autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 プレミアムクーペ 徹底比較 3ページ目

3台比較 2007/1/19 19:12

プレミアムクーペ 徹底比較(3/4)

プレミアムクーペ 徹底比較

TTらしさへの期待に応える空間

インパネフロントシート

アウディらしいカチッとした雰囲気の中で、整然としつつも円形のパーツを随所に配した、スポーティなイメージの空間となっている。アルミ調パネルとレザーが効果的に配されており、全体の質感もなかなか高いのだが、車両価格を抑えたせいか、質感の高い部分とあまりそうでない部分が同居しているところも見受けられる。右ハンドル仕様のみの設定だが、アクセルとブレーキペダルの高低差がやや大きい程度で、ポジション的にもあまり違和感はない。

D字型のステアリングホイールは、誰にでも運転しやすく感じられるよう、あえて今どきとしてはグリップを細めに設定したようだ。ボディサイズ拡大と設計の進化の恩恵で、初代TTに比べ居住性が格段に向上しているところもメリット。フロントシートは、かなり長身の人が乗っても大丈夫だろう。このデザインゆえ、ウインドウ面積は必然的に小さくなっており、とくにリアピラーが非常に太く、それが視界にも影響しているので、その点は承知しておくべきだろう。

また、リアシートはSCと同じく、シートバックが直立した、あくまで非常用の設定。しかし、TTはハッチバックを備えるため、このリアシートを前倒しすると、実用に十分耐えうる広さのラゲッジスペースが確保できる。フロアは高めだが、アンダーボックス容量が大きく、貼られたトリム地は、室内の一部との認識からか、非常に質感の高いものとなっている。

全体として、すでにキャラクターを確立したTTというモデルへの期待に十分に応えて余りある空間に仕上がっている。

リアシートドアオープンメーターシフトラゲッジ

独特の雰囲気があり実用性も高い

インパネフロントシート

基本的に3シリーズセダンと共通のテイストでまとめられている。3シリーズの最上級モデルである335iには、iDriveナビゲーションパッケージやポプラウッドトリムなど上級な仕様が標準装備される。ダーク系もあるが、このように明るい色調の仕様もラインアップされている。

価格を考えると、あるいは3シリーズのファミリーとはいえBMWのプレミアムクーペと捉えると、もう少し全体の質感があってもいい気もするところだが、各部のエッジを効かせたレトロモダンなインテリアは、国産車にはない独特の雰囲気がある。あるいは、さらに上質に仕立てたパッケージオプションがあってもいいようにも思える。

最近のBMW車は、内外装ともラテン系のメーカーかと思うほどの大胆なデザインテイストを採り入れているが、やはり335iクーペにもそれが感じられる。しかも、あくまで普遍性を損なわず、違和感なくまとめているところに好感が持てるのだ。

ステアリング位置は左右とも選べる。右ハンドル仕様はそれほど不快ではないものの、ミッション部の張り出しが大きいことと、アクセルペダルが内側により気味であることが気になる。パーキングブレーキレバーは右側に設定されている。ステアリングはグリップが太く、スポーティな雰囲気。フロントウインドウの傾斜が大きく、下端が低い位置までとどき、サイドやリアも含めウインドウ面積が広いので、視界は非常に良好である。

また、+2ではなく、しっかり使えるリアシートを備えるのもポイント。2ドアゆえ乗降性の問題はあるが、ふだんはフロントのみを使い、週末のみ小さな子供を乗せて出かけるような使い方にも十分に対応してくれるはずだ。

リアシートドアオープンメーターシフトラゲッジ

わかりやすい豪華さが魅力

インパネフロントシート

2001年にソアラとして登場してから、装備やカラーコーディネーションの変更こそあったものの、基本的な部分に変更はない。わかりやすい豪華さにおいては、今回の中では文句なく一番といえる。また、ノーブルレッドのようなかなり奇抜な色使いとした仕様を選ぶことができるのも特徴だ。

今となっては少々古さを感じるデザインではあるが、用いられる素材の高級感はピカイチ。しかもそれを強調するような雰囲気づくりがなされている。価格帯を考慮しても、十分に納得できるものであり、この感覚は今や世界的にも稀有な存在といえるだろう。

すべて自動でオマカセできる電動メタルトップを備えるのもSCの特徴。ただし、開閉には30秒近い時間を要し、現代の水準でいうともう少し時間短縮が望まれるところである。また、オープンカーでもあるため、カーナビのモニターや操作パネルに開閉可能なリッドが設けられており、そのソフトな開閉感にまでこだわっているあたりはさすがである。

大柄なフロントシートは、見た目の印象よりもホールド感が高い。リアシートは、シートバッがほぼ直立で、ニースペースなど各部のクリアランスもミニマム。やはり小荷物を置くためのスペースと割り切るべきだろう。ラゲッジスペースは、オプションのランフラットタイヤを選ばないとこのようになってしまう。カーナビのユニットを収めるスペースもこちらとなる。おそらくこのクルマのユーザーの多くはゴルフをたしなむであろうが、ゴルフバッグを積むこともままならない。さらに、オープンとする場合はメタルトップを収納するためのスペースの確保のため、ほとんど荷物が積めなくなる。

実用性には多くを期待できないが、SCはあくまでこの雰囲気を優雅に味わうためのクルマということのようだ。

リアシートオープン機構メーターシフトラゲッジ(クローズ時)

内装・装備の総評

パッと見のプレミアム感はSCが断然高い。価格を考慮しても満足感は高いと思われる。TTも335iも、それぞれ個性的で期待に応える室内空間となっている。快適性や安全性に関する装備面についてはいずれも遜色なし。335iには、先行車との距離を適正化するクルーズコントロール「ACC」が設定される点がアドバンテージ。カーナビの使いやすさは、古さは感じられるもののSCに軍配という印象。シンプルながらスポーティな演出が上手いのはTTで、全体としてもっとも先進性を感じさせるのは335iというところだろう。また、TTも3シリーズもそう遠くない将来にオープンモデルが投入される。もちろんクーペとオープンの両方をイージーに使い分けられるのもSCの強みである。

アウディ TT 関連ページ

BMW 3シリーズクーペ 関連ページ

レクサス SC 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ TT の関連記事

アウディ TTの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ TT の関連記事をもっと見る

アウディ TT の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/17~2017/8/17

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円

  • アウディ
    Q2

    新車価格

    299万円490万円