autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 コンパクトミニバン 徹底比較 3ページ目

3台比較 2006/7/7 18:30

コンパクトミニバン 徹底比較(3/4)

コンパクトミニバン 徹底比較

楽しい色使いと多彩なシートアレンジ

インパネフロントスタイル

シエンタに相応しい巧みなカラーコーディネートは、パッと見で「欲しい!」と思わせる雰囲気を備えている。

 センターメーターを採用し、エアコン吹き出し口は流行の丸いタイプとなる。グローブボックスの容量は小さめで、その下に車検証&説明書入れが設定されるが、丸見えになってしまうのは少々難点かもしれない。

 丸いシートはソフトな着座感をもたらし、運転席のシートリフターはかなり高い位置まで上げることができ、小柄な女性でもベストポジションが取りやすい。運転席、助手席ともアームレストが備わる。

 後席のステップは室内フロアとの段差が小さく、乗降しやすい設定。 2列目のピップポイントは前席よりも微妙に高く、フロントシートの角が丸いので開放感がある。頭の斜め上の空間はDピラーに膨らみがあり、少々圧迫感がある。後席サイドウインドウは半分より少し下まで下げられる。センターは人が座ることをあまり想定していないようで、フロアにはシートスライドのレールがあるし、シートが 50:50分割となっており、着座感もよろしくない。

2列目の肩にある大きなレバーを引くと、2列目のシート座面が持ち上がると同時にシートバックが寝てスライドし、容易に3列目にウォークインできるのがポイント。

3列目シートはセパレートしていて、シート自体は小さく、頭上空間は小さいが、膝まわりのスペースはそこそこ広く確保。大人が乗るにもそれほど苦痛ではなく、子供が喜びそうな設定だ。またこの3列目シートは2列目の座面下にヘッドレストを付けたままダイブダウン可能。上げ下げの操作も容易で、肩の部分のレバーを引っ張るか、ラゲッジ側からストラップを引くだけでアレンジできる。

メーターラゲッジラゲッジ2列目シート3列目シート

3列目はあくまで非常用と割り切るべき

インパネフロントシート

四角い中に上手く円のモチーフを採り入れ、各部に小さな四角いドットを配することで、よりキューブっぽさを演出している。やや古さが感じられなくもないが、デザイン性は高い。

収納スペースの設定は非常に豊富で、どれも容量が大きいこともありがたい。ベンチシート風のフロントシート中央の割れ目にはカード等が挟めるようになっているあたりもナイスアイデアだ。

コラムシフト、スイングドアのリアドア、バックドアが横開きとなる点が他の2台との違いである。

プレミアムインテリアのシート&ドアトリムは、スエード調の高品位なもの。コンパクトカーには不似合いなほどの風合いを誇るが、汚れやすそうな心配もあるので、扱いには少々注意したいところだ。

サイドステップ高が低く、 2列目への乗降性は良好。ピップポイントは前席よりも若干高く、それでも頭上空間は十分に確保されている。切り立ったウインドウのおかげで側方や頭の斜め上の空間も広い。サイドウインドウはフルに下まで下げることができる。

シートアレンジや 3列目のウォークインの操作は、シンプルでわかりやすい。2列目シートのオシリの横にあるレバーを上げるとシートバックが倒れ、シートクッションがスライドするが、乗降性については他の2台に比べてやや窮屈感があるのは否めない。

3列目シートのスペースは、あくまで非常用という印象。おそらく子供でも狭く感じるだろう。シート自体の見た目は 2列目と似たものだが、座り心地はずいぶん異なり、やはり非常用といえそうだ。3列目から外に出るときは、2列目のオシリの下のペダルを踏めばよい。

2列目はダブルフォールディング可能で、 3列目をそのまま倒せば広くフラットなラゲッジルームを作り出せる。ラゲッジのフロアは他の2車よりも高めだが、アンダーボックスが設定されている。3列目のヘッドレストはラゲッジ両脇に、 2列目のヘッドレストはシート下に収納できるようになっており、足元のフロア下には収納ボックスも備わる。

メーターラゲッジラゲッジ2列目シート3列目シート

高い開放感と自在にアレンジ出来る積載性

インパネフロントシート

運転席に腰を下ろした瞬間、あらゆるものが低く配置されている印象を受ける。ダッシュボードしかり、低いウエストラインしかり。縦方向に幅広いサイドウインドウにより開放感は非常に高い。

インパネはセンターパネルを強調したオーソドックスなデザインで、そこに操作系が集中レイアウトされる。また、ステアリング右に配されたボタンを押すと、ステアリング裏のパドルにてマニュアルシフト操作を行える。

運転席および助手席シートのサイズはたっぷりとしたもので、適度なホールド感がある。運転席のみアームレストが備わる。

2列目シートも前席に近いサイズとなっており、ヒップポイントは前席よりもほんのわずかに高い設定だが、低いウエストラインにより開放感は十分に高い。ただし、後席サイドウインドウは他の2車と違って後方のみ開くタイプとなる。比較的フラットなステップとフロアにより、 2列目および 3列目の乗降性にも優れる。

3列目シートもそこそこ大きなサイズのシートバックとシートクッションが備わり、居住性は3車の中でもっとも優れているといえる。

多彩なシートアレンジもモビリオの大きな魅力だ。センタータンクレイアウトにより、 3列目の2列目下への床下収納や、2列目のアレンジの自由度が増している。長尺物や背の高い荷物を積み込むには、シエンタよりもモビリオのほうが使い勝手に優れるのは間違いない。ただし、アレンジ操作には腕力を要するものもあり、その点についてはシエンタに軍配が上がりそうだ。 なお、「W」「A」グレードについてはインテリアカラーがチタン(ベージュ)となる。

パドルシフトラゲッジラゲッジ2列目シート3列目シート

内装・装備の総評

3列目シートを使う頻度が高いようであれば、他の2台に比べるとキュービックはスペース的にやや不利。シエンタとモビリオは、常用するにはもう一歩だが、比較的十分なスペースが確保されている。 シートアレンジを見ると、シエンタはモビリオのガチンコの対抗馬となる1台。 3列目シートの収納方法はまさにモビリオをライバル視し、後発だけに勝つことを目標としたものと思われ、現状シエンタのほうが操作性にアドバンテージがあるといえるだろう。

トヨタ シエンタ 関連ページ

日産 キューブキュービック 関連ページ

ホンダ モビリオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ シエンタ の関連記事

トヨタ シエンタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ シエンタ の関連記事をもっと見る

トヨタ シエンタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/18~2017/8/18