autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 コンパクトワゴン 徹底比較 3ページ目

3台比較 2007/1/26 18:44

コンパクトワゴン 徹底比較(3/4)

コンパクトワゴン 徹底比較

使い勝手を十分に確保したそつない仕上がり

インパネフロントシート

セダンタイプのカローラアクシオもそうだが、質感を高めるとともにデザイン性も追求して仕上げられたことがわる。フィールダーのインパネはアクシオと同じデザインながら、カラーコーディネートやシート地やトリムを工夫するなどして若々しい雰囲気を演出している。

ユーティリティについては、ウイングロードほど大胆なことを行なっていないが、従来に比べグローブ上にアッパーボックスが追加されたことを始め、実用上過不足のない収納スペースが上手く設定されている。ステアリングにテレスコピック機構が付くのは、今回の中ではフィールダーのみ。また、7速のマニュアルシフトが可能なCVTは、ご覧のようにゲート式となっている。やはりこちらのほうが誤操作がなく使いやすい。

シートの着座感はソフトながら、比較的サポートする設定。リアシートは座面が長く背もたれがやや短いという設定が、これだけあれば十分だろう。リアフロアにセンタートンネルがなく、ほとんどフラットになっている点もポイント。つまりFF車と4WD車で、この部分をつくりわけているのである。

ラゲッジルームはかなり広々としており、ボディサイドパネルまでめいっぱい有効にスペースに当てているあたりは、最近のトヨタ車に共通する努力の跡が見られる。フロアが高いが、下に便利に使えそうなアンダーボックスを設定している。トノカバーを収納するバーもこちらに収められるようになっているし、フロアボードをはさんで立ててパーテーションとしても使えるようになっている。

リアシートには、日産が先鞭をつけたレバー操作で前倒しされる機構を備える。座面が前方を軸に持ち上がり、そして背もたれが前倒しされるという、世界初のダブルフォールディング機構を採用したのが特徴。これは秀逸な機構ではある。ただし、やはり少し無理があるのか、シートをもとにもどすときに座面がちゃんとキャッチに収まりにくい点が気になった。

リアシートラゲッジメーターシフトシートレバー

ミニバンの要素を取り入れたユーティリティ

インパネフロントシート

ユーティリティ面にもっとも力を入れて開発されたのがウイングロードだ。驚くほど豊富な収納スペースの設定をはじめ、パッケージング自体にもミニバン的な要素を随所に採り入れている。

センターパネルやステアリングホイールなどは、日産のこのクラスのモデルに共通したイメージ。また、今回の中で唯一、ペダル式のパーキングブレーキを採用。そのおかげでステアリングボックスは他の2台よりもかなり長く確保されている。

アップライトなドライビングポジションで、インスト部もセレナのように縦方向に高さのある設定。エアコンの吹き出し口も縦長となっている。これは、運転席であればいいのだが、助手席に座ると膝の前にグローブボックスの上端があり、下まで伸びているのにはやや不思議な感覚がある。

また今回、新開発のカーナビが設定された点もポイントである。これまでの日産車のカーナビは、明らかに他社よりも立ち遅れていた。しかし新タイプは、表示が非常に鮮明で、機能も充実し、ようやくタッチパネルが採用され、一気にライバルに追いつき、部分的には追い越した印象だ。しかし、ダイヤル式の操作系は、たとえ使い方を覚えてたとしても、あまり使いやすく感じられないのではと思われる。また、左側ドアミラーにカメラが付き、細い道で対向車とすれ違ったり、駐車場に停める際にやはり便利である。

運転席に座ると、高めのピップポイントによりウエストラインが低く感じられ、見晴らしはよい。しかし、スラントしたノーズによりドライビングポジションからはフロントセクションが何も見えないので、前端やタイヤの位置をつかみにくいことはある。

シートは見た目がカジュアルで、リラックスして座れる印象。シートリフターのレバーが非常に長く設定されており、使いやすい。リアシートのスライド機構やリクライニング機構による使い勝手はウイングロードの大きな強みである。一番後ろにスライドさせると、このクラスのワゴンとは思えない広々とした空間となる。

ラゲッジルームにも様々なアイデアが見られる。フロアはやや高めで、後方に向かって徐々に斜めに下がっているが、かわりにFF車で合計100Lものアンダーボックスを設定。さらに、ボードだけでなく、一部ボックスまでウォッシャブルになっている点も新しい。 イージーラゲッジベンチは、これまでもラゲッジフロア後端やリアバンパーで同じような使い方をしていた人も多いはずだが、これがあると妙な体勢で座ることをしいられない。ただし、小柄な女性にとっては少々位置が高いかもしれない。そして、ラゲッジルームから一歩も動かず操作できる「長尺モード」も新しいアイデア。横幅の狭い駐車場での長い荷物の載せ降ろしなども楽にこなせる。

リアシートラゲッジメーターシフトシートリフターレバー

スカイルーフとウルトラシートが生む価値

インパネフロントシート

インテリアはなかなかスポーティでパーソナルな雰囲気がある。このコンセプトは、その後のシビックやストリームに受け継がれている。そして、いうまでもなく大面積のガラスルーフ「スカイルーフ」は生む開放感は、他車にはない大きなアドバンテージ。とくに小さい子供が乗ったときなど、非常に喜ぶことだろう。

収納スペースは、それほど豊富というわけでもなく、フィットのほうが上という印象ではあるものの、必要にして十分な設定。センターコンソールにスライド式のフタの付く、カップホルダー内蔵の大きめのボックスを設けている点が特徴だ。

シートはフィット同様で、今回の他の2台と比べても硬めでサポート感があり、ポジションもしっくりくる。ただし、ハイト調整をダイヤルで行なうというのはいただけない。ダッシュ両サイドに三角窓が設定されており、これを通して得られる視界も運転しやすさに貢献してくれる。

後席の居住性にも優れる。アレンジとの兼ね合いか、背もたれは十分だが、座面はやや短い。センタータンクレイアウトによるウルトラシートが独自のユーティリティを実現している点もエアウェイブならではである。

前席よりも後席のヒップポイントを高くしている点はウイングロードと共通だが、エアウェイブはピップポイントから大腿にかけて角度をつけて座るようになっており、小さなスペースを有効に活用している。

ラゲッジスペースも外観から想像するよりも広く感じられる。3台の中ではフロアがかなり低くなっているのが強み。これも手伝って、テールゲートの開口面積はエアウェイブが微妙にトップとなっており、このスペースを単純に荷物置き場として使いたい場合には、低いフロアが大きなアドバンテージとなる。ただし、ゲートの開閉については動き出しが少し渋く、またエアウェイブのみロック機構が電磁式ではない。

リアシートラゲッジメーターシフトスカイルーフ

内装・装備の総評

便利に使えることを重視するのであればウイングロードがトップに違いない。挙げれば数ある独自にユーティリティにおいても、前後スライドが可能なリアシートというのは非常にポイントが高い。収納スペースの充実ぶりも驚くほどである。フィールダーもエアウェイブも使い勝手としては必要十分なレベル。長尺物ではなく背の高い荷物を積みたい人には、ウルトラシートを持つエアウェイブのほうが適する。

トヨタ カローラフィールダー 関連ページ

日産 ウイングロード 関連ページ

ホンダ エアウェイブ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ カローラフィールダー の関連記事

トヨタ カローラフィールダーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ カローラフィールダー の関連記事をもっと見る

トヨタ カローラフィールダー の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/21~2017/10/21