autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 欧米ユニークカー 徹底比較 3ページ目

3台比較 2007/4/20 21:18

欧米ユニークカー 徹底比較(3/4)

欧米ユニークカー 徹底比較

クラシカルデザインがユーティリティをも両立

フロントシートリアシート

インテリアデザインもエクステリアとの調和を図ったクラシカルなテイスト。外径が大きくスポークの細いステアリングホイールや、メーターなどのデザイン、各部に配したクロームパーツなどにより、クラシカルな雰囲気を車内にいても楽しめるよう仕立てられている。

フロントウインドウはそれなりにスラントしているが、サイドウインドウは垂直に近い角度となっており、室内空間が広く感じられる。ドライビングポジションはかなりアップライトで、座面を最大に下げても高い。シートハイトアジャスターも付き、前席の横方向ウォークスルーも可能。

シート自体も、リミテッドではアルカンターラを用いた上質なものが装備される。3列シートではないものの、ミニバンのようなスペースユーティリティを感じさせる空間は、居住性とともに実用性にも優れる。

リアシートを常用したいのであれば、今回の3台の中ではPTクルーザーがもっとも適する。ラゲッジルームも、2ボックスカーのような構成で、広く使いやすい。使い勝手の良さはセダンをはるかに凌ぐ。

ステアリングシフトラゲッジパワーガラスサンルーフラゲッジ

スライドドアとカメレオコンセプトが特徴的

フロントシートリアシート

やはり、両側電動スライドドアがこのクルマを特徴づけている。ドア側のスイッチでオープンにでき、クローズはキーホルダーかインパネのスイッチで行なえる。開口幅は920mmという大開口を確保。リアシートへのアクセスもそれほど悪くない。

スライドドアのガラスウインドウは全開にすることも可能。Aピラー前にも小窓が設定されており、視認性を高めている。ルームミラーには、車内を見わたせるサブミラーも付いている。

スライドドアの採用により機構的に必要となる部分もあるが、インテリア自体のデザインは意外とシンプルにまとめられている。そして、1007のインテリアを語る上で欠かせないのが、特徴的な「カメレオコンセプト」だ。シート表皮、ドアトリム、エアコン吹き出し口の周囲リングなどを好みに着せ替えできるというもので、ユニークなクルマをさらに個性的に仕立てることができるのだ。

シートはプジョーらしくしっかりしており、後席は左右独立して設定されている。外観のイメージ通り、座った印象は、室内空間の幅が狭いのに背が高いという、やはり軽トールワゴンのような印象であり、ミニバン的な感覚もある。

右ハンドルのみの設定だが、正しいポジションを取っても、アクセルペダルが内側に寄っており、左足のスネが常にセンターパネル側面に当たってしまうのが少々難点である。

ステアリングシフトラゲッジカメレオコンセプトサイドドアオープン

4人で乗ってオープンエアを楽しめて絵になる1台

フロントシートリアシート

前席乗員の着座点が車両のかなり後方となっている。これを運転席に座った時点では感じにくいのだが、いざ運転してみると前が非常に長く感じる。

基本的にはルーフのあるニュービートルと同じ構成で、1998年のデビューではあるが、少しも古さは感じさせない。

カブリオレは、この形状のソフトトップにより、閉めた状態でも頭上空間が非常に広く感じられる。また、Aピラーがクローズドモデルよりも25mm低くなっており、オープン時の開放感の向上に寄与している。

インナードアパネル上がボディ同色でコーディネートされ、オープンカーであることに合わせてレザーシートを標準装備する。また、オープンカーにつき、収納部にロックを設けるなど盗難対策も施されている。

特徴的なフラワーベイズ(一輪挿し)ももちろん付く。後席は、よくある2+2よりは広めだが、背もたれが直立気味で、長時間の乗車にはあまり適さない。とはいうものの、世界のオープンカーを見わたしても、4人で乗ってオープンエアモータリングを楽しめて、しかも絵になるという、数少ない1台である。

クローズ時、ソフトトップ前端はセンター1点でストライカーと結合するため、両サイド部とウインドウ上端あたりが、走行時にどうしても軋む音が出てしまうところは改善を望みたい。これは決してボディ剛性の不足に起因しているわけではなさそうで、1点で押さえているところに問題があるのだと思う。

Z字型ソフトトップ収納により、トランクスペースが犠牲となっていない点はメリット。安全性については、横転時には0.25秒で265mmの高さまで伸びるロールオーバープロテクションシステムを採用するのが特徴だ。

ステアリングシフトトランクリアスタイル(オープン)シートダウン

内装・装備の総評

エクステリアに負けずインテリアもユニークな3台。いくらか乗用車的なのはニュービートルで、PTクルーザーとプジョー1007は、ミニバン的な要素を多分に持っている。いずれもインテリアに触れることでも、ユニークなクルマに乗っていることを満喫できるはず。それでいて実用性も十分に備えている。それだけで十分だと思えるが、しいていうと、右ハンドル化による影響など厳密にみていくと、もっとも違和感なく乗れるのは、PTクルーザーだろう。非日常と日常をともにもっとも楽しませてくれるのはニュービートル・カブリオレといったところか。

クライスラー PTクルーザー 関連ページ

プジョー 1007 関連ページ

フォルクスワーゲン ビートルカブリオレ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

クライスラー PTクルーザー の関連記事

クライスラー PTクルーザーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • 欧米ユニークカー 徹底比較

    3台比較

    欧米ユニークカー 徹底比較

    今回は、とくに最近デビューしたモデルではないのだが、ユニークなデザインを持つ3台をピックアップした。PTクルーザーは、大衆セダンであるネオン....

クライスラー PTクルーザー の関連記事をもっと見る

クライスラー PTクルーザー の関連ニュース

クライスラー 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/22~2017/8/22

  • クライスラー
    300

    新車価格

    577.8万円756万円