autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 個性派ハッチバック 徹底比較 2ページ目

3台比較 2006/10/20 11:53

個性派ハッチバック 徹底比較(2/4)

個性派ハッチバック 徹底比較

カジュアルなルックスが楽しい

フロントスタイルリアスタイル

現在のフォルクスワーゲンのラインアップは、ゴルフが上級移行したことで、ポロがかつてのゴルフのポジションを受け持っているといえる。こういった派生モデルを仕立てるベースモデルとしては、ポロが適任だったのだろう。

全高を20mm高め、シルバーのアンダープロテクター風バンパーや、ルーフレール、ホイールハウスとサイドシルのエクステンションなどを装備。ウインカー内蔵のドアミラーもシルバーのものに変更されている。

ベースのポロはどちらかというと地味な印象だったが、クロスポロには「華」がある。これだけ変更されると別のクルマのように見えるほどで、明快にクロスポロのキャラクターが打ち出されている。また、心なしかボディサイズもポロよりも大きく感じられる。

見た目の印象としては、普通のポロは万人向けのオーソドックスなものだが、クロスポロはかわいらしいという印象で、ユーザーが若者や女性が主体となると思われる。SUVテイストではあるが、「タフ」「力強い」というよりも、「ポップ」「ファッショナブル」というイメージが強い。

ドライブフィールはけっこうスポーティで、ドイツ車らしいスタビリティの高さも感じられる。

基本的にはベースのポロの良さを受け継いでいるが、両者を比べると、やはり車高を上げた分のマイナス要因が感じられなくもない。それでも十分に操縦安定性は高く、ロール感もナチュラルで、ロール量も抑えられているし、ステアリングフィールもリニアで接地感も高い。このあたりはさすがである。

このクラスで唯一となる6速ATの恩恵も大きく、ギアのステップ比も的確。新採用の1.6Lエンジンの動力性能と併せて、過不足ないドライバビリティを実現している。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

スポーツコンパクトとSUVの融合

フロントスタイルリアスタイル

今回の中ではもっともボディサイズが大きく、車高も高い。

エクステリアは、スズキのデザイナーがイタリアに滞在し、現地デザイナーとデザインしたとのこと。一見するとスイフトやエスクードと同じく、スズキが手がけたクルマという印象がしないもので、国籍感もあまり感じられない。

全体のパッケージングには工夫が見られるが、つかみどころのないデザインでもある。特に好かれもしないが、嫌われることもないだろう。とはいえ、スイフトやエスクードに続いて、スズキというメーカーが従来とは変わってきたことを感じさせるインパクトが、このSX4からも感じ取れる。

取材車両の「XG」グレードは、ルーフレールやアンダーモールを備えた、SUVライクなモデル。全幅は1755mmと3ナンバーサイズとなっている。

外見からして、いかにも車内が広そうな印象を受けるが実際にもそのとおり。それについては後述する。

走りはいたって普通に仕上げられていて、スイフトで感じられた良さをそのまま受け継いでいる。SUVにありがちな車高の高さによるデメリットもほとんど感じられない。乗り心地も適度にソフトで、ハンドリングもナチュラルだ。とくに何か「ココがイイ!」と強調すべき部分もないのだが、気になる部分もないところが強みである。ドライブフィールに違和感がないという点では、今回の3台中ではSX4が一歩リードという印象。大げさにいえばドイツ車のようなしっかり感も感じられる。

エンジンは1.5Lと2L(「S」グレードのみ)が用意され、それぞれにFFとパートタイム4WDがラインアップする。車名の「SX4」の「4」の由来は4WDにあるのだが、今回持ち込んだのは1.5LのFF車である。(※「XG」グレードは1.5Lのみの設定)

このボディで1.5Lエンジンというと、少し不足気味という気がしないでもないが、実際にはそうでもない。1.5Lのわりにはよく走るという印象だ。ただし、4速ATのみの設定というのは少々ビハインドである。

別の機会に2Lの4WDモデルにも試乗したことがあるのだが、そちらは逆に、「2Lのわりには遅い」という印象が強かった。その意味では、FFモデルであれば、2Lと1.5Lの価格面での差は意外に小さいとはいえ、1.5Lモデルで十分といえそうだ。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

クオリティの高さが魅力

フロントスタイルリアスタイル

ヨーロッパで主流の、ハッチバックながら少し大きめのボディサイズでクオリティが高いというクルマのフィアット版として、プントに代わって登場したのがグランデプントだ。

巨匠ジウジアーロが手がけたバランスのよいスタイリングは、各社が力を入れているこのカテゴリーにおいても、もっともよくまとまっていると思われる。サイドシルエットやウインドウグラフィックは思い切りフロントを下げてリアにかけて上がっていき、強く前進感を表現するものとなっている。

全体のフォルムはプレーンなものでありつつ、微妙な膨らみが上質感を醸し出している。フロントマスクではマセラティを髣髴とさせるライト形状とし、上級車にも通じるグリルのデザインとするなど、非常に上質を意識していることが見て取れる。

リアビューはシンプルで、上部にランプ類を集め、下半分には何もないように見せる処理がなされている。ラテン車らしい思い切ったデザインといえるだろう。17インチホイールのデザインも、エッジを立てて複雑なデザインとした、高価なアフター品のような凝ったものとなっている。

だが、走りのほうは先入観とは少々テイストの異なるものだった。イタリアのコンパクトカーらしいキビキビとした走りをイメージしたのだが、走りのテイストはやや大人しめの仕上がりである。

エンジンフィールはフラットトルクな特性で、扱いやすさを重視しているが、全体のトルク感は控えめ。ギア比の2速と3速が近いのはいいのだが、1速と2速が離れている。もう少し接近していたほうがありがたい。シフトフィールも、最近のMT車としてはやや節度感に乏しく、もう少し剛性感が欲しいところである。

乗り心地はイメージしたよりもかなりコンフォート方向の味付けで、速い入力でも当たりがソフトで、突き上げ感をほとんど感じさせない。それでいて、あるところからしっかりロールを抑えるような設定となっている。静粛性についても、騒々しさを感じさせない。

ハンドリングは、コーナリング中のアクセルオフでインを向く設定で、決して危険ではない範囲でタックインも駆使できるよう味付けされている。ステアリングのスイッチ操作によりシティモードと通常のモードが選択可能で、ステアリングレシオが変化するようになっている。実際にはシティモードでも十分にクイックである。ただし、もう少しステアリングインフォメーションが欲しいところだ。

最近のイタリア車は、おしなべてこの方向性に味付けされており、往年の「イタ車」のイメージとは少々変わってきている。このフィーリングを、これからの時代のイタリア車のものとして受け入れるべきなのだろう。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

デザイン・スペックの総評

ベース車にアレンジを加えることでキャラクターを引き立たせたのがクロスポロ。SX4はパッケージング自体を工夫することでプラスアルファを手に入れ、グランデプントはクルマとしての素性を磨き上げることで存在自体を際立たせたという印象。三車三様のアプローチだが、こういった個性的なモデルが豊富にラインアップされていることは、ユーザーにとって選ぶ楽しさの幅が広がるので、大いに歓迎したいと思う。

フォルクスワーゲン クロスポロ 関連ページ

スズキ SX4 関連ページ

フィアット グランデプント 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン クロスポロ の関連記事

フォルクスワーゲン クロスポロの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン クロスポロ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン クロスポロ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円599.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円