autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 最新人気ミニバン 徹底比較 2ページ目

3台比較 2006/5/19 19:53

最新人気ミニバン 徹底比較(2/4)

最新人気ミニバン 徹底比較

近未来感を表現する流線的なデザイン

フロントスタイルリアスタイル

エスティマは今回のモデルにおいて、全高を抑えた新しいパッケージングを採用してきた。といっても今回の3車種の中では最も高い全高なのだが、それでも従来のモデルに比べると40mmも下げている。やはり床面の低いプラットホームを採用することで、室内高を犠牲にすることなく、低めのボディに仕上げている。全高を低くすることは、走りの安定性の高さや燃費など、いろいろな面に好影響を与えるからだ。

外観デザインはいかにもエスティマらしいもの。流線的なデザインは初代エスティマ以来の近未来感を表現したものだ。ただ、従来のモデルからの進歩の幅が小さめに感じられるのも確か。エスティマだったら、もっと先を行って人目をひくデザインを採用してほしいところだ。

搭載エンジンはV型6気筒が3.0Lから3.5Lに排気量アップされた。最新のV型6気筒はミニバン用のチューンが施されているものの、動力性能は実に280ps。エスティマはボディもかなり重いのだが、それを全く苦にしない走りを実現する。直列4気筒の2.4Lエンジンは従来と同じだが、トランスミッションが無段変速のCVTに変わって走りのスムーズさが高まった。V6エンジンの搭載車も含め、乗り心地に優れた静かでスムーズな走りがエスティマの特徴だ。

グレードは標準系とエアロパーツを装着したアエラスとに分かれ、標準系はXとGの2グレードの設定。アエラスはベースモデルのほかにSパッケージとGパッケージがあって3グレードとなる。全車ともアクティブトルクコントロール4WDを採用するほか、X、G、アエラスにはサイドリフトアップシート装着車も用意される。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

ボリューム感のあるスタイリッシュなデザイン

フロントスタイルリアスタイル

MPVもまたボディサイズを拡大すると同時に全高を抑えたパッケージングを採用した。特に目立つのが全幅の拡大で、3車種の中で最も幅広い1850mmのボディを持つ。同時にホイールベースも大きく延長されて2950mmとなったが、これはエスティマと同じ数値。いずれにしても相当に大きなクルマになったのは間違いない。

全幅に関してはドアミラーを含めたサイズでは従来よりもわずかに狭くなっているとか、ホイールベースを延長したがタイヤの切れ角を大きくして最小回転半径を抑えているなどの説明がなされているが、エスティマとともに日本の道路交通環境の中で使いやすいとはいいにくいサイズである。

外観デザインは従来のMPVに比べるとスタイリッシュになった印象。オデッセイやエスティマほど特徴的ではないが、全体的にはボリューム感のあるスタイルとなった。従来のMPVの進化版だ。

搭載エンジンはV型6気筒が廃止されて直列4気筒の2.3Lだけになり、自然吸気仕様とターボ仕様とが設定されている。自然吸気仕様が3グレード、ターボ仕様が1グレードの4グレードで構成され、各グレードともFFと電子制御4WDの設定がある。

走りのしっかり感という点ではオデッセイほどではないが、ターボ仕様車では硬めの足回りと強化されたブレーキなどによって相当にスポーティな印象を受ける。自然吸気仕様車に設定される2種類の足回りも操縦安定性の高い味付けがなされている。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

ワイド&ローフォルムの特徴的なデザイン

フロントスタイルリアスタイル

3車種を並べて見ると、オデッセイだけが際立って特徴的なデザインというか、パッケージングを採用しているのが良く分かる。タワーパーキングにも入らないことはないとまで言われる1550mmの全高は、ミニバンとは思えない低さである。

正面から見たときのワイド&ローのフォルムはオデッセイならではのものといえる。フロント回りのデザインも悪っぽいイメージが表現されていてやや異様な迫力を感じさせる風貌だ。

搭載エンジンは2.4Lの直列4気筒DOHCのみだが、MとLに搭載される標準の160ps仕様のほか、アブソルートの200ps仕様も用意される。各グレードに4WD車の設定がある。MとLのFF車には無段変速のCVTが組み合わされるが、ほかのモデルはいずれも電子制御5速ATが組み合わされる。

アブソルートに限らず、オデッセイの走りはスポーティそのものだ。低床・低重心プラットホームによる安定性の高い走りは、ともすればふらつきを感じることのあるミニバンのものではない。硬めにチューニングされた足回りと合わせ、5枚のドアを持つクーペとも呼ぶべきスポーティな走りを実現する。乗り心地の面ではミニバンらしくない印象もあるが、安定性の高さは特筆モノだ。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

デザイン・スペックの総評

全高の高さはオデッセイ、MPV、エスティマの順。重心高の高さも影響してか走りのスポーティさも同じ順番となる。特にオデッセイは全高の低さが際立っているし、足回りの安定性の高さもミニバンとは思えないレベルのものだ。動力性能ではエスティマのV6が群を抜いているほか、MPVのターボ仕様、オデッセイのアブソルートで逆の順となる。パワーの数字はこの順番でも、スポーティさでいえばオデッセイが一番なのは変わらない。

トヨタ エスティマ 関連ページ

マツダ MPV 関連ページ

ホンダ オデッセイ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ エスティマ の関連記事

トヨタ エスティマの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ エスティマ の関連記事をもっと見る

トヨタ エスティマ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/17~2017/10/17