autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 日欧上級Cセグメント 徹底比較 3ページ目

3台比較 2007/2/23 15:37

日欧上級Cセグメント 徹底比較(3/4)

日欧上級Cセグメント 徹底比較

誰にでもわかりやすい高級感を追求

フライングバットレスフロントシート

インテリアの構成はオーリスとほとんど共通ながら、高級車としての差別化を図るべく様々なアイデアを盛り込んだことで、外観と同じくずいぶん異なる印象を受ける。

ブレイドにも採用されたフライングバットレスは、やはり斬新な空間を構築している。パネル類をシックな色調とし、インパネやインナードアパネルにスエード調表皮を張るなど、誰にでも一目でわかる高級感を演出。

さらに、アルカンターラと本革を組み合わせたシートや、ルーフライナーにも質感の高い生地を用い、ルーフには大型イルミネーションランプを配するなど、随所にわかりやすい高級感を与えている。これはコストも手間も相当にかかっているのではないかと思う。ただし、もともとのデザインとの相性のせいか、素材の統一感がなく、それらがやや浮いて見えるところもある。

8ウェイのマルチアジャスタブル機構を持つ運転席のシートはアップライト気味のポジションで、スポーティな形状ながらリラックスして乗れる座り心地を提供する。リアシートのヒップポイントは高めの設定で、背もたれに角度がつけられ、後席に人が乗ることも想定しているように思える。後席用のエアコン吹き出し口は、前席のセンターコンソール後方ではなく、ダッシュボード中央に設けられている。

FF車では後席のフロアがフラットとなり、生産上でここをつくりわけているのはさすがトヨタといえる。また、上級セダンなみの各種装備を設定しているあたりも、ブレイドの商品コンセプトを表す部分である。

ラゲッジスペースはそれほど大きいものではなく、フロアも比較的高い位置となっているが、これだけ確保されていれば十分で、実用上の不都合はそれほど感じないだろう。

装備面では、トヨタ独自のインテリジェントパーキングアシストや、プラズマクラスターイオンエアコンが設定されているところがアドバンテージ。

安全装備では、大きめのエンジン出力に合わせて、VSC&TRCが標準装備され、サイドエアバッグ&カーテンシールドエアバッグ、運転席ニーエアバッグなどが設定されている。

リアシートステアリングシフトラゲッジ天井イルミネーション

スポーティグレードを感じさせる空間

インパネフロントシート

ゴルフは、フロントのオーバーハングにエンジンを横置き搭載し、リアタイヤはボディのギリギリ後方に配し、居住性とラゲッジスペースを大きく確保。これは走行安定性の向上にも一役買っている。後ろにも人が座ることをかなり意識したパッケージであり、リアドアの開口面積も見たとおり広い。実際、後席の居住性についてはゴルフがもっとも優れる。後席にエアコン吹き出し口が設定されるのも、今回の中ではゴルフのみである。

いろいろな要素を両立させる意味で、全体として秀逸なパッケージと思える。

インテリアの仕上がりも、このクラスのクルマとしては世界トップレベルの質感を誇るといえる。デザイン的にはあまり冒険しているところはないが、こうした落ち着いた印象のインテリアは個人的にも好みである。

フォルクスワーゲンがここ10年ほど採用している青い光のメーターも、すっかりアイデンティティとして定着してきた。また、インスト~ダッシュをなるべく低くして圧迫感を与えないようにするなど、乗る人の身になった配慮も見られる。

シート生地や形状もスポーティな感覚で、適度なタイト感があり、そこそこスポーティなドライビングにも十分に対応する。シートポジションとステアリングの調整機構が充実しており、的確なドライビングポジションを非常に取りやすいところも特筆できる。

リアシートは分割可倒式で、シンプルな操作で前倒しでき、最大で1305Lものスペースをつくりだすことができる。

欧州車らしく安全・快適装備も充実しており、このクラスで一般的なもので付かないものなどない。GT TSIではクルーズコントロールも標準装備される。

リアシートステアリングシフトラゲッジエアコン

GHIAらしい上級装備の充実ぶり

インパネフロントシート

GHIAグレードには、ベーシックなフォーカスに比べて、本革シート、前席シートヒーター、運転席6ウェイパワーシート、サイドエアバッグ、カーテンエアバッグ、電動ガラスサンルーフ、AFSなどが標準装備される。価格のわりに装備が充実していることは間違いなく、国産ミドルセダンよりも割安感があるほどである。

ただし、現行フォーカスについて、評価の高かった初代に比べると、やや全体の質感としては下回った印象がなくもない。それが、パネルの素材感や合わせのチリ、触感などに表れてしまっているところが惜しまれる。

デザイン的にはいたってオーソドックスで、シンプルな構成の中の随所に円のモチーフを入れているところが特徴。ATシフトレバーの+、-は一般的なものと前後を逆にしたスポーティな仕様で、メーター内には常にシフトポジションが大きく表示される。

後席は前席よりも高めのヒップポイントとされており、開放感は高く、ニースペースも十分ながら、頭上にはあまり余裕がないのは痛し痒しである。

後席使用時でもラゲッジスペースは広く、おそらくCセグメントで世界最大であろう385Lの容量を確保。奥行きも深さも非常に大きく確保されている。ヒンジ位置の設定によりテールゲートの開口面積も非常に広く、かなり上のほうまで開く。

こちらも欧州車らしく安全装備は万全で、一般的な装備はベーシックグレードを含め全車に標準装備される。また、パッシブセーフティでは各種安全装置が有機的に作動するインテリジェント・プロジェクションシステムを搭載する。

リアシートステアリングシフトラゲッジ電動ガラスサンルーフ

内装・装備の総評

意図的に高級感を演出し、それをも個性としているブレイドに対し、ゴルフは奇をてらわず、基本を磨き上げた質実剛健ぶりを見せる。フォーカスはボディサイズの大きさがそのまま広さの印象として感じられるところが強み。インテリアデザインのテイストが大きく異なるので、好みに合わせて選びたいところである。日本のCセグ以下のモデルは、欧州車に比べて安全装備の面で大きく立ち遅れている感があったが、上級ハッチバックを謳うブレイドだけに、その点ではほとんど横並びとなっているところは評価したい。

快適装備についてもブレイドに劣るところはほとんどなく、国産アッパーミドルセダンと比べても遜色ない。

トヨタ ブレイド 関連ページ

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

フォード フォーカス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ブレイド の関連記事

トヨタ ブレイドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ブレイド の関連記事をもっと見る

トヨタ ブレイド の関連ニュース

  • トヨタ、ブレイドをマイナーチェンジ

    自動車ニュース

    トヨタ、ブレイドをマイナーチェンジ

    トヨタは、ブレイドをマイナーチェンジして全国のトヨタ店ならびにトヨペット店を通じ、12月1日より発売を開始した。今回のマイナーチェンジでは、....

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/19~2017/10/19