autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 クロスオーバーカー 徹底比較 4ページ目

3台比較 2007/4/6 10:59

クロスオーバーカー 徹底比較(4/4)

クロスオーバーカー 徹底比較

新たなカーライフが開拓出来そう

走行走行

基本的にストリームと同じプラットフォームなのだが、よくぞここまでまったく違うクルマに仕上げたものである。

かつてのHR-Vの延長上にあるコンセプトに、4ドア、3列シートという、売れるための要素を盛り込み、このような難しいパッケージングを成立させたのがクロスロードだ。見た目にもミニ・ハマーのような雰囲気があるし、高い位置から運転する感覚は、ミニバンよりも、SUVに近いものがある。

販売面では好調な滑り出しを見せていると伝えられ、個人的にも、ストリームを買うよりはこちらのほうをオススメしたいと思っている。クルマとしての洗練度の問題もあるが、クロスロードのほうが、何か新しい乗り物というか、このクルマを所有することで、新たなカーライフが開拓できそうな雰囲気を持っているからだ。

ただし、むろん低価格帯のグレードもちゃんと用意されているのではあるが、最上級グレード「20Xi」の4WDの価格が290万円オーバーというのは、このクルマの感覚からすると非常に割高に感じられてしまうのは否めない。もう少し出せば、はるかに質感の高いCR-Vに手が届いてしまうのだから。

万能ミニバンにSUVの走破性をプラス

走行走行

SUVテイストという付加価値を語る以前に、デリカD:5は1台のミニバンとして捉えても、3列にわたって乗り心地がよく、走りにも大きな不満がなく、広くて便利に使える室内など、実に万能なモデルである。

現時点のミニバン全ラインアップにおいても、もっとも完成度が高く、非の打ちどころのない(少ない)モデルといえる。迷ったらデリカD:5を買っておけば間違いないだろう。その上で、伝統であるSUVテイストのたくましいルックスと、SUVと同等の最新技術を投入したクロスカントリー性能を身につけているのがデリカD:5だ。

購入を検討しているユーザー予備軍にとっては、あとは予算の許す限りできるだけ上のグレードを狙えるよう策をめぐらすことを考えたほうがいい。

ちなみに、年初のダカールラリーでサービスカーを務めたデリカD:5は、市販状態のクルマとそれほど大きく違う部分などないとのこと。あの過酷な条件を走破できる性能を備えているのだから、日本の中でデリカD:5で走れない道など存在しないと考えていいだろう。

乗用車でもありSUVでもある

走行走行

かつて高性能なツーリングワゴンとしてのキャラクターを確立したレガシィであるが、その一方でアウトバックも確固たるポジションを築いた。今やレガシィ全体の販売比率においてもアウトバックの占める割合は非常に大きくなった。いまだレガシィの「派生モデル」的なイメージがあるには違いないが、アウトバックがユーザーの望んでいるものを的確に提供していることには異論を挟むことはないだろう。

また、ハードウェアとして考えても、アウトバックのようなパッケージはレガシィに合っているのではないかと思える。

レガシィ程度のサイズで、この程度の出力のエンジンを搭載し、足まわりやステアリングなども含め、クルマとしての高性能を追求すると物足りない部分も見えてきてしまうところだが、大径タイヤを履かせ、ゆったりと乗るという使い方においても、実に「いい味」を出してくれると思えるのだ。

今や、ステージアやマークⅡブリットなど、レガシィのライバル視されていたモデルが消滅の一途をたどりつつあり、あとをSUVモデルに委ねるとも聞かれる。

また、レッキとしたSUV車は、車高の高さ、高い重心高、車両重量の大きさ、大径タイヤによるバネ下重量の増加など、ドライバビリティを考えると、デメリットばかりである。しかし、アウトバックは乗用車でもありSUVでもあるというクルマ。デメリットは小さく、メリットは得られるという印象がある。

ちなみに、自動車カメラマンでは、アウトバックを愛車としている人がけっこう多い。それの意味するところは、ご理解いただけるのではないかと思う。

ホンダ クロスロード 関連ページ

三菱 デリカD:5 関連ページ

スバル レガシィアウトバック 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ クロスロード の関連記事

ホンダ クロスロードの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • 国産3列シートSUV 徹底比較

    3台比較

    国産3列シートSUV 徹底比較

    もともと北米市場ではミニバンが市民権を獲得していた。ところがやがて、ミニバンは「所帯じみている」という認識となり、SUVが脚光を浴び始めた。....

  • 最新クロスオーバーカー 徹底比較

    3台比較

    最新クロスオーバーカー 徹底比較

    SUVと乗用車のクロスオーバー車=「CUV」が、このところ増えてきている。それも、SUV本来の活躍する場であるオフロードではなく、オンロード....

  • 竹岡圭のドライブvol.40 富士五湖周辺で初夏を涼む

    ドライブ

    竹岡圭のドライブvol.40 富士五湖周辺で初夏を涼む

    オンロードでも、オフロードでも最近流行りのクロスオーバーSUVのひとつ、ホンダクロスロードで富士山へ。とはいえ登るワケじゃありませんけどね。....

ホンダ クロスロード の関連記事をもっと見る

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/24~2017/10/24