autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 クロスオーバーカー 徹底比較 3ページ目

3台比較 2007/4/6 10:59

クロスオーバーカー 徹底比較(3/4)

クロスオーバーカー 徹底比較

「タフ・モダン・インテリア」がキーワード

フロントシート2列目シート

シートのレイアウトを見るとストリームとの共通性が感じられるが、インテリアのそれ以外の部分には、ストリームとの共通性はあまり感じられない。

運転席につくと、不思議な感覚がある。インストが高い位置にあり、サイドだけでなくフロントウインドウまでも垂直に近い印象で切り立っている。ボンネットも高い位置にある。例えるならば、小さなハマーに乗っているような感覚で、これまでの国産車にはなかった雰囲気である。

サイドウインドウが直立気味で、閉塞感のない室内空間は、ミニバンというよりはワゴンっぽく、SUVっぽくもある。インパネのデザインについても、SUVらしい力強さと、現代的に洗練された雰囲気がある。

ドライビングポジションはアップライトで、シート形状が比較的サポートする形状となっており、乗用車的でもある。他にあまりない感覚という印象。

前席はセンタートンネルの低い張り出しはあるものの、横移動のウォークスルーも可能。アッパーボックスこそ備わるが、収納スペースをいたずらに多く設定しているわけではない。ウエストラインは意外と高く感じられる。

2列目シート肩部のレバーを引くと背もたれが前倒しされつつ座面が前方にスライドし、3列目へのウォークインが行ないやすくなるなど、ストリームに比べて使い勝手の向上も図られている。

ただし、3列目シートは、あくまで非常用で、ニースペースや足の置き場など、居住空間についてはストリームほど満足には確保されておらず、普通にいつも使えるという設定ではない。また、3列目シートを使用すると、ラゲッジスペースがほとんどなくなってしまう。開発陣に尋ねたところ、やはり「3列目を収納した状態がデフォルトとお考えください」とのことであった。

取材車両の「2.0Xi 4WD」は、最上級グレードらしく快適&安全装備がフル装備。サイドカーテンエアバッグ、CMBS(追突軽減ブレーキ)、IHCC(インテリジェント・ハイウェイ・クルーズ・コントロール)、セキュリティパッケージ、ユーティリティパッケージなどが標準装備される。

なお、グレードは同じでも、FFと4WDで装備の設定がけっこう異なるので、選択の際はよく確認したほうがよい。

ステアリングシフトラゲッジドアオープン3列目シート

SUVとミミバンの長所を融合

フロントシート2列目シート

インパネはブロックを分け、デザインと機能性を両立。タフな見た目のイメージとともに、優れた使い勝手を実現している。

助手席アッパーボックスには、アウトランダーにも見られた保冷機能を設定。 3列目とも非常にしっかりとしたシートが備わる。これは他のミニバンのライバルに比べても特筆できるポイント。シートアレンジの多彩さもライバルに比べ劣る部分はないが、シートの入念な作り込みが重量増を招いたことで、アレンジ操作に大きな力を要するようになったという一長一短の部分も見受けられる。

ルーフには、ボディの環状骨格構造「リブボーンフレーム」を強調した造形のルーフビームガーニッシュとピラートリムが見られる。

シート生地の素材も、人工の裏革調であり、目がそろっていなくてもそれほど変に見えず、汚れにも強そうな印象がある。このように明るい色調の仕様も選ぶことができる。スライドドアの開口面積も大きく、乗降性も問題なし。従来型に比べ、車高はダウンしているが、室内高は拡大しており、居住空間はLLクラスミニバンに比べてもそれほど見劣りするものではない。逆に、全体の質感について、期待されるレベルは十分に備えているが、「高級ミニバン」と肩を並べるものではない。

今回は、最上級グレードを取り上げたため、装備の充実ぶりはかなりのレベルである。また、寒冷地仕様+速暖式リアヒーターを装備する(Gプレミアム以外はオプション)など、SUVテイストのミニバンとして相応しい装備も設定されている。

間接照明など新たな演出も見られ、GプレミアムにはHDDナビやロックフォードフォズゲートプレミアムサウンドシステムも標準装備される。

運転席ニーエアバッグは全車標準装備で、カーテンエアバッグは全車オプション設定となる。

ステアリングシフトラゲッジアレンジドアオープン3列目シート

デザイン性と使い勝手の良さが光る

フロントシートリアシート

基本デザインはレガシィシリーズと共通。2006年初夏のマイナーチェンジにおいても共通の改良が施された。

インパネには航空機の翼をモチーフにしたというメタリック調のパネルを効果的に配され、オーディオ類はブラックに統一。ドリンクホルダーはセンターコンソールに内蔵されるなど、デザイン性と使い勝手が向上した。メーター類の視認性も良好。奇をてらったところはなく、そつないつくりとなっている。ATはフロアセレクターによりマニュアルシフトも可能で、S-styleなど特別仕様車ではパドルシフトが備わる。

リアシートは、キャビンがルーフにかけて絞り込まれているので、それほど広々感があるわけではないが、十分に常用に耐えるスペースが確保されている。シート自体はフラットで乗降しやすい、後方から侵入するノイズのレベルも小さく抑えられている。

また、アウトバックはツーリングワゴンよりも最低地上高が高いため、相対的にヒップポイントが高くなっているところもポイント。前席でも後席でも、これによるツーリングワゴンとの違いはけっこう大きく感じられる。

ラゲッジスペースは、ワゴンとして考えると、必要にして十分なスペース。奥行き、幅ともに広く、デザイン的にもそれを強調している印象。比較的容量の大きなアンダーボックスも備わり、内部はウレタンのようなものでしっかり区切られている。リアシートは、両脇のスイッチによりリモコン操作で前倒しできる。

シートのカラーおよび素材は、3.0R、2.5iともオフブラックのファブリックを基準に、「アイボリーレザーセレクション」や「L.L.Bean EDITION」のアルカンターラ/本革アイボリーシートなども用意されており、好みに応じて選ぶことができる。

ステアリングシフトラゲッジアレンジドアオープンフォールディングスイッチ

内装・装備の総評

SUVテイストという観点では、クロスロードには独特の乗員を包み込む雰囲気がある。それを乗用車的に少しマイルドにしたようなイメージ。デリカはミニバンとしての機能を十分すぎるほど満たした上で、SUVのデザインテイストを盛り込んでいる。

アウトバックは、レガシィシリーズ同様、あくまで乗用車としての基本に忠実。安全装備については、最後発のクロスロードがやや先行した印象。SUV的な機能については、寒冷地仕様の装備の内容など、デリカの充実ぶりが目立つ。アウトバックも、もともとレガシィがそうであるように、力が入っている。

ホンダ クロスロード 関連ページ

三菱 デリカD:5 関連ページ

スバル レガシィアウトバック 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ クロスロード の関連記事

ホンダ クロスロードの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • 国産3列シートSUV 徹底比較

    3台比較

    国産3列シートSUV 徹底比較

    もともと北米市場ではミニバンが市民権を獲得していた。ところがやがて、ミニバンは「所帯じみている」という認識となり、SUVが脚光を浴び始めた。....

  • 最新クロスオーバーカー 徹底比較

    3台比較

    最新クロスオーバーカー 徹底比較

    SUVと乗用車のクロスオーバー車=「CUV」が、このところ増えてきている。それも、SUV本来の活躍する場であるオフロードではなく、オンロード....

  • 竹岡圭のドライブvol.40 富士五湖周辺で初夏を涼む

    ドライブ

    竹岡圭のドライブvol.40 富士五湖周辺で初夏を涼む

    オンロードでも、オフロードでも最近流行りのクロスオーバーSUVのひとつ、ホンダクロスロードで富士山へ。とはいえ登るワケじゃありませんけどね。....

ホンダ クロスロード の関連記事をもっと見る

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円