autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 ステーションワゴン 徹底比較 4ページ目

3台比較 2006/3/1 22:06

ステーションワゴン 徹底比較(4/4)

ステーションワゴン 徹底比較

クルマづくりに対する真面目な姿勢

走行走行

03年に4代目に進化したレガシィツーリングワゴンは、05年5月にサスペンションを中心としたマイナーチェンジを受けている。この真面目なクルマづくりに対する姿勢が、スバルのよさといえる。

レガシィツーリングワゴンは、長年のステーションワゴンづくりのノウハウがつまっている。ラゲッジスペースは見た目よりもかなり広く、実用的。このような部分が多くの人たちの支持を得ているのだろう。

ツーリングワゴンのバリエーションはエンジンだけでも4タイプあり、さらにマニュアルミッションとATではパワーが異なるなどキメ細かい設定が行なわれている。

性格は、大きく分けて6気筒と4気筒で異なる。6気筒車は車両価格も高く、はやく走るよりも、トルクを楽しみながら流す走り方が似合っている。ただし、走りはスポーティだ。乗り心地もややかためになる。あくまでもパーソナルユースのワゴンだ。

一方、2Lモデルはスポーティと実用の2種類に分かれる。

スポーティならGT系のターボ。AT車もいいがMTのダイレクト感も捨て難い。ノーマルの2Lもトルクは太めなので、ATでもシフトすれば走りを楽しめるのだ。

ノーマル仕様でもスポーティに走る

走行走行

エアウェイブは4月にデビューしたミドルクラスのステーションワゴン。発売後の人気は上々という。メーカーからの発表によるとグレード別の販売台数構成比は、Lスカイルーフがもっとも多く、41%を占めている。

続いてGスカイルーフの25%になる。つまり、スカイルーフ仕様で、全体の66%を占めているわけだ。

GとLの差はメカニカルな部分では、CVT。Lは7速マニュアルモードが付いている。そのほかはタイヤサイズと若干のアクセサリー類の差になる。

価格はFF車だと、Gスカイルーフが160万4400円、Lスカイルーフは175万3500円なので、約15万円の差だ。

しかし、両車を乗りくらべてみると、Gスカイルーフで十分。7速マニュアルモードのCVTも、15インチタイヤも、このクルマには必要性をあまり感じないのだ。

それよりも、15万円の差をナビゲーションシステムや、ディスチャージヘッドランプなどにまわしたほうが実用的だ。

リアシートやラゲッジスペースの広いエアウェイブは、ノーマル仕様でもスポーティに走ることはできる。Gスカイルーフがよい。

スポーティだけでなく、安全装備も充実

走行走行

3車のなかではもっともデビュー年が古いのにもかかわらず、あまり古さを感じさせないクルマづくりはさすがにトヨタだ。しかも、マイナーチェンジでエアロツアラーは、よりスポーティ志向へと性格付けを明確にしているのだ。

エアロツアラーは、サスペンションをかためにしたスポーティモデルだが、フィールダーの魅力はそれだけではない。安全装備が充実しているのだ。

例えば、見通しの悪い交差点やT字路で、フロントノーズを少し出すだけで、特殊レンズが左右の交通状況を、室内画面にうつし出すブラインドコーナーモニターなどは、実用上での安全性をかなり向上させている。

グレードはシンプルな3グレード。エンジンは1.5Lと2種類の1.8Lが選べる。

1.5Lは走り出すとややエンジン音が大きくなるが、経済性は高い。一方、1.8Lは、ノーマル仕様はトルクも太く、扱いやすい。ハイパワー仕様(エアロフィールダー用)は、マニュアルシフトモードも装備され、スポーツムードは高いのだが、このタイプのワゴンで、ここまでのスポーツ性はあまり必要ない気がする。ノーマルの1.8L、Sで十分だ。

スバル レガシィツーリングワゴン 関連ページ

ホンダ エアウェイブ 関連ページ

トヨタ カローラフィールダー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レガシィツーリングワゴン の関連記事

スバル レガシィツーリングワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レガシィツーリングワゴン の関連記事をもっと見る

スバル レガシィツーリングワゴン の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/20~2017/8/20