autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 独プレミアムブランドDセグワゴン 徹底比較 3ページ目

3台比較 2009/1/5 20:27

独プレミアムブランドDセグワゴン 徹底比較(3/4)

独プレミアムブランドDセグワゴン 徹底比較

使いやすい進化版iDrive

インパネフロントシート

マイナーチェンジで、進化したHDDカーナビが全車に標準装備された。同システムは、モニター解像度が上がったことで見やすくなったほか、目的地の入力方法がわかりやすくなり、機能が拡張し、操作性も向上した。また、iDriveにはダイレクト・メニュー・コントロール・ボタンが追加され、よく使う機能に直接アクセスできるようになり、階層が整理されて、より直感的な操作が可能となった。

あらためて乗っても、インテリアのデザイン性と質感の演出は上手いと感じさせる。撮影車両には、ダコタレザーとオイスターのパネル、レザーステアリングなどが装着されていた。セダンとは差別化された、広い開口部を持つパノラマ・ガラス・サンルーフが用意されているのも特徴だ。

フロントシートはあまりサイズが大きくなく、サポートもきつくなく、リラックスして座れる。むしろリアシートのサイズが大きいことが特徴で、前席よりもヒップポイントを高めに設定しており、背もたれも高い位置まである。両者の角度の具合もちょうどよく、包まれ感がある。反面、頭上空間はあまり広くない。

テールゲートのガラスハッチのみ単独で開閉できるところが特徴で、これを理由に選ぶユーザーも少なくないはずだ。

ラゲッジルームは容量の数値は大きいが、形状は奥行きがそれほど大きくなく、両サイドはサスペンションにくわれている部分も小さくない。限られたスペースを、どちらかというと後席乗員のために配分したような印象もある。ただし、スペアタイヤを搭載しないため、フロア下には深いアンダーボックスが付く。

リアシートラゲッジガラスハッチパノラマガラスサンルーフiDrive

もっとも合理的なパッケージング

インパネフロントシート

端正な形状のインパネは、質感の高い革シボの入った樹脂パネルに、整然と操作系スイッチが並ぶ。ブラックも選べるが、グレー系やベージュ系のツートーンも選べる。C200のエレガンスとアバンギャルドの違いは、木目の素材などを含むカラーコーディネートの違いもある。

HDDカーナビを含むインダッシュ式マルチファンクションディスプレイを持つCOMANDシステムを全車標準装備する。

スタイリッシュさを損なわずにサイドウインドウを立ち気味しているため、ボディサイズは3台中でもっとも小さいが、頭まわりの空間に余裕がある。

シートは、標準ではこのようなファブリック地となる。前席のリクライニングとハイトアジャストは電動調整が可能だが、なぜか前後スライドとランバーサポートは手動となるのがネックではある。

後席スペースも十分に広く、足元もなかなか広い。オシリを深く落とし込ませて座る格好となり、さらに背もたれにも強めの角度がつけられている。

テールゲートの角度を立たせたフォルムにより、積載容量を稼いでいるところもポイント。ラゲッジルームは、開口面積が広く、低い位置まで開き、さらに下端がほぼフラットにフロアにつながっているため積載性に優れる。

荷室形状は、ホイールハウスの張り出しも小さく抑えられ、それ以外のスペースの幅を広く確保しており、さらに両側にリッドの付く収納スペースを設けている。スペアタイヤを積むため、フロアアンダーボックスの容量には期待できないが、組み立て式の樹脂製のボックスが収納されているのが特徴だ。

総合的に見て、3台中でもっとも合理的パッケージで、使い勝手に優れているといえるだろう。

リアシートラゲッジラゲッジパノラマガラスサンルーフ本革巻きシフトノブ

ボディサイズ拡大の恩恵

インパネ
フロントシートリアシート

インパネの中央部分をドライバー側に傾け、運転席を囲むようにレイアウトした、ドライバーオリエンテッドのデザインが特徴。スポーティな雰囲気を演出している。シルバー色を多用し、要所要所にクロームを配して質感を高めているのも特徴。カラーやパネルにより質感が意外と違うのだが、こうした明るい色のレザー(オプション)がよく似合う。

A4では、カーナビをはじめとする各種機能を統合したMMI(マルチ・メディア・インターフェース)を標準装備する。視覚的にわかりやすく、よく使う機能をあらかじめ前面に出している点はよいが、操作ロジックには少々わかりづらい。もう少し洗練されることに期待したい。

前後ともシートサイズはたっぷりとしている。後席の居住スペースは十分だが、ヒップポイントが低く、座面がフラットで、成人男性が座ってフロアに足をつけるとヒザの下が浮いてしまうのが難点。背もたれは、高さはあるが角度が起きている。つまり、小柄な人が座るとちょうどよい設定となっている。また、前後のドアの大きさが違い、フロントのほうがかなり大きくなっている。ボディサイズ拡大で生まれた余裕を、さらに前席乗員に与えたという印象だ。

ラゲッジスペースについては、スタイリッシュな反面、A4のテールゲートのガラス部分の傾斜角は大きく、スペースが犠牲になっているように感じるが、サイズの恩恵もあり、容量はA4がもっとも大きい。奥行きもあり、両サイドはタイヤハウスからそのまま箱状に収納スペースをつなげており、ほぼスクエアな形状となっている。フロアボードはリバーシブルとなっており、反転させて樹脂面とすると汚れ物も気兼ねなく積むことができる。視覚的に3台中でもっとも美意識を感じさせるラゲッジルームである。

リアシートラゲッジラゲッジメーターMMI(マルチ・メディア・インターフェース)

内装・装備の総評

いずれも見た目、後席の居住性、荷室の容量に配慮されている。後席はその恩恵が大きく、座面サイズも足元スペースも従来モデルに比べ余裕が増している。

後席は、3シリーズとCクラスは左が6で右が4、A4では反対の4:6の分割可倒式となる。従来モデルではダブルフォールディングを採用したモデルもあったが、シンプルな操作を重視してか、現行モデルではダブルフォールディングを採用するモデルはない。

5名乗車時/2名乗車時のラゲッジ容量を比較すると、3シリーズが460L/1365L、同じくCクラスが450L/1465L、A4が490L/1430Lとなっている。かつてはドイツ製ワゴンがおしなべて不得意としていたゴルフバッグの積載性にも配慮された痕跡がうかがえる。また、ラゲッジフックや、12V電源、セーフティネットなども備わる。ワゴンとしての使い勝手では、もっとも効率的なのはCクラスといえるだろう。

BMW 3シリーズツーリング 関連ページ

メルセデス・ベンツ Cクラスワゴン 関連ページ

アウディ A4アバント 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW 3シリーズツーリング の関連記事

BMW 3シリーズツーリングの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 3シリーズツーリング の関連記事をもっと見る

BMW 3シリーズツーリング の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23