autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 コンパクトワゴン 徹底比較 2ページ目

3台比較 2007/1/26 18:44

コンパクトワゴン 徹底比較(2/4)

コンパクトワゴン 徹底比較

どこにも不満を感じないことを意識した仕上がり

フロントスタイルリアスタイル

こういったタイプのクルマは、ビジネスユースはもちろん、若者がワイワイみんなでどこか遊びに行こうとか、小さな子供がいる家庭で、レジャーにも積極的にもクルマを使いたいというユーザーなど、幅広く用いられている。その用途においては、あまり奇抜ではなく「普通」であることが大事なのではという印象がある。それに対し、普通であることを磨き上げたのがフィールダーというクルマ。

加えて、積極的に若々しい雰囲気を盛り込むことで、これまで若者に受けたことにしっかり応える仕様となっている。どちらかというと、このエアロツアラーが主体という構成となっている。 ドライブフィールにはどこにも気難しいところがなく、乗り心地もしごく快適だ。パワートレインは、1.5L車については従来型のリファイン版、1.8L車については新開発のエンジンに、全車に新開発CVTが与えられている。従来のトヨタのCVT搭載車に多く見受けられた違和感が小さくなっており、動力性能的にもタウンユース主体であればほとんど不満のないレベルに仕上がっている。上の1.8L車となると、より余力がある。

静粛性については、3000rpmより上でややノイジーになる印象があり、その点では1.8L車のほうが上といえる。より上質な乗り味を求めるのであれば1.8Lのほうがオススメとなるが、1.5L車でも大きな不満があるわけではない。そつない走りを実現している。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

独自のスタイルに走行性を重視した走り

フロントスタイルリアスタイル

先代ウイングロードが「メタルのオモチャだ」としてマイナーチェンジし、若者に歓迎されたことを受けて、現行モデルは最初から非常に特徴的なルックスとなって登場した。しかし、とりわけスタイリッシュでもなく、かわいらしくもない印象であり、なんともいい難い。特徴的なサイドウインドウグラフィックは、個人的にはどうかと思う。全体のスタイルも、ワゴンというよりも全体にコンモリした印象で、若者を意識してはいるものの、受け入れられるかどうかは微妙と感じている。ちなみに、昨年末にイエローのボディカラーの期間限定車も発売された。

ティーダなどと同じBプラットフォームがベースで、同プラットフォームによるクルマが共通してそうであるように、全体としてはそつないドライブフィール。スポーティな走りにもそれなりに応えてくれる。ステアリングもあまり不要にゲインを高められておらず、操舵力は適度で、センターの据わり感もある。普通に乗るにはちょうどよい。ただし、中速の旋回中に舵角とヨーモーメントの関係がつかみにくい点や、あるストロークのポイントを境にカクンと利いてしまうブレーキなど、特有の症状は共通して見られる。

乗り心地は、16インチタイヤを履くモデルでは、タウンスピードレベルではやや乗り心地が硬めの印象があるものの、逆に高速道路ではフラット感が高まっていき、好ましい味となる。車高がそれほど高くないせいか無理しているところがなく、ロール感もよく抑えられている。スイートスポットが違うといえばそれまでだが、トータルとしては、16インチタイヤを上手く履きこなしているのはフィールダーのほうだろう。

静粛性は高く、パワートレイン系からのノイズや振動の室内への侵入はよく抑えられている。全体として、このクラスのクルマとしては、ワンランク上のドライブフィールを実現している。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

キビキビした走りの良さを体感させる

フロントスタイルリアスタイル

エアウェイブは、フィットをベースにワゴンボディとしたモデル。かつてホンダにはオルティアというシビックベースのワゴンがあったが、エアウェイブは、サイズダウンしたものの、事実上オルティアの役割を受け継いだモデルといえる。

乗り味は、フィットが持つキビキビ感が適度にマイルドになっていて、非常に乗りやすい。ステアリングと一体感がある動きをし、ブレーキについても踏力でコントロールできる設定。他の2台がカクンと利き始めてしまう面があるのに対し、エアウェイブは初期から最後まで、利き具合を踏力でコントロールしやすい設定となっていて好ましい。

乗り心地は、突き上げ感というほどではないが、少しコツコツ感がある。前席ではほとんど気にならないが、後席に乗っている人にとっては、少し跳ねる印象があるだろう。基本的には2人乗りを前提としたクルマのようだ。Gグレードは14インチタイヤとなるが、Lグレードの15インチタイヤよりも、一長一短ではあるものの、こちらのほうがバランスに優れるように思われる。

ハンドルの操舵力もちょうどいい軽さ。動力性能もDレンジで十分で、人や荷物を多めに載せたときにSレンジにするとよい。運転して「いい」「楽しい」と思わせる感覚は、他の2台にはないテイストがある。

エクステリアについては、メッキパーツの多様など、ここまで尖らせる必要はなかったのではという印象を受ける。TVCMで坂口憲二を起用するなどして若々しさを演出しているが、それらの加飾がかえって逆効果で、このクルマの若々しさをスポイルしているように感じられるのである。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

デザイン・スペックの総評

運転していてもっともファンな味を感じさせるのはエアウェイブである。フィールダーとウイングロードもそつない仕上がりで、街乗り重視のフィールダーに対し、ウイングロードは街乗りプラス高速巡航やコーナリングについても意識した乗り味。ルックスについては好みによるところだが、多くの人にとって無難に受け入れられるのは、やはりフィールダーだろう。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ カローラフィールダー の関連記事

トヨタ カローラフィールダーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ カローラフィールダー の関連記事をもっと見る

トヨタ カローラフィールダー の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/12~2017/12/12