autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 【比較】Cクラス・3シリーズ・A4を徹底比較 ~人気のドイツ車プレミアムセダン~ 4ページ目

3台比較 2014/9/26 10:32

【比較】Cクラス・3シリーズ・A4を徹底比較 ~人気のドイツ車プレミアムセダン~(4/4)

【比較】Cクラス・3シリーズ・A4を徹底比較 ~人気のドイツ車プレミアムセダン~

少しスポーティーになった運転感覚と優秀な安全装備が選ぶ決め手

メルセデス・ベンツ C180 アバンギャルド ボディカラー:ヒヤシンスレッドメルセデス・ベンツ C180 アバンギャルド ボディカラー:ヒヤシンスレッド

メルセデス・ベンツ C180アバンギャルドが搭載するエンジンは、直列4気筒1.6リッターのターボ。動力性能はノーマルエンジンの2.2~2.5リッターに相当する。高回転域まで回して楽しいエンジンではなく、吹き上がりも平均的だが、実用域の駆動力は十分だ。最大トルクを1200回転から発揮する設定だから、巡航中にエンジン回転が下がった状態から緩く加速する時でも、アクセル操作に対して車両が正確に反応する。

操舵感は意外に機敏。先代モデルは切り始めの反応を穏やかに抑えていたが、新型は切れが良い。タイヤは17インチ(225/50R17)のピレリ・チントゥラートP7。今では扁平率の低いタイヤではないが、軽快感があり、3シリーズに近づいたようにも感じる。

その一方で、走行安定性は高い。旋回時の姿勢は後輪の接地性を優先させ、積極的に走れば骨太感が顔を出す。一種の味付けとしてキビキビと動く感覚を持たせた。

乗り心地は街中では少し硬めに感じるが、重厚感が伴ってメルセデス・ベンツらしい。粗さがなく、段差を乗り越えた時の突き上げ感も小さい。この乗り味は先代モデルと同様で、順当に進化させた。

操舵感が少し機敏になって運転の楽しさは増したが、その半面、メルセデス・ベンツらしい穏やかさは少し薄れたようにも受け取られる。このあたりはユーザーの好みで評価が変わるが、安心感の高さは今でもCクラスを選ぶメリットだ。

そして先進的な衝突回避の支援機能と、優れたクルーズコントロール。この装備だけでもCクラスを買う価値がある。

■メルセデス・ベンツ Cクラスの画像ギャラリーはこちら(走行シーン)

運転の楽しさを追求する統一の取れたクルマ造りが特徴だ

BMW 320i スポーツBMW 320i スポーツ

BMW 320iスポーツが搭載するエンジンは、直列4気筒2リッターのターボ。動力性能は2.5~3リッターに匹敵する。最大トルクは27.5kg-m(1250~4500回転)で実用指向と思えるが、回転感覚は滑らかだ。高回転域まで直線的に吹き上がり、直列6気筒を特徴にしていた以前のBMWを思い出させる。クセのない性格だから、スポーティーでありながら扱いやすい。

操舵感は小さな舵角から正確に反応する。BMWらしい几帳面な設定で、リラックス感覚は乏しいが、自然にていねいなハンドル操作をしたくなる。大雑把に運転すると、車両の動きが滑らかさを欠くからだ。

セダンでは機敏に向きが変わり、峠道などを走ると楽しい。前後輪のグリップバランスは、ライバル2車に比べると少し前輪寄りだ。車両の向きを変えやすい設定だが、持ち味の範囲内。後輪の接地性を含めた走行安定性は十分に確保される。

乗り心地には引き締まり感があり、路面のデコボコを伝えるが、ドライバーに対する情報伝達にとどめている。角の立った振動ではないから、快適性は損なわない。

3シリーズの個性は明快だ。内装は引き締まり感があり、操舵感も機敏でエンジンは直線的に吹き上がる。ドライバーが車両との一体感を抱きやすい。

だから運転姿勢も几帳面なのだろう。ルーズな姿勢で運転すると、楽しさを味わえず安全性も妨げるからだ。好みが分かれる面はあるが、クルマ好きのツボにはハマる。古典的な価値観ともいえるが、そこを真摯に追求する姿勢には好感が持てる。

■BMW 3シリーズの画像ギャラリーはこちら(走行シーン)

スポーティーな仕様でありながら乗り心地は快適で長距離移動にピッタリ

アウディ A4 2.0 TFSI クワトロ ボディカラー:キュベシルバーアウディ A4 2.0 TFSI クワトロ ボディカラー:キュベシルバー

アウディ A4 2.0TFSIクワトロが搭載するエンジンは、直列4気筒2リッターのターボ。4WDのクワトロには高出力タイプが搭載され、3.5リッターに匹敵する性能だ。

それだけに加速性能も力強いが、実用域のゆったりした駆動力に魅力がある。軽くアクセルを踏むだけで十分な性能を引き出せるため、ドライバーも快適だ。

操舵感は穏やかだが、ステアリングの支持剛性は高く、曖昧さはないから上質感を高めている。

試乗車のタイヤは19インチ(255/35ZR19)のコンチネンタル・コンチスポーツコンタクト3だった。扁平率が35%だから硬い乗り心地を想像したが、路面の細かなデコボコを直接的には伝えない。細かな振動が吸収され、低速域では少し硬めだが快適に仕上げた。

操舵感は走行安定性を重視したタイプ。反応の仕方は機敏ではないが、後輪を中心に接地性が優れ、高速道路を安心して走れる。峠道でも楽しいが、悪天候に強い4WDと相まって、高速道路を巡航するような使い方が似合う。

今回試乗した3車種は、いずれもブランドの個性が明確だ。Cクラスはさまざまなユーザーが幅広い用途に使えるタイプで、進化した安全装備が魅力を高めた。3シリーズはクルマ好きが運転を楽しむセダンとして、統一の取れた商品造りをしている。A4は穏やかな運転感覚と快適な後席を含め、4名で長距離を移動する使い方にピッタリだ。

上級セダンを求めるなら、この3車を試乗して、自分に合った1車を選ぶと良いだろう。また日本車は、幅広い車種を手掛ける総合メーカーとはいえ、セダンではブランドの個性を表現したクルマ造りが必要だと思う。

■アウディ A4の画像ギャラリーはこちら(走行シーン)

メルセデス・ベンツ Cクラス 関連ページ

BMW 3シリーズ 関連ページ

アウディ A4 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Cクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Cクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Cクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Cクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    399万円539万円