autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 ボーイッシュ軽カー 徹底比較 3ページ目

3台比較 2007/6/29 14:50

ボーイッシュ軽カー 徹底比較(3/4)

ボーイッシュ軽カー 徹底比較

シンプルで使い易い室内空間

インパネフロントシート

インテリア全体をブラック基調で統一し、力強さを演出。メーターベゼル、エアコンルーバーに高級感あるブラックメッキを採用。

さらに、光の反射によって黒の中で光の粒子が輝くサンドブラック柄の専用インパネセンターガーニッシュとドアアームレストを採用。シートにはブラックを基調に波状のドット柄を施した専用シート表皮を採用するなどしている。

スクエアなフォルムにより、スペースユーティリティに優れるのはワゴンRの美点で、もちろんスティングレーも同じ。フラットに設定された前席でもその恩恵に十分にあずかれる。

 ただし、シートとシートベルトの位置関係は、小柄な女性にとってはいまひとつ。ショルダーアンカーを最下端まで下げても首にベルトが触れてしまうのだ。もっとアンカーを下げられるようにするなりヒップポイントを上げるなりされていたほうがいいだろう。

リアシートは、ヒップポイントを高くしてありながら、頭上空間も十分にあり、サイドウインドウも立っているので、それなりに広い。普通に肩の部分のレバーを引っ張って、背もたれを前倒しすると、座面も自動的に一段下がって、ラゲッジフロアとフラットなスペースができる、こういったシンプルで使いやすい機構は、実用上はなにかと重宝するものだ。

ただし、リアシートを通常どおり使うときの取り付け状態がいまいちで、普通に座っていてもグラグラしてしまうところは難点だ。

インナードアパネルに、この薄っぺらい中で収納スペースを巧みに確保している点はさすがである。「DI」には、サブウーハーを含む7スピーカーを持つ。専用チューニングを施したハイグレードサウンドシステムが装備される。

リアシートメーターシフトラゲッジ専用インパネセンターガーニッシュ

軽自動車らしからぬクオリティと装備

インパネフロントシート

センターメーターにフローティングバイザーを組み合わせた「アーチシェイプインストルメントパネルが特徴的。インパネにも収納スペースを豊富に設定している。

ブラックを基調にシルバーのラインを入れ、ダッシュの樹脂パネルのシボの入れ方なども、新しい感覚があり、スイッチ類の触感も上質。随所にランプを配するなど、サイズこそ軽自動車だが、全体の質感はもっと高価格帯のアッパーミドルセダンあたりに匹敵する印象がある。快適装備類の充実ぶりも目を見張る。

ドライビングポジションは、トールワゴンとしてはいくぶん乗用車的で自然な感覚となっている。

新開発プラットフォームにより、新たに構築されたパッケージは、ハイトワゴンタイプの軽カーの中で新しいスタイルを提示するとともに、2490㎜のロングホイールベースと、最大で2110mmの室内長など、驚くほどのスペースユーティリティを誇る。

視界は、ワンモーションのルーフラインにより、前方が開けた印象があり、視認性におけるデメリット的な部分もとくにない。

約90度開く前後ドアを持つとともに、「足踏みスムーズステップ」により、ドア開口部のステップを極限まで低くしているため、非常に乗降性に優れる。後席フロアは、2WD車であればまるっきりフラットとなる。

255mmスライドするリアシートにより、後端に移動させると、カップルディスタンスは軽自動車とは思えないほど大きくなる。荷室確保のため前側に調整しても座れないことはない。ムーヴの伝統である横開きタイプのバックドアは、開閉時に後方にスペースを要するものの、操作に力を必要とせず、女性にとっては上下に開くタイプよりもメリットが大きいのではと思う。

ラゲッジルームは、後席を前後にスライドさせてもフロアにボードが残るようになっている。後席のシート自体もクッションが厚く、非常にしっかりしたものが備わる。なお、運転席シートリフター、ショルダーベルトアンカー、チルトステアリングなどが「アジャスタブルパック」として用意され、シートヒーターまでもメーカーオプションにて用意されている。

もはや、軽自動車というのはサイズだけの話で、この価格帯でよくぞここまで仕上げていると思わされた。

リアシートメーターシフトラゲッジシートアレンジ

広い室内空間に多彩なシートアレンジ

インパネフロントシート

日常生活から週末のレジャーまでのさまざまなシーンで、パーソナルな使い方のみならず、家族での使い方まで、幅広い用途に応えることができる軽乗用車を目指し開発されたのがゼスト。

独自の低床プラットフォーム技術とショートノーズにより、クラストップレベルの530mmという低いテールゲート開口地上高と最大739Lの大容量の荷室を実現している。

また、簡単な操作でダブルフォールディング可能なリアシートにより、最大で739Lという、フロアが低く広大なラゲッジスペースを創出することができる。

さらに、全高を1635mm(FF車)におさえながら、ステップワゴンに匹敵する1340mmの室内高、クラストップレベルの1315mmの室内幅を実現している。

インテリアデザインは、フロント空間は開放感を、リア空間は安心感と荷室の使いやすさを追求し、色や素材を使い分けて、前席と後席で性格の異なる2つの空間を表現。またゼスト スポーツでは、前後席ともブラック基調としてスポーティなイメージを演出している。クルマとしては、評価の高いライフのスキンチェンジ版ではあるが、より全体の質感が高められたように思われ、軽自動車のレベルを超えている。

前席は、リラックスして座れ、ホールド性と座り心地に優れるベンチシートを採用。ただし、ワゴンRと同じく、シートベルトのショルダーアンカーをもう少し低い位置まで下げられるようになっていたほうがありがたい。

後席は、高めのウエストラインにより、リアドアのウインドウ面積が小さく、やや閉塞感があり、ニースペースは小さめ。ほかの2台に比べると、全高が小さい上に、ドアまわりのボディ剛性向上のためか、ドア開口部よりもルーフが頭上空間を盛り上げるような形で設定され、サイドシルも少し出ている。また、前席と後席の隙間がいくぶん小さいので、乗降性については、ほかの2台のほうが優れる。

あきらかにフロントドア~前席乗員重視の設定で、こういうクルマでもホンダはドライバーを最優先していることをうかがわせる。そのぶん、走りにおいてのボディ剛性感-一体感は確かに素晴らしいものがある。

装備面では、軽自動車初となるボンネット検知機能を搭載したセキュリティアラームや、イモビライザーをセットにしたセキュリティパッケージの設定のほか、抗アレルゲン剤をエアコンのフィルターに染み込ませるなど、細やかな配慮にも注目したい。

また、2006年11月には「平成18年度自動車アセスメント」の衝突安全性能試験において、軽自動車で初めて運転席・助手席ともに衝突安全性能の最高評価である6スター、歩行者頭部保護性能試験においても、レベル4という高評価を獲得したことが発表されている。

リアシートメーターシフトラゲッジシートアレンジ

内装・装備の総評

ブラック基調のインテリアというのは、このタイプの軽カーの特徴。インテリアについて、デザインはそれぞれの個性だが、質感としては、ゼストの登場時にはかなりのレベルに達したと感じていたが、ムーヴが出て「アクティブスペース」かなりスペースユーティリティについても、ムーヴがワゴンRを上回った。

ゼストもスクエアなボディ形状が生き、スペースユーティリティに優れる。装備の充実度では、オプション装備も含め、ムーヴの充実ぶり軽自動車の装備品のレベルアップのきっかけは、いつもダイハツの役目であるようだ。

スズキ ワゴンR 関連ページ

ダイハツ ムーヴ 関連ページ

ホンダ ゼスト 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ ワゴンR の関連記事

スズキ ワゴンRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ワゴンR の関連記事をもっと見る

スズキ ワゴンR の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/17~2017/8/17