autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 独プレミアムブランドDセグワゴン 徹底比較 4ページ目

3台比較 2009/1/5 20:27

独プレミアムブランドDセグワゴン 徹底比較(4/4)

独プレミアムブランドDセグワゴン 徹底比較

あくまでメインテーマは「駆け抜ける歓び」

走行走行

従来からのスポーティさに、高級感が加わったのが現行3シリースだ。ツーリングでもそれは同じで、「駆け抜ける歓び」を謳うとおり、走りの楽しさをライバルよりも意識させる。

今回の3台の中では、もっとも販売台数が多い3シリーズだが、やはりセダンのイメージが強い。どちらかというとツーリング(=ワゴン)のイメージは比較的薄いのだが、こうして触れると、ツーリングの実力も侮れない。

ラゲッジスペースは十分に広く、後席の居住性にも優れる。また、テールゲートのガラスハッチ部分のみ単独で開閉できる点もアドバンテージである。

BMWのファンでワゴンが欲しい人はもちろん、数ある輸入ワゴンのラインアップの中で、ワゴンらしい利便性ととともに、走りを求める人にとって、もっとも適するモデルといえるだろう。

ワゴンに求められる機能を満載

走行走行

登場以来、Cクラスの販売は比較的堅調に推移している。ステーションワゴンには若々しいイメージもあり、もちろん実用性にも優れる。

Cクラスの走りの仕上がりのよさは、すでに評されているとおり。メルセデスらしい硬質感は、ややなりを潜めたものの、インテリアや乗り味など、むしろとっつきやすいクルマになったように思う。日本車から乗り換えても、違和感を覚えず、3台中でもっとも早くなじめるクルマだろう。

ラゲッジスペースについても、フルラゲッジで最大となるのがCクラス。このサイズの中で、あらゆる要素をもっとも妥協なく、高次元でバランスさせており、ワゴンに求められる機能を、そつなく身につけている。そして、3台中でもっともコストパフォーマンスに優れるクルマだと思う。

美意識を感じさせるたたずまい

走行走行

アウディというと、クワトロの完成度は高いが、FFモデルについては、もう一歩という印象があったが、現行A4ではその差が一気に縮まった。また、アウディは世界的なブランド力の躍進が伝えられ、この厳しいご時世の中で、ライバルに対して唯一、対前年比で成長を見せている。それを象徴するのがA4である。

日本市場のアウディ車の中でもっともメインとなっているA4だ。その中で過半数を占めるのがアバントだ。実際、3シリーズやCクラスに比べても、ワゴンの存在がしっくりくる。

A3スポーツバックも、ワゴン的な使い方ができるが、やはりワゴンらしい使い勝手を求めると、A4アバントのほうがはるかに上回る。そして、A3との違いでもあり、あるいはライバルに対するアドバンテージと感じられるのが、ワゴンとしての美意識である。外見だけでなく、ラゲッジルームの仕上がりを見ても、それは感じられる。

現状は、1.8TFSIの上が、3.2のクワトロとなり、価格差は200万円以上となるのは、どう考えても開きすぎ。この中間的な価格帯のモデルで、また、FFの完成度が高くなったとはいうものの、やはりアウディというとクワトロを求めたくなる。

BMW 3シリーズツーリング 関連ページ

メルセデス・ベンツ Cクラスワゴン 関連ページ

アウディ A4アバント 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW 3シリーズツーリング の関連記事

BMW 3シリーズツーリングの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 3シリーズツーリング の関連記事をもっと見る

BMW 3シリーズツーリング の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/17~2017/8/17