autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 個性派ハッチバック 徹底比較 3ページ目

3台比較 2006/10/20 11:53

個性派ハッチバック 徹底比較(3/4)

個性派ハッチバック 徹底比較

乗るたびに楽しいカラフルな色使い

インパネフロントシート

基本的な構成はベースのポロと同じ設定となっている。そして、シートやドアトリムのカラーの色使いで遊び、カジュアルなイメージを演出。エクステリアとの統一感もあり、クルマ全体でポップなイメージを表現している。

あらためてこのインテリアを見ると、インテリア全体の質感は昨今のVW車の例にもれず、そこそこ高いことがわかる。パネル間のチリの合わせの隙間の正確さなどを見ても、それは明らかだ。メーターやスイッチ類などの操作系も整然と並んでいて使いやすい。

インパネ下部はトレー状になっていて、小物などが置けるようになっているところも便利だ。また、20mm高められた車高による高めのアイポイントから、取り回しがよく感じられる。

リアシートはクッション部に角度をつけることで、オシリを沈み込ませるような形で座らせる設定となっている。おかげで頭上空間が広く確保され、比較的立ったサイドウインドウも手伝って、狭さを感じさせない。ウインドウ面積も広く、後席の頭の横にピラーあるが、その後方のピラーにもガラスウインドウが備わるため、開放感も高い。

リアシートはシンプルにフォールディングするタイプ。ラゲッジルームは深さのある設定で、スペース的にはボディサイズのわりには大きいという印象。実際の使用状況下でも、これだけあれば不満に思うこともないだろう。

リアシートラゲッジラゲッジメーターシフト

スポーティ&シックなインテリア

インパネフロントシート

インテリアデザインのコンセプトは「スポーティ&シック」という。

実にクリーンでスッキリとした印象で、とくに奇抜なところはなく、飽きの来ないインテリアデザインとなっている。質感的にも悪くない。

センターパネルは真ん中にオーディオ、下にエアコン、上にエアコン吹き出しをレイアウトされ、両側シルバーのアクセントを配している。なお、オーディオはビルトインされているが、好みにより2DINサイズのセンターガーニッシュも選択可能である。操作系のスイッチやダイアルがかなり大きく、運転中でも操作しやすくなっている。

収納スペースの設定も、とくに変わったことを行なっているわけではないが、グローブボックスの容量を大きく確保したほか、各部を使いやすく設定していることがわかる。

たっぷりとしたサイズのシートに腰を降ろすと、ヒップポイントが高く、見下ろすようなドライビングポジションとなっている。視界は良好で、スズキ車らしく大きな面積のドアミラーが装備されている。ステアリング調整はチルトのみで、テレスコピック機構は付かない。

ボディサイズによる余裕もあって、リアシートはスタジアムレイアウトとなっており、前席よりもヒップポイントがかなり高めになっている。成人男性が乗ると、頭上空間についてはさすがに少し小さく感じるだろうが、全体としては十分に広いスペースが確保されている。頭横のピラーも上手く視野に入る部分を隠している、今回の3台中、居住空間については圧倒的に優位性がある。リアシートにもアームレストが備わるのはSX4のみ。

ラゲッジスペースももっとも広く、フロアがスクエアに近い形状となっている。 リアシートはダブルフォールディングが可能で、フラットで広大なラゲッジスペースとすることができる点もアドバンテージである。

リアシートラゲッジラゲッジメーターシフト

質感が高く独特の雰囲気がある空間

インパネフロントシート

パッと見で、インテリアはフィアットのコンパクトカーというよりも、むしろアルファロメオっぽい雰囲気がある。総じて、フィアットのプレミアムコンパクトカーという主張を感じさせる空間となっている。スポーティでもあり、高級感もあるので、個人的にもけっこう好みである。

インパネの金属調の樹脂パネルは斬新な感覚があり、ダッシュボードのシボも面白い入れ方がなされている。デザイン的には、あくまでオーソドックスな中で、ドイツ車とも日本車とも違う独特の雰囲気を漂わせている。ただし、スイッチ類のレイアウトには少しばかり工夫の余地があると思われる。

今のところ日本に導入されるのは、右ハンドルの6速MT仕様のみとなっているが、これが少々問題ありだ。ペダルレイアウトに違和感があり、足を本来もっていきたい部分にもっていけない。フロア形状により、左足は常に足を曲げた状態になってしまう。また、アクセルペダルとブレーキペダルの高低差がかなり大きい。おそらく左ハン仕様では、このようなことはないはずだ。

レザー仕様のスポーツシートは、パイピングまで備わる上質なもので、人が座る部分をえぐり取ったような形状となっている。リクライニング調整はダイアル式となる。ドライビングポジションに収まると、外観のイメージどおりウエストラインが低く、フロントサイドウインドウ下端が低くなっていて、見晴らしは非常に良好。ドアミラーが大きく、視認性も良い。

後席およびラゲッジスペースについても、外観から想像するよりもずっと広い。今回唯一の2ドアモデルであり、乗降性はさすがに厳しいものがあるが、座ってしまえば印象は悪くない。 センタートンネルもあまり気にならない高さに抑えられ、座面はフラットで、シートバックのサイズも大きく、スペース的な狭さや圧迫感はあまり感じられない。意外なほど“使える”リアシートである。

リアシートはダブルフォールディングが可能だが、段差ができてしまい、いまどきの日本車やドイツ車と比べる見劣りしてしまう。また、せっかくの上質なインテリアながら、シートを引き起こすと裏側の処理が丸見えとなってしまう点など、気になるところが見受けられるのは否めない。

とはいえ、使い勝手としてはいくつか難点も見当たるが、この雰囲気の演出は、それらの難点を帳消しにしてしまうほどの魅力がある。

リアシートラゲッジラゲッジメーターシフト

内装・装備の総評

3台のインテリアのキャラクターはまったく異なり、それぞれイメージどおり。クロスポロとSX4は、形状のデザインとしてはオーソドックスなものだが、クロスポロは配色で楽しませてくれる。グランデプントは、なかなかプレミアム志向の空間演出を行なっている。装備については、いずれもユーティリティ面での奇抜な装備はなく、あくまでシンプルな中で使い勝手を追求している。その中では、日本車らしい工夫を見せ、絶対的なスペースの大きさを誇るSX4が一歩リードという印象。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン クロスポロ の関連記事

フォルクスワーゲン クロスポロの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン クロスポロ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン クロスポロ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/12~2017/12/12

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円599.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円