autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 日欧上級Cセグメント 徹底比較 4ページ目

3台比較 2007/2/23 15:37

日欧上級Cセグメント 徹底比較(4/4)

日欧上級Cセグメント 徹底比較

このパッケージを求めるユーザーの満足

走行走行

開発陣自身が語るところでは、このようなコンセプトのクルマがはたして売れるのかどうか自信がなかったそうだが、今のところブレイドは非常に好調に売れているようだ。それもターゲットとして据えたとおり、クラウンやマークXなどの上級サルーンからの乗り換えユーザーがかなりの数に上るというのである。ということは、実はマーケットは、大きくなりすぎた感のある昨今の乗用車に対し、ダウンサイジングを望んでいるといえるのではないか?

ユーザーは実は小さいクルマが欲しくて、ただし排気量は大きめで、なおかつ高級であって欲しいと…。そんなパッケージを求めるユーザーのニーズに、ブレイドは見事にはまったようだ。

クルマとしての仕上がりは上々といえる。年配ユーザーがファーストカーとして使うにも満足できる内外装と、日常の足として十分な走行性能と乗り心地を身につけている。このパッケージを求めるユーザーにとっては、満足感の高い買い物になるはずだ。

ただし、逆にブレイドが欧州Cセグメントをはじめとするインポートカーに興味を持つユーザーから目を向けてもらうことにはあまり期待できないと思える。それはハードウェアではなくソフトウェアの問題だから。それでも、アッパーミドルセダンからの乗り換えユーザーをちゃんと取り込むことができているのだから、ブレイドの商品企画は今のところ大成功といえる。

排気量1.4Lというイメージを超えて

走行走行

欧州ではベーシックカーを代表する1台であるゴルフだが、日本においてはプレミアムカーのはしくれとして認識されているようだ。また、現行ゴルフは日本において、ベーシックなモデルよりも、GTIやVR6などのスペシャルなモデルのほうが「人気がある」という意味では上という現実もある。

ゴルフのラインアップにおいて、これまでいささか存在意味が不明確にも思われたGTグレードだったが、このGT TSIは新開発エンジンを搭載し、さらには装備の充実も図られたことで、積極的に選択する意味が生まれたように思える。

クルマとしては、すでに確立されたイメージもよく、そして走りがよく、加えて燃費にも優れるという素性。この価格で、この完成度と装備を誇るクルマというのもそうそう見当たらない。しかし、エンジン排気量が1.4Lという事実には気になるところもなくはない。

メカニズムの概要を理解すると、1.4Lという排気量に対して何のいらぬ心配も抱かなくなるのだが、「1.4L」というフレーズが、一般の人にどのように受け取られるかという危惧があるのは否めないところではある。

プライスバリューに非常に優れる1台

走行走行

近年の欧州フォード車は、ドイツの列強に等しく極めて高い走行性能を実現したモデルが多く見られるのが特徴。初代フォーカスもその1台であった。しかし、現行モデルにおいては、その感覚がやや薄れたのは正直なところではある。

そして、現行フォーカスにおいて感じるのは、このボディサイズのわりには価格が安く、かつ十分に高級に仕立てられたハッチバック車という、少し違った魅力が備わった点である。

日本では販売網が整備途中であることもあり、せっかくのよさが伝わりにくい部分もあるのだが、ヨーロッパでゴルフよりも売れているクルマと聞けば、このクルマの実力をイメージしていただけるのではないかと思う。

トヨタ ブレイド 関連ページ

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

フォード フォーカス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ブレイド の関連記事

トヨタ ブレイドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ブレイド の関連記事をもっと見る

トヨタ ブレイド の関連ニュース

  • トヨタ、ブレイドをマイナーチェンジ

    自動車ニュース

    トヨタ、ブレイドをマイナーチェンジ

    トヨタは、ブレイドをマイナーチェンジして全国のトヨタ店ならびにトヨペット店を通じ、12月1日より発売を開始した。今回のマイナーチェンジでは、....

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/23~2017/10/23