降させたので「5ドアクーペ」にも見える。この水滴型のフォルムは、プリウスも採用しているから、両車が人気を得たことで「ハイブリッドのスタイル」として定着した。

全長は3995mm、全幅は1695mmで、コンパクトカーの中心的な大きさ。天井を低く抑えたボディによって、伸びやかな印象が強まり、見栄えの良さもアクアの特徴だ。

■トヨタ アクアの画像ギャラリーはこちら(エクステリア)

トヨタ アクア 1.5 G ブラックソフトレザーセレクション ボディカラー:ディープアメジストマイカメタリックトヨタ アクア 1.5 G ブラックソフトレザーセレクション ボディカラー:ディープアメジストマイカメタリックトヨタ アクア 1.5 G ブラックソフトレザーセレクション ボディカラー:ディープアメジストマイカメタリックトヨタ アクア 1.5 G ブラックソフトレザーセレクション ボディカラー:ディープアメジストマイカメタリックトヨタ アクア 1.5 G ブラックソフトレザーセレクション

居住空間や荷室の容量に余裕を持たせ、なおかつ小排気量のハイブリッドで低燃費

ホンダ フィット 1.5 ハイブリッド Lパッケージ ボディカラー:ビビッドスカイブルー・パールホンダ フィット 1.5 ハイブリッド Lパッケージ ボディカラー:ビビッドスカイブルー・パール

ホンダ フィットはコンパクトカーのヒット作。全高を立体駐車場が使える1525mmに抑え、全長も4m以下としながら、大人4名が快適に乗車できる居住性を備えている。フィットは現行型で3代目となるが、優れた空間効率は初代モデルからの一貫した特徴だ。

燃料タンクの搭載方法も工夫した。普通はリアサスペンションの前側、つまり後席の下側付近に搭載するが、フィットは前席の下に収める。そのために車内後部の床が下がり、フィットでは後席を床面へ落とし込むように畳むことが可能だ。2名乗車時には、リア側がボックス状の広い荷室になる。

さらに後席の座面を持ち上げて、車内の中央に背の高い荷物を積むこともできる。優れた居住性と相まって、実用的なコンパクトカーに仕上げた。

エンジンのラインナップは多彩で、ノーマルタイプも1.3リッターと1.5リッターがある。これに1.5リッターのハイブリッドを加わり、合計3種類になった。

ハイブリッドのグレード構成は、標準仕様のほかにF/L/Sという3つのパッケージを設定。今回試乗したのはLパッケージで、JC08モード燃費は33.6km/Lになる。動力性能はノーマルエンジンでいえば、1.6~1.8リッターに匹敵するので効率は高い。

フィットの伝統的な特徴とされる4名乗車時の快適な居住性、荷室の優れた使い勝手に、低燃費を融合させたことがフィットハイブリッドの特徴だ。

■ホンダ フィットハイブリッドの画像ギャラリーはこちら(エクステリア)

ホンダ フィット 1.5 ハイブリッド Lパッケージ ボディカラー:ビビッドスカイブルー・パールホンダ フィット 1.5 ハイブリッド Lパッケージ ボディカラー:ビビッドスカイブルー・パールホンダ フィット 1.5 ハイブリッド Lパッケージ ボディカラー:ビビッドスカイブルー・パールホンダ フィット 1.5 ハイブリッド Lパッケージ ボディカラー:ビビッドスカイブルー・パールホンダ フィット 1.5 ハイブリッド Lパッケージ

デザイン・スペックの総評

ボディサイズは全車が5ナンバーサイズに収まり、デミオの全長が4mを超えたものの、アクア・フィットハイブリッドと比べて大きな違いはない。扱いやすいサイズに抑えた。

全高は最も背が高いフィットハイブリッドも1525mmだから、3車種とも立体駐車場を利用できる。

注意したいのは外観デザインで、3車ともにサイドウインドーの下端を後ろに向けて持ち上げた。

特にデミオは角度が極端で、斜め後方と真後ろの視界を損なっている。アクアもボディ後端のピラー(柱)が太く、後方は見にくい。フィットは前方視界は良いが、後方は悪化する。

最小回転半径は、デミオの15インチタイヤ装着車が4.7m、XDツーリングなど16インチになると4.9mに拡大する。フィットハイブリッドは15インチが4.9mで、16インチは5.2mだ。そしてアクアは15インチタイヤなら4.8mに収まるが、16インチは5.7mと大回りになってしまう。

コンパクトカーは街中の移動に使われる機会が多く、狭い道や駐車場での取りまわし性も重要だ。実際にディーラーへ行って縦列駐車や車庫入れも確かめた上で、買うべきクルマかを判断したい。

ちなみに最近はバックモニターが普及したが、後退は直接後ろを見ながら行うのが基本。インパネやルームミラーに装着されたモニターは見にくい。付加的な装備に依存せず、後方が直接良く見えるデザインが求められる。

マツダ デミオ 関連ページ

トヨタ アクア 関連ページ

ホンダ フィット 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ デミオ の関連記事

マツダ デミオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ デミオ の関連記事をもっと見る

マツダ デミオ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/22~2017/10/22