autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 コンパクトワゴン 徹底比較 4ページ目

3台比較 2007/1/26 18:44

コンパクトワゴン 徹底比較(4/4)

コンパクトワゴン 徹底比較

気になるところがないオールラウンダー

走行走行

クルマの成り立ちとしては、先代からのキャリーオーバーである。よいものは、わざわざすべてをつくり変える必要はないということだろう。もともと素性のよいプラットフォームに、新規パワートレインが与えられ、さらに細部を洗練する形で開発された現行モデルは、オーソドックスを極めた仕上がりといえる。

別の側面から見ると、個性に乏しく面白味も小さいわけだが、あくまでツールとして使うことを優先すると「不満がない」という点がもっとも重要視されてしかるべき。

もしもこの3台で迷っている友人から尋ねられたら、筆者が勧めるのは、いろいろ考えた上で、フィールダーに落ち着くと思われる。

他の2台もそれぞれよい点があるが、どこかに気になる点がある。その点、フィールダーは気になるところが実に少ないのだ。このパッケージングのクルマとしては、非常によくできていると思わされるのだ。

コンセプトとして、「世界のコンパクトカーのスタンダード」となる旨のことが謳われているが、これがスタンダードになってしまったのでは、ライバルにとっては脅威ではないだろうか。

ワンランク上の走行性能も強み

走行走行

単にコンパクトワゴンとしての価値を超えて、ユニークなエクステリアと、多彩なユーティリティというライバルにはない価値を身につけたのが現行ウイングロードである。

いろいろな使い方ができるという意味では、今回の3台の中でもダントツでトップ。走りのテイストについても、他の2台に比べてワンランク上の走行性能を感じさせる。

課題は、このユニークすぎるエクステリアが、誰にでも受け入れられるかどうかだろう。若々しいイメージの演出や、個性的であることを狙ってのことだろうが、実際には、先代ウイングロードやXトレイルのように、若者がライフギアとして使っているイメージがどうも薄いのだ。ユニークであることは歓迎したいが。

クルマの素性としては、これまで述べたとおり、ライバルにはない多くのアドバンテージがあることは事実。それが上手く伝わるとよいのだが・・・。

開放感と走りの楽しさという付加価値

走行走行

今回の3台の中では、実際にはエアウェイブはクラスがひとつ下という印象ではある。ボディサイズもそうだし、価格設定もリーズナブル。それでいて、他の2台に比べてもそれほど遜色ないスペースユーティリティを確保している点は積極的に評価したい。しかも、その他のプラスアルファまで持っているのである。

エアウェイブは、やはりスカイルーフによる開放感が最大の特徴だろう。そして、走りにホンダ車が共通して持つキビキビ感があり、運転して「楽しい」と感じさせる要素を備えているのは前述のとおり。また、他の2台にはどうしてもビジネスユースのイメージを拭えない面があるが、エアウェイブにはあくまでもパーソナルな雰囲気がある。

ユーティリティ面ではセンタータンクレイアウトによりダイブダウン/チップアップ可能なウルトラシートが特徴。鉢植えのような背の高い荷物を積みたい人には、事実上この3台の中ではエアウェイブしか選択肢がないといえる。ミニバンでなくても、たいていのものはエアウェイブであれば積載することができるはずだ。

トヨタ カローラフィールダー 関連ページ

日産 ウイングロード 関連ページ

ホンダ エアウェイブ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ カローラフィールダー の関連記事

トヨタ カローラフィールダーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ カローラフィールダー の関連記事をもっと見る

トヨタ カローラフィールダー の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26