autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 ミドルクラススポーティミニバン 徹底比較 2ページ目

3台比較 2006/8/16 15:20

ミドルクラススポーティミニバン 徹底比較(2/4)

ミドルクラススポーティミニバン 徹底比較

見た目も走りもさらにスポーティ

フロントスタイルリアスタイル

初代とずいぶん変わって、一見したところミニバンというよりも、太いリアピラーのせいか、少し背の高いワゴンのようなスタイルとなった。いわばエディックスを2人×3列にもどしたという印象だ。あまり新しさを感じさせるものではないものの、スポーティで精悍な雰囲気がある。

今回は最上級グレードである2Lの「RSZ」を持ち込んだ。やがてまたアブソルートが追加されるのかもしれないが、現状でもっともスポーティなモデルであり、その味を前面に打ち出した走りを味わわせてくれる。

エンジンはトップエンドまで痛快に吹け上がり、低-中速域のトルクも十分に確保されている。レスポンスも良好で、CVTはダイレクト感がある。動力性能に不満はない。

コーナリング姿勢も素晴らしく、ほとんど乗用車感覚。ミニバンというデメリットをまったく感じさせない。前ストラット&後ダブルウィッシュボーンのサスペンションは十分なストロークがあり、ハードコーナリングを試みても高い接地性が得られる。

ステアフィールは適度な操舵力を要する、しっかりとしたものとなっている。ただし、センター付近にやや違和感がある。年初に発売されたゼストスポーツでも見受けられたのだが、センターフィールが曖昧で、まっすぐ走っているつもりが、ステアリングが少しでも切れている方向にクルマが進もうとしてしまうのだ。結果として直進安定性がやや損なわれているところがある。

 乗り心地は全体的に少し硬めだが、初期の当たりはマイルドで、これがキビキビ感のある走りを生んでいる。積極的に走りを楽しめる味付けといえるだろう。2-3列目については、それほど不快ではないものの、少し硬めの印象が残る。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

見た目のイメージと裏腹にコンフォート重視

フロントスタイルリアスタイル

スタイルにはさすがに古さを感じるようになってきたが、最上級の「Z」はワイドフェンダーを装着したアグレッシブなスタイルが特徴。これにより通常のウィッシュが5ナンバー枠に収まるのに対し、「Z」は3ナンバーとなっている。

ちなみに、ミニバンをコンパクトにしたのが初代ストリームだとしたら、ウィッシュのほうが、ステーションワゴンの延長上にあるクルマというイメージが強かったので、結果的にウィッシュのほうがヒットしたのかもしれないと、今さらながら思ってしまう。

2LのD4エンジンは非常にトルクフルでレスポンスに優れるが、旧世代のCVTが、その良さをスポイルしてしまっているように感じられてしまう。また、ライバルに比べるとパワートレイン系のノイズが大きめである点も挙げられる。

スポーティ仕様の比較的硬められた足まわりを持つが、乗り心地は後席を含めそれほど悪くない。一般的な市街地走行は無難にこなすことができる。反面、コーナリングではそれなりに大きなロールを許容するし、今回の3台の中では上モノのグラつきが、とくに大きく感じられた。どちらかというとコンフォートを意識した味付けのようで、「Z」の見た目のイメージとは異なるところである。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

5ナンバー枠にとらわれなかったメリット

フロントスタイルリアスタイル

3ナンバーとなった現行プレマシーだが、本質的には5ナンバー・プラスアルファのモデルであり、価格的にもストリームやウィッシュのライバルとなり得るどころか、むしろ割安感すらある。今回の中で唯一、両側スライドドアを採用しているのも特徴だ。

いかにもミニバンらしいプレーンなスタイルは、奇をてらわないが新鮮味があり、いかにも中が広そうな印象を受け、ヨーロッパのミニバンっぽい雰囲気もある。

見た目だけでなく走りもヨーロッパふうの仕上がりを見せる。スポーティなドライブフィールと快適性のバランスが絶妙で、ステアリングやブレーキのフィーリングも適度にリニア。何の違和感もなく、快適なドライブが楽しめ、過度にスポーティテイストが演出されていないところがいい。1台のミニバンとして、ライバルにとっても見本となるべき部分の多い完成度を誇る。

これは、わずかな差とはいえ全幅を5ナンバー枠に捉われず設定したことで、セッティングに余裕が生まれたことも少なからず影響していると思われる。さらには、スタイリングの縦横比の好バランス感や、スペース効率面でも好結果をもたらしたといえそうだ。

2LのMZRエンジンはフラットトルクな特性を示し、静粛性が高く、振動感が小さいところもアドバンテージだ。組み合わされるトランスミッションは今回唯一となるATで、しかも4速というのが気になるところだが、実際に運転してみると、それほどネガティブに捉える必要はなさそう。むしろATのナチュラルなフィーリングには好感が持てる。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

デザイン・スペックの総評

同クラスのスポーティに特化した3モデルを集めてみたが、走りについて、ストリームはライバルとは、もはや別次元に行ってしまった印象。本気で「走り」を追求するのであれば、やはりストリームをイチオシしたい。プレマシーもミニバンという枠の中ではかなりハイレベルで、スポーティなだけでなく快適性を両立しているところがいい。

見た目の印象は、プレマシーはミニバンらしく、ウィッシュは乗用車的で、ストリームは新しいカテゴリーの乗り物という印象がある。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ ストリーム の関連記事

ホンダ ストリームの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ ストリーム の関連記事をもっと見る

ホンダ ストリーム の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/17~2017/12/17

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円