autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 価格別ミニバン3モデル 徹底比較 3ページ目

3台比較 2006/12/15 20:12

価格別ミニバン3モデル 徹底比較(3/4)

価格別ミニバン3モデル 徹底比較

ワゴン・プラスαと割り切るべし

インパネフロントシート

このクラスでも後席スライドドアが採用されるようになってきたが、ストリームはスイングドアを踏襲しており、ドア開口形状もフロント重視となっている。

居住空間の広さについても、やはりワゴン・プラスアルファ。1列目&2列目については十分なスペースが確保され、3列目は外観から想像するよりは意外と広いものの、相対的なスペースの大きさとしては、やはりそれほど広いものではない。よって3列目を常用したいユーザーにはあまりオススメできない。その場合はもう少し予算を工面して、たとえ5ナンバーでもワンボックスタイプにしたほうが賢明だろう。

ラゲッジスペースは、3列目シートを一番後ろまで下げても、まずまず使えるだけの余裕がある。しかし実際は、3列目を畳んだ状態のまま使うことが前提という印象。シートアレンジのバリエーションもいたってシンプルだが、ワゴン的な使い方をするのであればそれほど不満はないはずだ。あくまでワゴン・プラスアルファのパッケージであり、いざとなったときに3列目シートを使うクルマと割り切るべきだろう。

インテリア全体の質感は価格相応。ストリームの場合は、ライバルに比べると質感はそこそこ高いが、無理やりスポーティな雰囲気を採り入れようとしたインパネには、ややミスマッチ感がある印象。収納スペースは「豊富」といえたほどではないものの、実用上はこれで十分といえる。

装備的には、前述に加え、ナビやコンフォートビューパッケージ(親水ドアミラー等視認性確保)、セキュリティパッケージ、スマートキーなどのほか、VSA(横滑り防止装置)やCMBS(追突軽減ブレーキ)、IHCC(クルーズコントロール)も用意されている。すべて付けると総額は軽く300万円を超えるが、1.8Xの場合、まずは廉価グレードという印象を拭い去ることから始めたいところだ。

2列目シート3列目シートステアリング3列目アクセスラゲッジ

広く上質な空間は5ナンバークラスと段違い

インパネフロントシート

このクラスは、5ナンバークラスとの差別化を図るため、あるいはアッパーミドルミニバンからの乗り換えユーザーに不満のない質感を与えるためか、ボディサイズが大きいだけでなく、いくらか高級志向となっている。価格差のわりには、その差は大きいように思える。

MPVのインパネは、とくに奇抜なことはなされていないが、実にクリーンにまとめられている。質感がそこそこ高く、収納スペースも豊富に設定。さらにMPVの場合、他車にはないイルミネーションの演出による楽しさもある。

各席には非常にしっかりとしたシートが備わり、着座感が良好で、長時間乗っても疲れにくいものとなっている。このあたりは、5ナンバークラスとは一線を画するところである。またMPVは、特徴的な2列目のスーパーリラックスシートを備える。3列目の居住性やラゲッジスペースは、大柄なボディの恩恵によりロールーフタイプのミニバンながらけっこう広く、常用するにも耐えられるほどのスペースを確保。これも5ナンバークラスとは大きく違う点である。とはいえ、やはりエスティマやワンボックスタイプほどの広さは望めない。反面、これだけ大きなサイズのボディは、女性ユーザー等にとっては、運転するのがおっくうになるなどのデメリットにもつながる。

いずれにしても、この大きささえ許されるのであれば、このクラスのミニバンのほうが、ミニバンに期待されるあらゆる要素を高い次元で備えており、オススメできる。5ナンバークラスと比べると、価格差のわりに得られるものは大きいといえるだろう。

装備面では、エスティマが多くの快適装備が標準装備されるのに対し、MPVでは基本的な装備こそ付くものの、ブラスアルファの部分はオプション設定となっているところが多い。また、メーカーオプションのHDDナビには後席モニターやBOSEサウンドシステムおよびサラウンドシステムなども装着できる。

2列目シート3列目シートシートアレンジボタン後席モニターラゲッジ

わかりやすい高級感とユーティリティ

インパネフロントシート

インテリア全体にわかりやすい高級感を備え、さらには清潔感や未来感もあり、この雰囲気を好む人が多いのもうなずける。

エスティマも2列目のスーパーリラックスモードが特徴的。くしくも同じ時期にモデルチェンジしたMPVも同様のアイデアを採り入れているが、こちらのほうが前後スライド量が格段に大きい。ただし、後ろにいけばいくほど乗り心地が悪化するのは否めない。さらに、3列目シートがラゲッジフロア下に格納できるようになっており、それを電動で操作できる仕様も用意されている。

エスティマは全体的に価格が高めの設定だが、それに見合う価値を感じるユーザーがたくさんいるので、好調に売れているのだろう。そしてハイブリッドもかなり高い比率となっている。

ただし、見かけ上の価格設定は高めであるものの、たとえばMPVではオプション設定であるパワースライドドアが、Gグレードでは両側とも標準装備、その他グレードにおいても最低でも助手席側は標準装備されるなど、高いなりに装備が充実していることも強調してお伝えしておきたい。

ハイブリッドでは、1500WまでAC電源が使えるというのも大きな特徴だ。これがもたらすものは、カーライフのあり方を根底から覆すほどのものがある。レジャーだけでなくビジネスにおいても、その恩恵は非常に大きいはずだ。実際、この電源を理由にエスティマハイブリッドを購入する人もかなり多いらしい。

2列目シート3列目シートシートアレンジボタンシートアレンジラゲッジ

内装・装備の総評

価格がモロに反映されるという点では、3台の内装・装備の差異はそれなりに大きい。やはり居住性全般には大きな差がある。これはスペースの広さをはじめ、シートの出来やパネル、トリム類の質感、装備類の充実度など、クルマに乗っている際に感じるあらゆる要素におよぶ。また、購入検討の際は、見かけ上の価格だけでなく、カタログの装備欄を熟読し、標準装備品とオプション品の設定とその価格を知っておくべき。エスティマは価格は高めだが標準装備が充実しているように、意外な発見があるかもしれないのだ。

ホンダ ストリーム 関連ページ

マツダ MPV 関連ページ

トヨタ エスティマ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ ストリーム の関連記事

ホンダ ストリームの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ ストリーム の関連記事をもっと見る

ホンダ ストリーム の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/22~2017/8/22

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円