autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 コンパクトカー 徹底比較 3ページ目

3台比較 2006/9/21 14:29

コンパクトカー 徹底比較(3/4)

コンパクトカー 徹底比較

デザインと収納スペースを見事に両立

インパネフロントシート

エクステリア同様、インテリアのデザインも新しい感覚に満ちている。最大の特徴はセンターメーターの採用だ。このコンセプトは、初代ヴィッツが打ち出し、その後トヨタのいくつかの他モデルにも採用されている。デザインだけでなく、ユーティリティにおいても、クルマのインテリアのあり方に新風を吹き込んだのは事実だろう。

ただし、全体的に樹脂パネルの質感が低いところが気になる。とくに、インパネからフロントドアトリム~リアドアトリムにつながるグレーのパネルがそうだ。

なお、ステアリングには今回で唯一テレスコピック機能が備わり、ヴィッツの中でもUグレードのみ備わる。

運転席の前には何もなく、収納スペースが設定されている。センターパネルにも遊び心あるデザインとトレイ状の収納スペースを両立している。大容量のグローブボックスの上にアッパーボックス、助手席下にシューズトレイを設置し、座面の上に載せた荷物が落ちないようにする囲いを設けるなど、とにかく収納スペースの設定には目を見張る。

左右のエアコン吹き出し口の前に収納式のドリンクホルダーを設定するなど、実用性とデザインの両面から煮詰めたことをうかがわせる。

シートは、見た目はソフトなように見えるが、着座感は比較的コシがある。

ドライビングポジションはアップライトで、ダッシュボード先端が遠く感じられる。初代ヴィッツではAピラーが間近にあって視界を悪くしていたが、こちらはピラーがかなり太く、やはり死角をつくっている点は少々気になる。

後席はスペース的には、大の大人が座ると頭上が狭いが、コンパクトカーの後席としては十分だろう。また、フラットフロアとなっている点はアドバンテージといえる。

4段階のリクライニングが可能である点もありがたい。10cmの前後スライドも可能となっている。後席の乗降性は、サイドシルは高くなっているが、シートのヒップポイントが高いことに助けられている。

ラゲッジスペースは、初代よりも拡大されたものの、やはりミニマムで、アンダーボックスが備わっている。

全体としては、コンパクトカーに求められるベーシックな素性を極めた、そつない仕上がりが見られる。

リアシートドアオープンラゲッジラゲッジラゲッジ

インテリアの付加価値にも力を入れた

インパネフロントシート

他の2モデルと異なり、このスタイルのせいもあって、Aピラーの傾斜が小さく、フロントスクリーンが手前にあることが、かえって新鮮に感じられる。ピラーが太すぎず、視界をふさがれている感覚が小さいところもいい。

インテリア全体のデザイン的にも、エクステリアに通じるテイストでまとめられていて、乗っていて楽しさを感じさせる。

「プレミアムインテリア」や「コンラン」など、このクラスでいち早くインテリアの色使いや素材にこだわり付加価値を与えたのもマーチの特徴で、実際それがよく似合うところもマーチならではといえる。

デザインとともに、センターに操作性を非常にわかりやすく配置するなど、使い勝手にも優れているところもよい。

運転席に座ると、ヘッドライト上の突起状になっている部分が車両感覚をつかみやすくしていることがわかる。サイドシルとフロアの高低差が小さく、乗降性には3台中でもっとも優れる。

外見からするとリアシートのスペースは小さそうに見えるが、実際はそうでもない。シートのサイズは座面長、座面高ともに十分に確保されているし、十分にクッションの厚さある着座感となっている。それでいて、ヒップポイントがあまり高くないので、居住空間もそれほど狭いものではないし、足元もけっこう広くなっている。

また、左右が丸くえぐられたデザインにより、乗降性にも優れるなど、このスタイルから想像すると、意外なほど“使える”リアシートとなっているのだ。

ラゲッジルームはいたってシンプルで、リアシートのアレンジもシンプルそのもの。これで不満があるわけではない。テールゲートのサイズが大きく、低い位置まで開いてくれる。ラゲッジ容量は、ヴィッツといい勝負で、ヴィッツに比べるとアンダーボックスがないぶんフロアが低くなっている。

リアシートドアオープンラゲッジラゲッジラゲッジ

小さいボディに大きなスペースユーティリティ

インパネフロントシート

フィットのインテリアは、乗用車的なインパネとシートと、ミニバン的なスペースユーティリティを両立している印象がある。

とくに何か新しさあるデザインでもないが、スポーティな雰囲気をも併せ持っている。質感的にも悪くない。

ドライビングポジションは、足の投げ出し方も含めて乗用車的となっている。ダッシュボードが広く、頭上空間は今回の3モデルの中では圧倒的に広い。

インパネ下部にトレーを設け、大きめのセンターコンソールを設定するなど、このあたりがミニバン的な設定となっている点も特徴だ。また、ホンダ車の共通点だが、ドア側のアームレストの取っ手部分がトレーとしても使えるようになっている。

シートリフターがダイヤル式となっているが、オシリ側が持ち上がるのではなく、斜め前方にせり上がる設定で、調整の動き方としては、3モデル中フィットが一番優れると思われる。

リアシートは、シートアレンジを想定したためか、クッションが薄めで平らな印象だが、着座感は予想するほど悪くないし、頭上空間はかなり広い。運転席、助手席の肩の部分にレバーが付いていて、前席を後席からスライドさせることができるのも便利なアイデアだ。

ラゲッジ容量は、ルーフが後端まで伸びているので、それなりのスペースがテールを開けるときは必要になるが、今回の3モデルの中ではダントツで広く、リアシートを立てた状態でも十分に広い。

さらに、センタータンクレイアウトの恩恵で、リアシートをダブルフォールディングさせると相当に大きなスペースが出現する。この使い勝手は、大きなアドバンテージといえる。

小さなボディに最大限のスペースユーティリティを凝縮したのがフィットだ。

リアシートドアオープンラゲッジラゲッジラゲッジ

内装・装備の総評

このクラスのクルマのユーザーは、ユーティリティについて、もともとそれほど多くのものを望んでいなかったのではという気がしている。ところが、フィットがこれほどの機能を実現したため、他社も足並みをそろえなければならなくなったように思える。ヴィッツはそれを凝ったデザインとともに両立を図っている。逆にマーチは、機能性はほどほどに、デザインと見た目で優位に立とうとしている。それはそれで悪くない。このクラスのクルマに望めるものは限られているとは思うが、とにかくフィットが、絶対的なスペースが限られる中で、これほどのスペースユーティリティを実現している点には、あらためて驚かされる。

トヨタ ヴィッツ 関連ページ

日産 マーチ 関連ページ

ホンダ フィット 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴィッツ の関連記事

トヨタ ヴィッツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴィッツ の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴィッツ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22