autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 都会派クロスオーバーSUV 徹底比較 3ページ目

3台比較 2006/8/31 14:47

都会派クロスオーバーSUV 徹底比較(3/4)

都会派クロスオーバーSUV 徹底比較

ベーシックな素性を磨き上げたユーティリティ

インパネフロントシート

スッキリとしたインパネには各種操作系スイッチが並び、非常に使いやすい。基本に忠実なレイアウトといえる。

新しいエアブレイクは、パワーシートが標準装備となり、ステアリングホイールが本革巻きとなったこと。また、インテリアカラーがベージュ以外にブラックも選択できるようになった点などが挙げられる。

これまでどおりビルトインHDDカーナビが標準装備され、外部入力端子も備わるほか、センターには保冷機能付きのマルチボックスも備わる。

ファブリックと本革を組み合わせたシートは、見た目の質感が高く、着座感も心地良い。新型エアブレイクはボンネット先端の位置が高くなったことで、車両感覚もつかみやすい。また、標準装備される大型のガラスサンルーフが抜群の開放感をもたらしてくれる。 2列目シートにも着座姿勢を好みのものとするための前後スライド機構が備わる。スライド量に応じて腰の部分の角度が自動的に最適となる機構を設けているあたり、ユーザー視点の開発思想が感じられる。

ラゲッジルームはボディサイズから想像するよりもかなり大きなスペースが確保され、幅、奥行きとも十分な広さとなっている。また、あまり高さはないが、フロア下にアンダーボックスも備わり、左右脇には小物入れも設定される。フロア自体が低く設定されているところも印象的だ。 リヤシートを倒すと相当な広さのスペースとなり、スキー・スノーボードなどの積載も容易となる。SUVに求められるベーシックな部分の素性を磨き上げ、本質を追求した、非常に使い勝手に優れるユーティリティを誇る。

リアシートラゲッジアンダーボックスメーターサンルーフ

7人乗りも選べる万能に使えるSUV

インパネフロントシート

シンプルな造形の中にアクセントとなる要素を取り入れていたデザインのインパネは、操作性にも優れる。乗用車的なシートが備わり、比較的ヒップポイントを低く設定。スポーティな形状となっているが、不要なホールド感はなく、見た目の印象よりもソフトな着座感をもたらす。運転席のシートリフターを上げると、かなり高い位置までヒップポイントが上がる。ステアリングにはCVTをマニュアル操作するためのパドルシフトが付き、これが樹脂ではなく金属製となっているのも特筆すべき点。操作性、レスポンスとも良好だ。

センターコンソールには駆動方式のセレクターが設定され、助手席前には、保温保冷機能付きのアッパーボックスと、大容量のロアボックスが備わる。

2列目シートも1列目に近い印象だが、ヘッドレストは必ず伸ばして使うタイプとなる。センターシートの着座感も予想したほど悪くなく、意外と使える。

2列目シートは、ラゲッジトリム両脇のスイッチ操作によりワンタッチで独立してタンブルさせることができる。これは便利な機構ではあることには違いないが、けっこう乱暴な動き方をするので、小さな子供のいるユーザーは気をつける必要があるだろう。

また、アウトランダーは5人乗りとほぼ同程度の価格で7人乗りを選ぶこともできる。とはいえ3列目シートのスペースはやはりミニマムで、ネットのような簡易シートとなり、いざとなったときしか使わないほうが無難。7人乗りを選んでも基本的には5人乗りと考えたほうがいいだろう。 また、「G」グレードにはロックフォード製オーディオが標準装備され、重低音の利いたサウンドを楽しめるのも特徴だ。

ラゲッジスペースはボディサイズの大きさも手伝って容量的には十分。また、ゲートはアッパーとロアに分けて開くことができるのも特徴。ロアゲートは最大荷重200kgまで耐えるので、旅先で夫婦+子供で座ってくつろぐこともできる。

このようにアウトランダーは、1台のクルマの中に考え得るユーティリティをすべて盛り込んだような印象を受ける。

2列目シートラゲッジゲートメーター3列目シート

独特の空間を演出するインテリアデザイン

インパネフロントシート

2段構えの斬新なデザインを採用したインパネが特徴的。また、あくまで「高級感」というべき類いのものではないにせよ、各部の樹脂パネルの質感も高いと感じさせる。

同じく質感の高いシートは、ややアップライトなドライビングポジションとなり、シートリフターを下げてもヒップポイントはやや高めの位置となる。よってダッシュパネルなどの視界は見下ろすような格好となるが、Aピラーの太さが少々気になる。

全体としては、いささか一風変わった空間ではあるが、乗用車的な居心地の良さを感じさせるものである。

ステアリングホイールにはステアリングスイッチだけでなく、「G」グレードにはクルーズコントロールも標準装備される。 収納スペースの設定はそつなく、アッパーボックスについてはスイッチによりオープンだけでなくクローズのほうも操作できるのも特徴だ。

2列目シートは1列目に近い印象のものだが、シートクッションが短く、シートバックは高いという設定。これは、前後スライド量をたっぷり確保したことでシートアレンジとの両立を図ったためと思われる。

また、2列目シートの肩の部分に大きなレバーが付いているのは、通常のリクライニングはもちろん、ラゲッジ側からも操作することができるので非常に使いやすい。

ラゲッジスペースは、ボディサイズの影響を受けてか幅は十分にあるものの、奥行きについては今回のライバル車に比べてやや劣る印象だが、使い勝手に不満はないだろう。 また、多彩に使い分けることのできるユーティリティネットや、充実した床下収納スペースなど、独自のアイデアも見られる。

リアシートラゲッジ床下収納スペース収納スペースメーター

内装・装備の総評

SUVに求められる使い勝手としては、スペースユーティリティ、収納、シートアレンジとも、いずれも良好なレベル。また、細かい部分に各車それぞれのアイデアが盛り込まれており興味深い。フォレスターについては、クルマ自体の良さを生かし、今回の中でもっともコンパクトながら最大限にスペースを活用している点は大いに評価したい。さらに、エアブレイクに与えられる特別装備の内容を見ると、非常に買い得感が高いといえる。

スバル フォレスター 関連ページ

三菱 アウトランダー 関連ページ

トヨタ RAV4 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル フォレスター の関連記事

スバル フォレスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル フォレスター の関連記事をもっと見る

スバル フォレスター の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26