autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 ミドルサイズミニバン 徹底比較 4ページ目

3台比較 2006/2/10 23:14

ミドルサイズミニバン 徹底比較(4/4)

ミドルサイズミニバン 徹底比較

やや高めの価格設定も商品力でカバー

走行走行

今回の3車種の中で最も良く売れているのがアイシス。クルマの良さと販売力とがうまくマッチして立ち上がりの時点から好調な売れ行きを示している。ほかの2車種に比べると価格設定がやや高めだが、商品力では総合的に優位に立つのは間違いない。

グレードは、外装パーツやアルミホイールなどで差別化されて3ナンバー車になったプラタナがあるが、これは標準グレードのLに比べると21万円も高く、積極的に勧められるグレードではない。豪華装備のGに比べたら逆に10万円安いが、シートやオーディオの仕様に違いがある。

搭載エンジンは1.8Lで十分な実力を備えるから、あえて2Lを選ぶまでもないという印象。基本的にはエンジン性能だけの違いで10万円の価格差があるから、買うなら1.8L車のほうがいい。となるとグレードは必然的にLになる。豪華装備が欲しいなら2Lエンジンを搭載したGやG Uセレクションを選ぶことになるが、価格はGのFF車で231万円。これにカーナビや安全装備などのオプションを装着したら、車両価格だけで300万円近いものになる。現実的で賢い選択をしようと思ったら1.8Lに必要なオプションを装着するのがいい。

割安感のある価格設定とパノラミックルーフ

走行走行

ラフェスタのポイントは割安感のある価格設定とパノラミックルーフ。非装着車の設定もあるが、ラフェスタを買うならぜひとも装着車を選びたい。非装着車を選んでも7万円ほどしか安くならないから、非装着車に買い得感はない。ただ4WD車の場合、グレードやオプション装備によって車両重量が1,500kgを超えるので、これを外して20kg軽くし、自動車重量税の区分を下げるという方法もある。

エンジンとトランスミッションが1種類なので、3グレードのどれかを選ぶことになるが、普通に選ぶならベースグレードの20Sで十分という感じ。中間グレードの20Mは外装やタイヤ&アルミなどでスポーティなグレードとなるが、オーディオレスになる上に価格設定がやや高めになる。180万円台で買える20Sの割安感を際立たせるためのグレードといった印象もあってお勧めしにくい。

最上級グレードのプレイフルは本体価格が200万円を超えるが、ウォッシャブルボードなどが装着されるので、アウトドアレジャーなどに出かける機会が多い人にはこれがお勧めとなる。アイシスなどに比べると全体的に価格が安めに設定されているのがラフェスタの特徴で、価格では優位に立つ。

マツダ車らしいスポーティな走りが楽しめる

走行走行

プレマシーの特徴はマツダ車らしいスポーティな走り。ミニバンでも軽快な走りを楽しみたいというユーザーにはこれがイチ推しのミニバンになる。そのスポーティさを重視したクルマ選びをするなら、2.3Lエンジンを搭載した23Sも選択肢として浮上してくるが、価格が230万円ほどになり、これに加えてカーナビなどのオプションを装着するとなると、予算的にはちょっと厳しい感じになるのは避けられない。一般的には2Lエンジンの搭載車の中から選ぶことになるだろう。

20F、20C、20Sの3グレードのうち、20Fはメーカーオプションが何も設定されておらず、貧弱な装備のクルマにそのまま乗れというグレード。企業などがライトバンの代わりに使うグレードといった感じなので、一般のユーザーからは選択の対象外になる。

20Cと20Sでは、20Cが快適装備重視、20Sがスポーティ仕様という性格分けがなされているが、価格設定は20Sのほうが10万円ほど高い。価格を含めて考えたら20Cを選ぶのは当然だろう。2Lエンジンを搭載したミニバンが180万円というのはラフェスタ並みの割安感だ。ただ、これにカーナビや両側スライドドア、安全装備など50万円以上のオプションが必要になる。

筆者: 松下 宏
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ アイシス の関連記事

トヨタ アイシスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ アイシス の関連記事をもっと見る

トヨタ アイシス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/18~2017/12/18