autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 プレミアムワゴン 徹底比較 4ページ目

3台比較 2006/3/25 21:22

プレミアムワゴン 徹底比較(4/4)

プレミアムワゴン 徹底比較

流麗なプロポーションは群を抜いている

走行走行

世の中のステーション・ワゴンをざっくりと“積めるワゴン”と“見せるワゴン”に大別するとしたら……A6アバントは間違いなく後者に分類されるモデルであろうとぼくは思う。直接のライバルと目されるメルセデス・ベンツのEクラス・ワゴン、BMWの5シリーズ・ツーリングと並べても、その流麗なプロポーションは群を抜いている。 一方でその分、ワゴン本来の積載性能に関しては「ある程度割り切った」と思われる部分も感じられる。後方下がりのルーフや強い前傾のリアウインドウはその分荷室のキャパシティに影響を与える理屈だし、実際にEクラス・ワゴンなどと比べるとボディサイズの割にラゲッジスペースは決して広いとは言い難い。

日本仕様の場合、「グレードの差は搭載エンジンの差」という事にもなるが、高いプレミアム感に浸りたいのであればその願いは排気量の大きいものほど叶えられるという感が強い。エアサスペンションが『4.2クワトロ』に標準、『3.2FSIクワトロ』にはオプション設定となるが、重積載の機会が多いユーザーには選んで損のないアイテムだろう

ダイナミックな走りのポテンシャルに変わりはない

走行走行

BMWのワゴン――そう耳にすると、今ひとつピンと来ないという人もいるかも知れない。「BMWは“走り”のブランド。となると、セダン、もしくはクーペこそがイメージ的にぴたりと合致する存在」、と、そんな意見も確かに分からないではない。

一方で、ダイナミックな走りのポテンシャルに変わりが無いのであれば、自分はもっと多用途性に富んだデザインの持つボディが欲しい、と、そんな希望を持つ人も居る事だろう。5シリーズ・ツーリングはまさに、そんな意見を持つ人のためにあつらえたような一台とも言えそうだ。

実際、5シリーズ・ツーリングの走りのダイナミズムは、セダンのそれに殆ど遜色が見られない。前述のように、同エンジン搭載のセダンに比べれば重量増による動力性能低下とボディ剛性感のわずかなダウンが認められるシーンはあるというものの、それらは決して“駆けぬける歓び”を阻害するほどのレベルではないのも事実なのだ。“新エンジン”の搭載を機にバイキセノン式ヘッドライトやHDD式ナビゲーション・システムが標準になり、ランフラット・タイヤの使用を前提にスペアタイヤが廃止された事で積載能力がさらに増したのも“新型”の見逃せないポイントだ。

他人に不安なク推薦することの出来るプレミアムワゴン

走行走行

何かオススメの輸入プレミアム・ワゴンはないか? そんな質問を受けた時に真っ先にぼくの脳裏に浮かぶ事になりそうなのが、このEクラス・ワゴン。そのスタイリングに大きな特徴があるというわけではないし、卓越した動力性能やシャープなハンドリングの持ち主というわけでもない。総合バランスは高いがどちらかと言えば個性の薄い一台と言った方が良いかも知れない。が、そうして「尖った部分が見当たらない」という部分が逆に、他人に不安なく推薦する事の出来る大きな要因ともなるのだ。

Eクラス・ワゴンのライバルに対する強みのひとつは、そのバリエーション設定が極めてワイドという点にもある。前述した新エンジンを搭載する『E350』では4WDシャシーを備える“4MATIC”も選択が可能だし、ワゴンにも飛び切りの速さが欲しいという人には、実に476psという最高出力を誇るスーパーチャージャー付きV8エンジンを搭載した『E55AMG』も用意される。『E350』に設定のパッケージ・オプション“スポーツ・パッケージ”を選択すると、サスペンションがエア仕様となる点も注目だ。

筆者: 河村 康彦

アウディ A6アバント 関連ページ

BMW 5シリーズツーリング 関連ページ

メルセデス・ベンツ Eクラスワゴン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ A6アバント の関連記事

アウディ A6アバントの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ A6アバント の関連記事をもっと見る

アウディ A6アバント の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/19~2017/10/19