autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 スポーティ軽カー 徹底比較 4ページ目

3台比較 2006/9/7 16:35

スポーティ軽カー 徹底比較(4/4)

スポーティ軽カー 徹底比較

スバルがこだわり続けるメカニズムが光る

走行走行

現時点で、各メーカーがマーケットに送り込んでいる軽ハイトワゴンの中で、ベストチョイスといってよい内容を誇る。

エクステリアは好みによると思うが、ワゴンRと比べたアドバンテージは、スムーズな4気筒エンジンとCVTの滑らかな加速フィール、4輪ストラットサスペンションによる乗り味と、快適性重視の乗り心地、優れたステアフィールとハンドリングなど、いくつも挙げられる。

ただし、実際に使用されるシーンにおいて、それがどれほどのメリットをもたらすかを考えると、ワゴンRでも十分といえなくもない。メカニズム的に乗用車と同等の内容を持つ備えたステラにアドバンテージがある点は多いが、それにこだわるか否かはユーザー次第。そして、たとえこだわらなくても「良い」ことには違いない。

また、ユーティリティについても、現時点での最後発モデルらしく、ワゴンRの強みを研究しつくし、それを超えることを念頭に開発されたことがうかがえるが、結果として勝る点もあれば及ばない点も多々見受けられる。

選択眼としては、これもユーザーがどこにこだわるかによるわけだが、小さな子供のいるママさんにとっては、確実にステラのほうが重宝するシーンが多いはずだ。

乗用車をしのぐ走りの小さな乗用車

走行走行

ワゴンRとの直接的なライバルではないが、クルマ選びというものは、まずは価格で斬るもの。実は、ソニカとワゴンR RRの価格は同一であり、その点で選択肢に上がる可能性は十分に考えられる。

ソニカはこれまで軽カー界になかったコンセプトで新しい魅力を打ち出したモデル。デザイン的には新しいクルマではあるが、実は普遍性を強く訴求したモデルであり、内容的にはサイズの小さな乗用車と認識していいだろう。乗用車から乗り換えたときの違和感の小ささは、現時点での軽カーのラインアップの中で随一といえる。

実際、走りにおけるアドバンテージは大きい。足まわりの仕上がりは素晴らしく、快適性とスポーティ性をこれほど巧く両立したモデルは国産全乗用車を含めても珍しい。

惜しむらくは、せっかくなのでもう少しターボ車を運転する感激を与えてほしいところだが・・・。

内外装や装備の質感は非常に高い。それでいてハイトワゴンタイプほどではないにせよ、実用上そこそこ十分なユーティリティを身に付けている。もともとそれが狙いのはずなので、ソニカを見て「狭い」などというのは見当はずれだろう。

どちらかというと男性的なイメージが強く、これまで述べてきたとおり走りがよいので、そのあたりを求める人に積極的にオススメしたいと思う。

後発ライバルに及ばないが勝っている

走行走行

軽カーの王者ワゴンRをあらためて取り上げてみたが、やはり売れているのもうなずける。「このクルマを買っておけば間違いない」と感じさせるのだ。 すっかり目になじんだエクステリアは、オリジナリティにあふれるものだが、見る者に嫌悪感を抱かせることがないところが強み。少々チープなインテリアも、他と見比べなければ不満に感じることもないだろう。深く考えなければ、ワゴンRは今でも軽カー界の大本命である。また、リセールバリューの高さも大いに魅力だ。

何よりも強みなのはスペースユーティリティだ。限られた空間をめいっぱい生かして、そこに考えられる限りの便利な機構を詰め込んでいる。一度これに慣れてしまうと、次に軽カーを買うときに、なかなか他に行けなくなってしまうのではと思われるのだ。軽カーとしての実力の高さは、その販売実績が物語る。「迷ったらワゴンR」だ。

さすがに古さが隠せなくなってきたところも見受けられるし、昨今のライバル各車の実力アップは目覚しいものがあるが、ワゴンRはこれまでとそれほど勢いを変えず売れ続けることだろう。

スバル ステラ 関連ページ

ダイハツ ソニカ 関連ページ

スズキ ワゴンR 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル ステラ の関連記事

スバル ステラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル ステラ の関連記事をもっと見る

スバル ステラ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/24~2017/8/24