autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 欧州テイスト満点!スポーツバック 徹底比較 4ページ目

3台比較 2009/1/30 14:18

欧州テイスト満点!スポーツバック 徹底比較(4/4)

欧州テイスト満点!スポーツバック 徹底比較

欧州テイストと高性能車の片鱗

走行走行

ヨーロッパ日本車としては稀有なパッケージングとスタイリングを持つモデルだが、そもそも、よくぞこのモデルが日本でも販売されることになったものだと思う。

ハッチバックにもいろいろなタイプがあるが、フォルティスのスポーツバックは、セダンから派生した5ドアハッチバック車である点が特徴。4つドアと4人の乗員のための空間を持ち、その上でクーペのようなスタイルとハッチバック車のユーティリティを併せ持ったクルマである。

見た目にあまりワゴン的な雰囲気はないが、ワゴン的な使い方にも応えてくれる。走りについても、ランサーエボリューションゆずりの高性能車の片鱗を味わうことができるのも、このクルマの強みである。

トータルでみて、ほかの車種ではなかなか味わうことのできないカーライフを楽しませてくれるモデルだと思う。

優れたコストパフォーマンス

走行走行

「Cセグメントのど真ん中で戦えるクルマ」と開発責任者が述べたとおり、それまでと変わってハッチバックを主体に開発された現行インプレッサも、今やすっかり板についた印象がある。

日本車ではまだ少ないCセグのハッチバック車ではあるが、これだけボディサイズがあれば、居住空間やラゲッジスペースも十分だし、スロングドライブを含むファーストカーとしての役目も満足にはたしてくれることだろう。

また、この3台の中でもそうだが、価格が割安であることも強みである。優れたユーティリティを誇りながら、ターボエンジンやAWDなどの高い付加価値を持つ。極めてコストパフォーマンスの高いモデルといえるだろう。

とっつきやすいプレミアムブランド

走行走行

冒頭でも述べたが、今回あえてA3スポーツバックを持ち込んだのは、車名で「スポーツバック」と入っていることもさることながら、実は先入観としてイメージするよりもずっと価格が安く、もっと多くの人に目を向けてもらいたいと思ったからである。

そのスポーツバックを名乗るパッケージングは、アバントを凝縮したようなルックスと使い勝手を身につけ、単なる2ボックスのハッチバック車とは一味違うクルマに仕立てられている。

クルマとしては、期待どおりプレミアムブランドらしいクオリティ感が随所に感じられる。ライバルが低迷する中で、アウディが唯一、成長している理由を、このA3スポーツバックからも垣間見ることができる。日本に導入されるアウディ車の最エントリーモデルであるが、とっつきやすいプレミアムブランド車でもあり、コストに対する満足度も非常に高いのではと思われる。

三菱 ギャランフォルティススポーツバック 関連ページ

スバル インプレッサハッチバック 関連ページ

アウディ A3スポーツバック 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 ギャランフォルティススポーツバック の関連記事

三菱 ギャランフォルティススポーツバックの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 ギャランフォルティススポーツバック の関連記事をもっと見る

三菱 ギャランフォルティススポーツバック の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/5/29~2017/6/29