autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 最新SUV 徹底比較 3ページ目

3台比較 2006/11/17 11:08

最新SUV 徹底比較(3/4)

最新SUV 徹底比較

高いクオリティと優れたユーティリティ

インパネフロントシート

樹脂パネルやトリム類、シート表皮の質感も十分に高く、高級SUVとして考えても差し支えないほどのクオリティを感じさせるものとなった。各操作系がわかりやすく配置され、運転しながらの操作も行いやすい設定となっている。デザイン的なエクステリアとの調和も上手く取れている。

居住性については申し分なく、スペース的にも余裕がある。大きなセンターコンソールが備わることで、前席では高級サルーンに乗っているような印象すらある。

ノブ部が大きく、ストロークを大きくとったシフトレバーはマニュアルシフトも可能。その左側には、副変速機をセレクトするレバーも備わる。本格的4WDシステムのモードを運転中でも任意に変更可能となっているのは、パジェロが先鞭をつけたアドバンテージである。

センター上部には、パジェロの伝統である方位計ほか、各種インフォメーションを表示するモニターが備わる。

3列目シートは、従来と同じく、折り畳んでラゲッジフロア下に収納可能。また、2列目を前倒しすると驚くほど広いラゲッジスペースが出現するし、前後シートをフルフラットとすることもできる。

スペアタイヤを横開きタイプのテールゲートにセンターマウントとしている点もパジェロの特徴である。

ラゲッジシートアレンジ3列目シートインフォメーションディスプレイメーター

数多くの安全装備を標準装備

インパネフロントシート

最近のホンダ車は、過剰なまでにスポーティイメージを演出したインパネのモデルが多く見受けられたが、CR-Vはそれを適度に抑えつつ、乗用車的なデザインとしている印象。

金属調パーツを多用するなど、上質感を与えるものとなっている。 大柄なフロントシートは、適度なホールド感をもたらし、主力グレードのほとんどにパワーシートが標準装備される。サイドシルが低く、フロアとの段差がないよう設定されているので、乗降性にも優れる。

リアシートは6:4分割でスライド、リクライニング、ダブルフォールディングが可能。ラゲッジスペースは、上下2段に分けて使える「ダブルデッキカーゴシェルフ」を装備する。シンプルで使い勝手に優れる設定となっている。

また、各種安全装備に力を入れたところも新型CR-Vのアドバンテージだ。

横滑りを抑えるVSAだけでなく 、追突事故の発生を抑えるCMBSが全車標準装備とされたのも特徴的。このほか、AFSやIHCSSなども設定されている。

さらに、助手席ドアミラー下部に装備された「プリズムアンダーミラー」にも要注目だ。これにより、左フロントフェンダーに補助ミラーを装着する必要がなくなるほか、ドライビングポジションから左フロントタイヤまわりの状況を確認しやすくなったといえる。

リアシートラゲッジラゲッジプリズムアンダーミラーメーター

乗用車的にしつらえた室内空間

インパネフロントシート

インテリアはシンプルなデザインで、乗用車的な空間となっている。インパネは、かつてのクッションのあるダッシュボードのような印象の樹脂パネルが用いられている。

LIMITEDにはレザーシートが備わり、右ハンドル仕様のみの設定だが、もともとトリビュートと共同開発だったこともあるし、スペース的に余裕があり、ペダルレイアウトやドライビングポジションにはまったく違和感ない。リアシートは、フロントに比べやや高めのポジションに設定されており、閉塞感はない。シートアレンジなどユーティリティはシンプルで、十分に使いやすい。座るとCピラーが頭の真横にくるが、クリアランスがあるので、わずらわしい印象はない。

ただし、「ランニングバー」(=ステップ)の備わらないLIMITEDでは、高い位置のサイドシルに足をかけて乗降することになり、成人男性では問題ないだろうが、小柄な女性や子供にはやや難があるといえそうだ。

テールゲートは、ガラスウインドウ部分のみ単独で開閉できるところも、アメリカのSUVらしい部分。また、リアシートのクッション部を引き起こしてシートバックを前倒しすると、フラットで広いラゲッジスペースを創出可能。リアサスペンション部分の張り出しも抑えられている。 アウトドアユースを考慮し、ラゲッジルーム床下には、折り畳み式のピクニックテーブルが格納されているのも特徴。また、ルーフレールやクロスバーなども標準装備となっている。

リアシートラゲッジガラスハッチピクニックテーブルメーター

内装・装備の総評

見た目の上質感については、これら最上級グレードを見るにつけ、いずれも大きくレベルアップした印象で、乗用車的な高級感を感じさせるものとなっている。とくにパジェロは、ライバルの1台であるランクル100系あたりと比べてもそれほど遜色はないという印象。使い勝手については、CR-Vとエスケープは乗用車の延長上であるのに対し、パジェロはミニバン的なユーティリティをも身につけている。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 パジェロ の関連記事

三菱 パジェロの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 パジェロ の関連記事をもっと見る

三菱 パジェロ の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/12~2017/12/12