autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 【比較】レヴォーグ・アテンザワゴン・ゴルフヴァリアントを徹底比較 ~走りが楽しく内外装も上質な都会派ワゴン3車~ 3ページ目

3台比較 2014/7/25 10:32

【比較】レヴォーグ・アテンザワゴン・ゴルフヴァリアントを徹底比較 ~走りが楽しく内外装も上質な都会派ワゴン3車~(3/4)

【比較】レヴォーグ・アテンザワゴン・ゴルフヴァリアントを徹底比較 ~走りが楽しく内外装も上質な都会派ワゴン3車~

内装は上質で前席も座り心地が良い、アイサイトはバージョン3に進化した

スバル レヴォーグ 1.6 GT-S アイサイトスバル レヴォーグ 1.6 GT-S アイサイト

内装の雰囲気は従来のスバル車と同様で、機能性と質感を上手に両立させている。個性的とはいえないが、メーターやカーナビの画面は見やすい。エアコンのスイッチは、比較的高い位置に装着されて操作性が良い。光沢のあるブラックのパネルなど、流行も巧みに取り込んだ。

試乗したグレードが1.6GT-Sアイサイトだから、前席にはスポーツシートが装着される。座面の長さ、背もたれの高さは十分にあり、腰を包む形状となり、肩まわりのサポート性も良い。体が座面に沈む量は大きくないが、座り心地は適度に柔軟で快適に仕上がっている。

後席は腰が少し落ち込んだ座り方になる。しかも運転席にランバーサポートの調節機能を備えた10ウェイパワーシートが備わると、後席に座った乗員の足が運転席の下に収まりにくい。車内の広さはインプレッサと同程度だから、生産を終えた最終型のレガシィツーリングワゴンに比べると少し窮屈に感じる。

それでも身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座った同乗者の膝先空間は握りコブシ2つ少々。頭上には握りコブシ1つ分の余裕があり、ファミリーカーとして使える居住性を備えている。

荷室の使い勝手も良く、ホイールハウスなどの張り出しを上手に抑えた。

装備では進化したアイサイトバージョン3が注目される。2つのカメラが対象物を認識するが、バージョン2に比べると、左右の視野と遠方の認識能力がそれぞれ40%向上した。カラー画像化でブレーキランプも識別し、早期に警報を発することも可能になった。

■スバル レヴォーグの画像ギャラリーはこちら(インテリア)

スバル レヴォーグ 1.6 GT-S アイサイトスバル レヴォーグ 1.6 GT-S アイサイトスバル レヴォーグ 1.6 GT-S アイサイトスバル レヴォーグ 1.6 GT-S アイサイトスバル レヴォーグ 1.6 GT-S アイサイト

ワゴンとしての実用性を高め、衝突回避の支援機能も充実させた

マツダ アテンザワゴン 2.2 XD Lパッケージ ディーゼルターボマツダ アテンザワゴン 2.2 XD Lパッケージ ディーゼルターボ

インパネなどの内装は、最近のマツダ車らしくスポーティーな雰囲気だ。エアコンのスイッチは取り付け位置が少し低いが、水平基調で配置されて操作性は良い。メーターも大径で見やすい。

前席の座り心地は、少し硬めで欧州車風だ。シートのサイズには余裕があり、肩まわりのサポートも良い。背もたれの下側が適度に硬く、腰の支え方も満足できる。

後席は全長が4800mm、ホイールベースが2750mmという寸法を考えると、足元空間はあまり広くない。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座った同乗者の膝先空間は握りコブシ2つ半だ。レヴォーグよりも広いが大差はない。腰の落ち込む着座姿勢も気になる。座面の奥行は長いが、大腿部の支え方はいまひとつ。アテンザセダンの方が足元が少し広く快適だが、ワゴンも4名乗車時の実用性は妨げていない。頭上には握りコブシ1つ少々の余裕がある。

荷室の広さは十分。タイヤが収まるホイールハウスは少し大きめに張り出すが、奥行に余裕を持たせた。

装備では安全面に注目したい。前方については、車両の直前は赤外線レーザー、遠方はミリ波レーダーで検知する。カメラも搭載するが、車線逸脱の警報とハイビームコントロールに使われ、アイサイトと違って歩行者や自転車を見分ける能力はない。その代わりアテンザワゴンは、後方に向けたミリ波レーダーを用意して、側方や斜め後方の車両も検知して警報し、主に車両との衝突を避ける機能を充実させた。

■マツダ アテンザワゴンの画像ギャラリーはこちら(インテリア)

マツダ アテンザワゴン 2.2 XD Lパッケージ ディーゼルターボマツダ アテンザワゴン 2.2 XD Lパッケージ ディーゼルターボマツダ アテンザワゴン 2.2 XD Lパッケージ ディーゼルターボマツダ アテンザワゴン 2.2 XD Lパッケージ ディーゼルターボマツダ アテンザワゴン 2.2 XD Lパッケージ ディーゼルターボ

デザインは大人しいが操作性や視認性が優れ実用的に仕上げた

フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント TSI ハイラインフォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント TSI ハイライン

内装のデザインはオーソドックスだ。エアコンのスイッチや吹き出し口の配置はレヴォーグに似ているが、操作パネルを直立させた。見栄えの立体感が乏しいが、光沢のあるブラックのパネルを使いながら映り込みが少ないということもあり、運転への集中力を削がれにくい。スイッチの収まるインパネの中央部はドライバーの方に少し傾け、操作性を高めた。また、メーターの視認性も良い。

初代から3代目くらいまでのゴルフファンには、メッキパーツが気になる。もう少し質素でも良いと思うが、ほかの車種に比べると装飾類は控え目だ。

運転席は座面が硬めで体の沈み込みは少ないが、しっかりと支える。ライバル2車に比べると床と座面の間隔が大きく、背筋を伸ばして座ると適切な運転姿勢が得られる。試乗車には運転席の電動調節機能が付いていて、背もたれの腰が当たる部分を調節できるランバーサポートは、上下調節も可能だから体格に合わせやすい。

後席はサイズに余裕があり、ドイツ車のワゴンの後席としては座面にも柔軟性がある。座面の前方を持ち上げたため大腿部が離れにくいが、小柄な同乗者は圧迫感を抱く場合もあるので注意したい。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る同乗者の膝先空間は握りコブシ2つ弱。ライバル2車と比べて少し狭いが、前席の下に足が収まりやすく、窮屈には感じない。

リアゲートを直立させたこともあり、荷室も広くて使いやすい。

衝突回避の支援機能は、ミリ波レーダー方式を採用する。カメラを使って車線を読み取り、逸脱時には警報を発してハンドルの補正も行う。

■フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアントの画像ギャラリーはこちら(インテリア)

フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント TSI ハイラインフォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント TSI ハイラインフォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント TSI ハイラインフォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント TSI ハイラインフォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント TSI ハイライン

内装・装備の総評

居住性は3車種ともに、ほぼ横並びだ。アテンザワゴンはボディが大柄で、空間効率は少し下がる。各車種とも全高は1500mmを下まわり、後席は腰が少し落ち込む座り方になる。

荷室の容量は、VDA測定によるカタログ数値で、レヴォーグが522リッター、アテンザワゴンは506リッター。ゴルフヴァリアントはISOの測定で605リッターになる。先代ゴルフヴァリアントは505リッターだったから、現行型になって容量が拡大された。レヴォーグとアテンザワゴンは外観のカッコ良さにも配慮したが、ゴルフヴァリアントは実用重視で荷室も広い。

衝突回避の支援機能は、それぞれ機能が異なる。レヴォーグはアイサイトバージョン3を装着し、歩行者や自転車を識別することも可能だ。車線逸脱時にはハンドル操作の補正も行う。アテンザワゴンにこの機能はないが、2車線道路などで並走する後方の車両も検知できる。ゴルフヴァリアントに後方の車両を検知する機能はなく、ミリ波レーダーのため歩行者や自転車も検知できないが、車線逸脱時にハンドル操作を補正する機能は備わる。

スバル レヴォーグ 関連ページ

マツダ アテンザワゴン 関連ページ

フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レヴォーグ の関連記事

スバル レヴォーグの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レヴォーグ の関連記事をもっと見る

スバル レヴォーグ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/18~2017/10/18