autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 売れ筋アッパーミドルセダン 徹底比較

3台比較 2007/6/8 19:57

売れ筋アッパーミドルセダン 徹底比較(1/4)

売れ筋アッパーミドルセダン 徹底比較
売れ筋アッパーミドルセダン徹底比較

今回は、国産車メーカー各社の、街でもよく見かける売れ筋アッパーミドルセダンについて、それぞれの最上級モデルを取り上げたい。

4代目となる現行レガシィのセダン「レガシィB4」は、2003年6月にフルモデルチェンジ。従来よりもいっそうプレミアム・スポーツセダンとしての資質を追求し、ボディ全幅が1730mmと、レガシィとして初めて3ナンバーサイズとなった。2006年5月に大がかりなマイナーチェンジを行ない、2007年5月に、新ボディカラーの設定をはじめ、快適性および機能性を向上する装備の充実、ラインアップの拡充などの一部改良が施された。同時に特別仕様車4車種が設定された。今回持ち込んだのは、新設定された「B4 3.0R SI-Cruise」である。

マークXは2004年11月、マークIIの後継車として登場。FRセダンとしての本質を原点から追求したことで、未知なる可能性に挑む思いを込めた「X」を入れ、車名まで変更しての発売となった。高級車としての「本質」、ライバルと一線を画し感性を刺激する「上質」、自信を持って誇れる「品質」という、3つの「質」を念頭に開発されたという。2006年10月11日、マイナーチェンジが行なわれ、よりスポーティさが増した。

ティアナは2003年2月、従来のセフィーロとローレルを統合した後継モデルという位置づけで登場した大型FFサルーンである。同年の日本カー・オブ・ザ・イヤー特別賞「Best Value」を受賞した。「モダンリビング」「SHIFT_interior」とキャッチコピーどおり、インテリアに注力して開発されている。また、洗練されたデザインも大いに評価された。2005年12月にマイナーチェンジを実施し、前後バンパーやライトまわりのデザインを変更したほか、インテリアにも手を加えている。

それぞれ異なる3台の売れ筋アッパーミドルセダンの個性と魅力を探る。

スバル レガシィB4 関連ページ

トヨタ マークX 関連ページ

日産 ティアナ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レガシィB4 の関連記事

スバル レガシィB4の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レガシィB4 の関連記事をもっと見る

スバル レガシィB4 の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28