autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 走り系Lクラスミニバン 徹底比較 3ページ目

3台比較 2006/7/21 18:08

走り系Lクラスミニバン 徹底比較(3/4)

走り系Lクラスミニバン 徹底比較

インテリアも一新されてより使い易く

インパネフロントシート

マイナーチェンジでインテリアも一新された。インパネは他の日産車に通じるイメージのものとなり、シートやドアトリムの生地も変更されている。

従来モデルではセンタークラスターに平面状に操作系が集中レイアウトされていて、見た目には興味深いものがあったのだが、小柄な人にはシフトレバーが遠いことや、装着可能なカーナビが制限されるなどの問題があった。このように変更されたことで、それらはほぼクリアになった。

前席ドアや後席スライドドアを開けると、サイドシルの出っぱりが非常に小さくなっており、もともと低いフロアとの段差がないことがわかる。おかげで乗降性は非常に良好だ。

2列目の左側シートは横スライドも可能。シート自体はフロントシートと大差ないサイズを持ち、ソファのようなゆったりとした着座感を提供する。

3列目シートは、さすがにシートバック高がやや小さめだが、居住空間は比較的広く、乗り心地も良好だ。 3列目は背面のリングを引くだけでワンタッチで座面の後方が持ち上がり、そのままシートバックが倒れてフラットフロアにできるという便利機構を持つ。

また、バックドアガラスハッチを単独で開閉できるのはプレサージュのアドバンテージ。これは日産車のいくつかにも付く装備だが、非常に便利に使えるので、これを理由にプレサージュを購入したユーザーも多いようだ。

ラゲッジラゲッジ2列目シート3列目シートドアオープン

新発想のスーパーリラックスシートが武器

インパネフロントシート

オーソドックスなデザインのインパネに、コダワリの機能が盛り込まれている。各部に配された間接照明は、ユーザーの気分を高めるべく最適な設定を試行錯誤したとのこと。さらには、操作系のスイッチやダイヤル類のタッチや、レバー類の操作感、グローブボックスの開閉の仕方、ステアリングのグリップ感などにもひとつひとつコダワって設定されていることが見て取れる。

シートの着座感は硬さの中に柔らかさがあり、適度なホールド感が得られるという印象で、長時間の移動でも疲労感の少なそうな、よくできたシートが与えられている。

2列目シートは、左側は横スライドも可能なほか、MPV独自のスーパーリラックスシートを楽しむこともできるのが特徴。シート自体の完成度は極めて高く、MPVの2列目シートは数あるミニバンの中でも最高に贅沢な空間となってくれる。

ただし、惜しむらくはもう少し後方にスライドできないと、成人男性が使った場合に足がフロントシートの背面に当たってしまうことが残念ではあるが…。3列目シートのサイズは不満のないレベルで、居住空間も意外と広く設定されている。

3列目は後方のストラップを引くとシート座面が沈み込みながらシートバックが前方に倒れてフラットになる。この機構は非常に秀逸といえる。

2、3列目の乗り心地は、ロール時にグラッとする感覚が小さいながらも妙な硬さ感はなく、3列目はやや微振動を拾いがちなものの、全体の快適性は高いレベルにあるといえる。また、全席にわたって静粛性が非常に高いことも特長として挙げられる。スポーティなモデルながら、あくまでミニバンとしての本質を追求して開発されたことがうかがえる仕上がりだ。

ラゲッジラゲッジ2列目シート3列目シートドアオープン

外観から想像するよりもミニバンらしい室内

フロントスタイルリアスタイル

斬新なデザインのインパネは、あらためて見ても実にインパクトがある。デザインそのものが奇抜なダッシュ~インパネだけでなく、奥まって配されたメーターパネルや、ATセレクター、カーナビのコマンダー、エアコン吹き出し口など、SFチックな面白さがある。

また、ダッシュパネルのシボやドアトリム生地などにも新しい感覚が見られ、今回のマイナーチェンジでは、アブソルートのインテリアカラーがウォームグレーに変更された。

現行オデッセイは車高が低く設定されたことで走りの洗練という大きなメリットを得たが、ミニバンの本質からすると少しばかり失ったものもないわけではない。それはやはりスペースユーティリティに見られるし、車高が高いから見晴らしがいいというのもミニバンの楽しみのひとつに違いないが、オデッセイでは推して測るべしである。 とはいうものの、エクステリアからイメージするよりもずっとインテリアはしっかり「ミニバン」している。

頭上空間の小ささを除いて、2列目の居住性は他の2台に比べても遜色ないレベルにあるし、さらに3列目も実際に座ってみると意外なほどスペースが確保されていて、「使える」のだ。居心地はそれほど悪くない。 シートアレンジについても、2列目にダブルフォールダウン機構を備え、フラットなラゲッジルームを創出することができる。ヘッドレストを外す必要がないのもありがたい。

また、オデッセイは今回の中で唯一、リアにスイングドアを採用するわけだが、スライドドアだらけになったミニバン界で、あえてスイングドアにこだわるユーザーも多いと聞く。

乗り心地に関しては、前席ならいざしらず、2列目、3列目といくほどに微振動を感じさせられる。かつてのアブソルートに見られた突き上げ感はそれほど感じられなくなったものの、やはり硬めの印象があるのは否めない。ただし、決して不快といったレベルのものではなく、これもアブソルートの味のひとつと考えれば許せないことはないだろう。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

内装・装備の総評

プレサージュとMPVはパッケージング的にもユーティリティ面でも似た面が多いが、MPVは後発モデルらしくスーパーリラックスシートという新たな商品力を身に付けてきた。これをぜひ使いたいと思うのであれば、もちろんMPVを選ばない手はない。飛び道具ではないが、プレサージュの開閉可能なガラスハッチも実際の多くのシーンにおいて重宝することは想像に難くない。

オデッセイは他の2台に比べるとミニバンとしての使い勝手には制約があるのは否めないが、それでもユーザーが望むであろう要素をしっかり盛り込んでいるし、実用上はほとんど問題ないと思われる。

日産 プレサージュ 関連ページ

マツダ MPV 関連ページ

ホンダ オデッセイ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 プレサージュ の関連記事

日産 プレサージュの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • 走り系Lクラスミニバン 徹底比較

    3台比較

    走り系Lクラスミニバン 徹底比較

    新型MPVのターボモデルは3月にデリバリーが開始され、4月にオデッセイ、5月にプレサージュがそれぞれマイナーチェンジと、今年に入ってLクラス....

  • 日産 プレサージュ 試乗レポート

    試乗レポート

    日産 プレサージュ 試乗レポート

    通常のマイナーチェンジ以上のレベルで大幅改良今年は上級ミニバンの市場が盛り上がりを見せている。1月にはエスティマが、2月にはMPVがフルモデ....

  • 日産 プレサージュ 新型車徹底解説

    新型車解説

    日産 プレサージュ 新型車徹底解説

    日産 プレサージュがマイナーチェンジ!より精悍でスマートに変身!日産 プレサージュがマイナーモデルチェンジを行った。今回のマイナーモデルチェ....

日産 プレサージュ の関連記事をもっと見る

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/18~2017/10/18