autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 最新背高コンパクトカー 徹底比較 3ページ目

3台比較 2009/1/23 20:47

最新背高コンパクトカー 徹底比較(3/4)

最新背高コンパクトカー 徹底比較

ひとクラス格上の個性的なクルマに

インパネフロントシート

まず、ホイールベースが延長され、室内空間が広くなった。先代はちょっとシンプルすぎたように思えなくもないが、現行では非常に表情豊かなデザインとなっている。質感も高く、カラーコーディネートも印象的となるなど、他車にはないキューブならではの空間が創出されている。角の丸いドアから外の景色が見えるというのは、室内にいても新鮮な感覚がある。

クッションが厚くソファのようなシートは、平板に見えるが、座れば意外と身体はサポートされる。

ジャグジーをモチーフに、ラウンドした曲面で構成し、各所に波紋のモチーフを採用。直射日光を拡散するサンルーフの「SHOJIシェード」など、乗る人を和ませる装備が与えられている。インパネ中央の、丸いダイヤル状のエアコン操作系も特徴的。インナードアハンドルは、前後の両側から操作できるよう形状を工夫している。ドアトリムほか、ゴムひもを随所に配し、小物をはさめるようにしているなど、数々の特徴を持つ。

段差のないサイドシルから後席に乗り込むと、後席は前席より一段高いところに座る印象。

後席ウインドウは下まで下がる、サンルーフがこういうは、どうしても頭上はくわれるが、スクエアな形状で、広々感は3車中随一だ。バックドアが横開きというのも特徴で、フロアの低いラゲッジルームを持つ。

このように3代目キューブは、居住性、デザイン、質感、ユーティリティなど、ひとクラス格上のクルマになったような印象である。安全装備は、運転席/助手席SRSエアバッグが標準で装備されるほか、一部のグレードにはカーテンエアバッグが標準装備となる。横滑り防止装置VDCはオプションで用意される。

リアシートラゲッジラゲッジメーターSHOJIシェード

若者ウケしそうな個性的デザイン

インパネフロントシート

全長3.8mとコンパクトながら、大きくなったキューブと比べても、あまり狭さを感じさせない室内空間を持つ。

キューブほど家具的ではないが、前席にはベンチシート、センターメーターを採用し、bBゆずりのイルミの演出もある。やや古さを感じるが、若者ウケしそうな個性的デザインを見せる。コラムシフトの操作感もよい。

収納スペースや操作系のレイアウトなど、機能性も十分に高い。フロントシートの横方向の広さはキューブよりも余裕があるように感じるし、頭周りも広く、閉塞感はない。平板なシートは、硬めの着座感で、あまりサポート性には期待できないが、それを求めるクルマでもないだろう。リアシートのヒップポイントはそれほど高くなく、後ろに行くにつれてウエストラインがせりあがることと、ルーフおよびリアセクションにかけてボディを絞り込んだ形状としているのはキューブとの違いで、デックスはどちらかというと前席重視のようだ。

分割可倒式のリアシートは240mmのロングスライド機構を持つ。要するに、bBではなくCOOと同じ仕組みで、これにより様々なアレンジが可能となっている。

ラゲッジスペースは、ホイールハウスの張り出しを抑えたスクエアでフラットな空間となる。リアシートは折り畳み可能で、収納時には大容量のラゲッジスペースが生まれる。また、浅いながらもフロア下にアンダーボックスを備える。

「1.3-S」にはエアロパーツやMOMO製の本革巻きステアリングホイールなどが装備される。

安全装備では、運転席/助手席のSRSエアバッグとABSが全車標準装備。また、全車にSRSサイド&カーテンエアバッグがオプション設定される。

リアシートラゲッジラゲッジメーター収納ボックス

感心させられる合理的パッケージ

インパネフロントシート

室内空間は、外観の印象からすると予想以上に広い。インテリアは左右対称っぽく楕円をモチーフに、シンプルなデザインに仕上げている。ほかのボディカラーでは、シート生地もカラフルな配色となり、視覚的な楽しさもある。

ヒップポイントは高めで、ドライビングポジションはアップライト。これにより、限られた室内長を有効に使っている。シートの着座感は硬質で、視界や乗降性が高められた。

サイドウインドウ下端が低いため、見晴らしがよく、運転しやすくすい。タコメーターがない点は、少々残念ではある。

切り立ったリアエンドにより後席でも狭く感じない。ただし、前出2台に比べるとサイドウインドウがルーフにかけて絞り込まれているので、どうしてもその点での頭周りの狭さは感じられる。後席のヒップポイントは前席より少し高めで、座面サイズは大きく、角度も自然で、このサイズの中で、よくぞここまで居住空間を確保したものだと感心するほどだ。

反面、ラゲッジルーム容量には期待できず、フロアも低くないし、開口部は小さい。しかし、深い樹脂製アンダーボックスを設定するほか、リアシートを前倒しすると、座面が一段下がって低い位置でフラットになるなど、小さなサイズを有効に使う工夫の跡が伺える。

安全装備は、運転席/助手席のSRSエアバッグはいうまでもなく、サイドエアバッグ、カーテンエアバッグの6つのエアバッグをヨーロッパ基準の各種安全装備が標準で用意される。ただし、横滑り防止装置の設定がない点は、欧州風味をウリとするモデルとしては惜しまれる。

リアシートラゲッジラゲッジメーター収納ボックス

内装・装備の総評

キューブとデックスは、価格面でもカテゴリー的にも直接のライバルになりうるが、居住空間やユーティリティ性能は一長一短だ。デザインや質感に関しては、新提案を示したキューブが、だいぶ差をつけた印象だ。スプラッシュは、前出2台と横並びに比べるのは適切でないが、このサイズのクルマとは思えないほどの居住性を確保したことには感心させられる。装備面では、サイド/カーテンエアバッグなど、このクラスにもようやく上級車に準じる安全装備が用意されるようになってきたが、横滑り防止装置の設定には、いずれもまだ課題が残る。また、世界戦略車であるキューブとスプラッシュには後席中央3点式シートベルトが備わるが、デックスにはない。

日産 キューブ 関連ページ

スバル デックス 関連ページ

スズキ スプラッシュ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 キューブ の関連記事

日産 キューブの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 キューブ の関連記事をもっと見る

日産 キューブ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/20~2017/8/20